水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
台所のつまり(詰まり)が
起こる原因と、その直し方

台所のつまりが起こる原因と予防法、
つまってしまったらどうすれば直せるのか解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

台所は、毎日、水を流す場所ですが、そのシンクがつまってしまう経験はありませんか。

つまったからと言っても命に関わるトラブルに発展することはなさそうですが、そのまま放置していると、水が使えなくなり、不便きわまりないことになります。

本記事では、台所のつまりが起こる原因、いざ台所がつまってしまったらどうすれば直せるのか、そしてつまらないようにしないためにはどうすればいいかということについて解説します。

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

コラムの目次

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

台所のつまりの原因

まずは、なぜ台所のシンクがつまってしまうのか、その原因について解説しましょう。

台所がつまる原因 ①
排水管の途中で異物がつまっている

台所がつまる原因としてよくあるのが、「台所の排水管の途中に何か異物が詰まっている」ということです。

具体的には、異物には4種類のものがあります。

台所をつまらせる異物 ①
油脂

台所の排水管をつまらせる大きな要因として、まずは「油脂」が挙げられます。

台所のシンクには、さまざまな油脂を流すことがあります。

例えば「炒め物や揚げ物を作った際の植物油」や、「肉類を焼いた際に肉から出てくる動物性油」。

多くのご家庭では、油をシンクに直接流さず、可燃ごみに含めて処分していると思いますが、それでもすべての油脂をそのように処分できてはいないと思います。

例えば、油の付着した食器を洗えば、食器に付着した油脂はシンクに流れてしまいます。そうした油脂が、排水管を流れていく途中に付着して冷えて固まってしまうことがあるのです。

排水管に付着して硬化した油脂は、後続の流された油脂が表面に付着し、硬化して、さらに後続の油脂が付着する、というように重なっていきます。

その結果、排水管の途中を油脂が塞いでしまうことになり、排水の流れを阻害するほどのつまりを引き起こしてしまうのです。

台所をつまらせる異物 ②
食材カスやぬめり

台所がつまってしまう2つ目の原因は、「食材カス」や「ぬめり」などです。

調理中、切った食材の破片や、食材を洗った際に食材から出てきたぬめりなどが、排水管に流れていきます。

こうしたものは「ゴミ受け」「排水トラップ」などを使っていれば、排水管の奥に流れていくことをある程度防げますが、細かいカスやぬめりなどは、それらをすり抜けて排水管の奥に流れていきます。

ゴミ受け等を掃除した際に元に戻すのを忘れたり、戻した際にきちんとはめ込んでいなかったということもあるでしょう。そのために食材カスやぬめりがダイレクトに排水管に流れてしまうこともあります。

いずれにしても、食材カスやぬめりは水に溶けず、排水管の途中で引っかかり、堆積して、つまりを引き起こしてしまう可能性があります。

厄介なのは、こうした食材カスやぬめりは雑菌が繁殖する格好のエサとなるということです。雑菌が繁殖すると、排水管内部で悪臭を発生させることになります。

台所をつまらせる異物 ③
洗剤など

3つ目の原因は、「洗剤や石鹸」など、台所で毎日使用している衛生用品です。

食器を洗うときには食器用洗剤を、手を洗うときには石鹸やハンドソープを使いますね。その後は、水で洗い流して、泡もシンクに流れていきます。

泡は排水と一緒に排水桝まで流れていきますが、濃度が濃い場合はしっかりと水で流れていかない場合もあります。そうした洗剤や石鹸カスなども、油脂や食材のぬめりなどと同じように、排水管の途中で堆積してしまうおそれがあります。

洗剤以外の油脂などの異物が混ざると、化学変化を起こし、なおさらガンコな堆積物となってしまい、最終的に排水管を閉塞させてしまうことがあります。

毎日の生活で洗剤や石鹸は欠かせないものです。場合によっては数年分が堆積し、非常に落としにくい性質になってしまったという事例もあります。

洗剤といえば、「水で流せる」と誰もが考え、まさか排水管を詰まらせる要因になるという認識は持っていないでしょう。そうした認識のなさも、排水管がつまる一因であると言えます。

台所をつまらせる異物 ④
それ外の固形物

ここまで触れなかったものにも、台所のシンクをつまらせてしまう異物があります。

例えば「洗剤のキャプ」「食材包装の破片」などはどうでしょうか。

台所ではさまざまな物を扱いますから、誤ってシンクに落としてしまうこともありますよね。

ゴミ受けなどを使っていれば流れていくことを防げますが、外して洗っていた際に洗剤のキャップを落としてしまったりすることも起こるでしょう。

そのような異物の大半は、水に溶けません。

ということは、放置すると勝手に溶けてなくなったりしませんので、何らかの対処をしっかり講じないと、いつまでも排水管の途中に残っていることになります。

排水管の途中にこうした異物がつまると、そこを起点に油脂や食材カス、洗剤などの流動性の異物が堆積し、最終的に排水管を完全につまらせる原因になります。

私たち水コネクトへのご依頼事例の中にも、依頼主の方が「どうしてこんなものが排水管に!?」と驚くようなものが排水管内で見つかったことがあります。注意していても完全に防ぐことはできない、台所のつまりの原因です。

台所がつまる原因 ②
排水枡のトラブル

排水枡

ここまでは「排水管のどこかで発生しているつまり」について説明してきましたが、排水管の途中に問題がなくても台所がつまることはあります。それは「排水枡のトラブル」です。

排水枡の役割

排水枡というのは、どのご家庭にも設置されている排水系の構造物の1つです。各家庭の排水が公共の下水に到達するまでのどこかに設置されています。

上に書いたように、排水トラップなどを通り抜けて異物が排水管に到達することがありますので、それをそのまま下水に流すと下水がつまる原因になります。

それを防ぐために、下水に至るまでの場所に排水枡を設置し、異物などを遮っているわけです。

台所の排水枡

排水桝は、複数の排水口からつながっていることもありますし、台所などの特定の箇所専用に設置されていることもあります。

台所専用の排水桝がある家で、その排水枡に何らかのトラブルが発生すると、台所がつまったり、排水が逆流したりといったトラブルに見舞われることになります。

台所をどのように使用しているかによって、台所がつまりやすいかどうかが決まります。

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

台所のつまりを自力で直すには

台所のつまりは、できるだけ早急に解消したいですよね。

原因によって有効な対処法は異なるのですが、自力でできる代表的な対処法を解説しましょう。

台所のつまりを直す6つの方法

台所のつまり解消法 ①
パイプクリーナーを使用する

パイプクリーナー

排水管のつまりを解消する代表的な方法は、皆さんもよくご存じの「パイプクリーナー(薬剤)を使用する」方法です。

パイプクリーナーは、たんぱく質や油脂を分解する優れた成分が配合されています。髪の毛や油分のような排水管のつまりの原因物質を分解し、洗い流してくれます。

数回分使えて1本数百円で買えるものですから、ぜひ1本は常備しておきたいところです(重度の排水管つまりだと1回で1本を使いきってしまうこともありますが)。いざ排水管がつまってしまった際に役立つでしょう。

パイプクリーナーは、台所のつまりが比較的軽度の場合や、つまりの予防策としては、非常に有効です。

しかし、ほぼ完全に排水管が閉塞しているような症状までくると、あまり効果は期待できないでしょう。

値段もお手軽ですから、数か月ごとに定期的に使用し、排水管のつまりを予防してください。

台所のつまり解消法 ②
異物を直接取り除く

キッチンの配管

2つ目の方法は、「つまっている異物を直接取り除く」ことです。

大型の異物は排水管の手前部分で詰まっている可能性が高く、配管系の作業に慣れていない人でも、比較的簡単に取り除ける可能性が高いです。

台所のシンク下は、おそらく多くのご家庭でキッチン用品の収納に使っていることと思いますが、扉を開けると、目につく位置に排水管が露出しているはずです。

まず蛇口をしっかりと締め(不安なら台所の止水栓を閉めておくのがベストです)、水が流れないようにしてください。

次に、分解する排水管の周辺がパイプ内の排水で濡れたり汚れたりするのを防ぐために、直下にバケツなどを置き、周辺も雑巾や新聞紙などでカバー(養生)しておきましょう。準備が完了したら、ゴム手袋などを装着して排水管を分解してください。

長くて曲がりやすい配管清掃用の道具などなどを使って排水管内部をつつき、詰まっている異物を取り除いていきます。

異物が詰まっている位置が、「分解できる箇所よりも奥側(排水枡側)」の場合は、下手にいじると異物がさらに奥に進んでしまい、余計に取り出しにくくなりますので、注意してください。

その場合は、私たち水コネクトのようなプロの業者に依頼することをおすすめします。異物が奥にいくほど、取り出す際に大掛かりな作業が必要になりますので、費用も高くなってしまう可能性があります。

台所のつまり解消法 ③
大量のお湯を流す

3つ目の方法は、「一度に大量のお湯を流す」という方法です。他の方法よりも手軽に実施できます。

つまりの程度が軽度な場合、詰まっている異物が油脂やぬめりなど流動性のものなら、この方法が有効です。

まず水が流れないように台所の排水口に栓をします。栓が付いていない場合はタオルなどを使ってください。

これから高温のお湯をシンクに溜めますので、栓を抜く際に手を突っ込んでやけどをしないように注意してください。栓代わりにタオルを使ったら、反対側の端をシンクの外に出しておけば、お湯に手を入れずに栓を抜けま明日。

次に、シンクいっぱいに50~60℃程度のお湯を満たします。あまり熱すぎると排水管を傷つけてしまいますので、「ちょっと熱い程度」がいいでしょう。

お湯の準備が整ったら、栓を引き抜いて貯めておいたお湯を一気に流します。

これにより、油脂などの熱に弱い物質を洗い流すことができます。

ただし、詰まりの原因が水に溶けない固形物の場合は、水圧によって排水管の奥に流れていってしまう可能性もあります。

排水管が完全に閉塞しているような場合も、この方法ではつまりを解消できない可能性が高いです。そのような場合は、むしろシンクに溜めたお湯を抜くことができなくなるので、かえって面倒なことになります。

パイプクリーナーを使うときよりも軽度のつまり解消、日常的なつまり予防方法としてこの方法は利用してください。

台所のつまり解消法 ④
圧力を利用する

4つ目の方法は、「道具を使って圧力を発生させる」という方法です。

トイレのつまり解消に使用する「ラバーカップ」と同じ原理です。

できれば、真空状態を作り出すことでより高い効果を発揮できる清掃用具を準備してください。ホームセンターなどで販売していますので、台所用に1つ常備しておくと便利です。

この方法は、パイプクリーナーでは解消できないレベルのつまりを解消するのに適しています。おおまかなつまりの原因をこの方法で解消してから、残った部分をパイプクリーナーかお湯で洗い流せば、しばらく台所がつまることはないでしょう。

ただし、この方法も、固形物がつまっている場合には逆効果になります。つまりの原因がキャップなどの固形物だとわかっているような場合には、行わないでください。

台所のつまり解消法 ⑤
排水枡を洗浄する

排水枡

5つ目の方法は、「排水枡を洗浄する」という方法です。

これは、排水枡に台所のつまりの原因がある場合に行うものです。

台所に関連している排水枡がどこにあるかによって、発生しやすい原因も異なります。

台所関連ですから、油などがつまりの原因になっている可能性が高いと思われますが、まずは「排水枡がどこにあるのか?」を特定するところから始めなければなりません。

排水枡内部につまりの原因があるケースより、排水枡の近くの排水管でつまりが発生しているケースのほうが多いです。

その場合は、後述する「高圧洗浄機」の出番です。

台所のつまり解消法 ⑥
高圧洗浄機を利用する

高圧洗浄機

6つ目の方法は、「高圧洗浄機を使用する」という方法です。

高圧洗浄機というと、戸外で外壁などを洗浄するのに使用するというイメージをお持ちかもしれませんが、ノズルをパイプ洗浄用のものに取り換えれば、排水管内部を洗浄できるようになります。

パイプ洗浄用のノズルは、先端方向だけでなく斜め後方にも水を噴射し、それを推進力に排水管内部を自走し、排水管壁面の洗浄も行います。これにより、つまりの原因を洗い流していきます。

中度~重度のつまりが排水管の奥または排水枡に近い排水管で発生している場合には、有効な方法です。

家庭用の高圧洗浄機でもかなり強い水圧ですので、固まってしまった油脂や食材カスなどはきれいに洗い流され、つまりも解消されます。

台所のつまりを放置するとどうなる?

台所のつまりを放置すると多くのデメリットが生じますので、そのまま放置すべきではありません。

台所のつまりのデメリット ①
排水が流れにくくなる

1つ目のデメリットは「排水が流れにくくなる」ことです。

排水管がつまるということは、排水の通り道が狭くなるということです。毎日水を使う台所の排水を流しきるのに、いちいち時間がかかってしまうことになります。

最悪の場合、排水管の一部が完全に閉塞してしまい、排水がシンクに溜まってまったく流れなくなる状況になってしまいます。

台所のつまりのデメリット ②
異臭が発生する

2つ目のデメリットは「異臭が発生する」ことです。

有機物系の異物は排水管内部で腐敗し、異臭の原因となります。

最初は違和感程度の臭いですが、だんだん台所周辺の部屋にまで排水管内部の異臭が漂っていきます。

台所のつまりのデメリット ③
排水管が劣化する原因になる

3つ目のデメリットは「排水管が劣化してしまう」ということです。

異物が溜まると、その部分を通る排水の圧力が高まり、排水管の素材によっては、堆積している異物自体が排水管の劣化を早めてしまう要因になります。

劣化した排水管は次第に傷つき、最終的に水漏れを起こしてしまうことになります。

家庭用の高圧洗浄機は、パイプ洗浄用のアタッチメント付きで2万円以内のものもあります。

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

台所のつまりを予防するには

前の項で述べたように、台所がつまってからだと、発覚が遅れるほど対処法は面倒なものになっていきます。

できれば平素から台所がつまるリスクを抑えるのが、賢いやり方です。

台所がつまるのを予防できる方法をいくつか紹介しましょう。

台所のつまり予防法 ①
パイプクリーナーを定期的に使用する

まず1つ目は、つまり解消方法でも紹介した「パイプクリーナー(薬剤)」を使う方法です。

パイプクリーナは髪の毛などのたんぱく質や、油脂を溶かす成分が含まれており、台所だけでなく洗面所などの排水管つまりを解消してくれる便利グッズです。

つまりを解消するだけでなく、つまる前の段階で原因物質を溶かして洗い流してくれるので、つまりが発生するリスクを軽減してくれるのです。

パイプクリーナーを使用する際には「つまり予防用の分量」を守って使いましょう。ほとんどのものは、1本で数回分使得る分量が入っています。

台所のつまり予防法 ②
台所使用後、水を多めに流しておく

2つ目の方法は「水を多めに流す」ということです。

台所を使った後、通常よりも多めに水を流しておけば、排水管に付着しているつまりの原因物質が定着化してしまう前に洗い流されます。

排水管を傷つけることなく、低コストでできるつまり予防法です。

台所のつまり予防法 ③
台所使用後、水の代わりにお湯を流す

3つ目の方法は「お湯を流す」ということです。

ただ水を流すよりも、お湯を流すほうが高い効果が期待できます。

油脂などは冷たい水だとかえって硬化してしまうことがあります。お湯の熱によりそうしたつまり原因物質に流動性を持たせ、洗い流してしまうという方法です。

給湯器があればそのままお湯をシンクに流すだけでOKです。ない場合でも、場所が台所ですから、鍋でお湯を沸かせばいいので、手軽に実行できる方法です。

台所のつまり予防法 ④
普段から油や食材カスをシンクに流さない

4つ目の方法は「油や食材カスを流さない」ということです。

これは完全にゼロにすることは難しいと思いますが、普段から気を配っていれば、台所の排水管がつまるリスクを軽減できます。

つまりの原因物質が減少すれば、他の予防法の効果と合わせて有効な予防法になるはずです。

台所のつまり予防法 ⑤
重曹+お酢でぬめり対策

5つ目の方法は「重曹とお酢を使う」ということです。

お掃除のコツなどではよく用いられる「重曹+お酢」という組み合わせは、台所のぬめり対策にも効果的です。定期的に使用することで、排水管にぬめりが堆積するのを防げます。

台所のつまり予防法 ⑥
アルミホイルでぬめり対策

6つ目の方法は「アルミホイルを使用する」という方法です。

アルミホイルは水と反応して金属イオンを放出します。これが殺菌効果を発揮するのです。

ピンポン玉程度の大きさにふんわりと丸めたアルミホイルを数個、排水口に入れておけば、ぬめりの原因となるバクテリアなどの繁殖を防げます。

パイプクリーナーは、予防に使う程度なら1回100円前後のコストで済みます。これなら家計を圧迫することもないでしょう。

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

深刻な台所のつまりは水道業者に連絡を

ここまで「自力でできるつまり解消方法、予防法」を解説してきました。

しかし、排水管系の作業を行ったことがない人では実施が難しかったり、危険な作業を必要とする事例もあります。

そうした場合には、迷うことなく、排水管トラブルのプロである私たち水道業者に依頼することをおすすめします。

台所のつまりを業者に依頼するメリット

台所のつまりを業者に依頼して直してもらうことには、多くのメリットがあります。

台所のつまりを業者に依頼すべき理由 ①
手間がかからない

業者に依頼すれば、依頼する側は何も手間がかかりません。これは大きなメリットです。

自力で解決するには、さまざまな作業が必要になります。

業者に頼めば、連絡して見積もりなどを見て依頼先を決めるだけで、あとの作業は全部業者がやってくれます。

台所のつまり解消は、場合によっては重労働やケガをしかねない危険な作業が必要になります。

貴重な時間を割かずに業者に任せられるメリットは大きいです。

台所のつまりを業者に依頼すべき理由 ②
道具を準備しなくて済む

業者に依頼すれば、特別な道具を買ったりする必要がありません。

台所のつまりを解消するには、高圧洗浄機などの特殊な道具や機材が必要になります。

買えばいいと言っても、ホームセンターなどに行かなければなりませんし、どれを買うべきなのか迷いますし、無視できない出費にもなります。

業者に依頼すれば、必要な道具や機材はもちろん業者が準備します。何も用意する必要はありません。

台所のつまりを業者に依頼すべき理由 ③
余計な被害を生み出さない

業者に依頼すれば、「余計な被害」が生まれることはありません。

台所の排水管つまりを解消するためには、排水管を分解したりといった作業が必要になる可能性があります。

知識や経験のない方が排水管をいじると、排水管やその周辺に、「排水管を傷つける」「周囲が水浸しになる」といった被害をもたらしてしまう可能性があります。

業者はプロですから、そうした被害が起こる可能性はきわめて低いはずです。

台所のつまりを業者に依頼すべき理由 ④
確実に問題を解消できる

業者に依頼すれば、確実に台所つまりを解消できます。

台所の排水管がつまる原因によっては、簡単には解消できないトラブルが発生しているかもしれません。

自力で直そうと思って、何時間も作業した結果、結局何も解決できないということもあるでしょう。

業者は台所つまりの問題を確実に解消できるノウハウと機材を有しているプロフェッショナルです。素人には解決が難しい作業も楽々こなして、生活を守ってくれるはずです。

台所のつまりを直す業者の選び方

台所つまりを解消できる業者は少なくありません。満足度できる結果を出す業者を選ぶ方法を解説しましょう。

台所のつまりを直す業者の選定ポイント ①
対応スピードが早い

1つ目のポイントは、「対応スピード」です。

できるだけ早く台所のつまりは解消したいと思いますが、実際は、業者によって依頼・相談から実際に担当者を派遣してくれるまでにタイムラグがあります。

お住まいの地域などによっては、最短30分以内に対応してくれる業者もいます。

急いでトラブルを解消したい場合には、対応スピードの早い業者を選ぶことをおすすめします。

台所のつまりを直す業者の選定ポイント ②
実績が豊富である

2つ目のポイントは、「実績の豊富さ」です。

水回りのトラブル解消には、細かい手作業を伴います。このため、担当者の技術力の高さやノウハウの多さが重要なポイントになります。

技術力のない業者では、トラブルの解消に時間がかかったり、それどころか余計なトラブルを生み出してしまったりすることもあります。

業者のホームページを見れば、創業年数や年間の施工実績などが掲載されていることと思います。実績豊富で、しっかりした技術力やノウハウをもつ業者を選びましょう。

台所のつまりを直す業者の選定ポイント ③
見積もりや対応に問題がない

3つ目のポイントは、「担当者の対応に問題がない」ということです。

悲しい話なのですが、こうした作業を行う業者の中には、いわゆる「悪質・悪徳業者」も混じっています。そうした業者を選んでしまうと、まともな仕事をしてくれないばかりか、法外な金額を要求される可能性もあります。

施工の前には必ず「見積もり」をしますが、その際には、担当者の対応に注視して、以下のようなマイナスポイントがないか、しっかり確認しておきましょう。

もし該当項目が多数あれば、良くない業者である可能性があります。

・見積もりの内容を説明してくれない
・見積もりの内容に不明な点がある
・そもそも見積もり自体をしない、あるいは適当である
・やたらと不安をあおり、契約を迫る
・他社の悪口を言う

台所のつまりを直す業者の選定ポイント ④
評判が良い

4つ目のポイントは、「評判が良い」ということです。

創業が古い業者なら施工実績も豊富で、その会社に依頼した人が業者のホームページや口コミサイトなどで評価をしているでしょう。

口コミサイトやSNSなどで投稿されている評価は、良くない点もきちんと書き込まれていることが多いので、それを参考に評判の良い業者を見つけましょう。

評判が良ければしっかり仕事してくれる可能性が高く、安心して依頼できるはずです。

ただし、口コミの中には、いわゆる「サクラ」や、意図的に業者の評判を落とすための悪意あるコメントが含まれていることもあります。コメントを鵜呑みにせず、他のポイントと総合して決めることをおすすめします。

「ランキングサイト」で業者を選ぶのも1つの方法ですが、根拠の乏しいランキングサイトもありますので、あくまでも参考程度にしましょう。

台所のつまりが起こる
原因と、その直し方

【まとめ】解決が難しい台所つまりは
業者に修理を依頼しよう

毎日水を流す台所の排水管がつまると、まさに生活の質に直結するトラブルに発展してしまうことがあります。できるだけ早急に対処しましょう。

つまりが軽度なら自力でも対処できますが、ある程度深刻なつまりになると、プロである業者の力を借りるのが一番です。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島の台所つまりや水回りのお困りごとは、ぜひ「水コネクト」までご相談ください!

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。