水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説!

水道管から水漏れが発生した際の適切な応急処置の方法と、
業者に修理を依頼する際の流れについて解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

毎日の生活で必要不可欠な「水」は、「水道管」を通って供給されています。

水道管も人工物である以上、いつかは壊れてしまいます。水道管が壊れると、「水漏れ」が発生します。

水漏れは、生活を脅かすことになる異常な状態ですから、放置することはできません。

本記事では、水道管から水漏れが発生した際の適切な応急処置の方法と、業者に修理を依頼する際の流れについて解説します。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

コラムの目次

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

水道管の水漏れに気づいたら
最初に行うべき応急処置

水道管の水漏れは放置するべきではありませんが、水回りの専門家でもない普通の方でないかぎり、すぐ本格的な修理はできません。

水道管から水漏れしていることに気がついたらまず最初にやるべき「応急処置」について解説します。

水道管の水漏れ応急処置 ①
水道の元栓を閉める

水道の元栓

水道管の水漏れを確認したら、可能な限り早めに「水道の元栓(止水栓)」を閉めてください。

元栓はご家庭の水道メーターの近くに設置されており、ご家庭への水の供給をストップさせることができるバルブです。

通常、水道管には高い圧力がかかり続けており、そのため水漏れが発生している箇所から常に水が出つづけることになります。

もし水漏れしているのが「各蛇口の近くにある止水栓の先」だったら、その止水栓を閉めれば問題を解消できます。しかし往々にして、各蛇口の止水栓よりも前の箇所で水漏れが起こることのほうが多く、それより前部分にある家全体の元栓を閉める必要があるのです。

止水栓を閉めても水道管には水が残っているので水は漏れつづけますが、配管内の水が出切ったらそれ以上は漏れ出る心配はありません。元栓を閉めてからもしばらくは水が漏れますので、水漏れしている箇所の下にバケツを置いておきましょう。

なお、止水栓は家全体の元栓です。これを閉めると家のどこでも水道が使えなくなってしまいますので、それを閉めることはあくまでも応急処置で、根本的な解決にはなりません。

水道管の水漏れ応急処置 ②
可能であれば補修用テープで応急修理

水漏れしている水道管が見える箇所にあり、作業できるような状況なら、配管補修用テープを使用して応急修理することをおすすめします。

被害状況にもよりますが、補修用テープで水漏れを修理することができれば、元栓を開けて水道を使用しても問題ないケースもあります。

ただし、被害状況によっては、補修用テープをいくら使用しても水漏れが止まらないケースもあります.このため、まずは元栓を閉めて、可能なら次に補修用テープで応急修理を行い、元栓を開けてみて水漏れが止まったかどうかを確認して、水道を使用してください。

水道管の水漏れ応急処置 ③
2階以上の場合は階下の状況を確認する

一軒家の2階以上、またはマンションなどの集合住宅の2階以上で水漏れが発生している場合には、階下に被害が及んでいないか確認する必要があります。

水漏れを放置すると階下に浸水するリスクがあり、特にマンションなどの場合は階下に住んでいる人に被害が及ぶ可能性があります。水漏れを確認したら早めに階下を訪問して、被害の有無を確認しましょう。

水道管は壁の中などに大部分がありますので、応急修理できないケースの方が多いと考えてください。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

水道管の水漏れに気づく方法

私たちプロとしては、水道管からの水漏れには一刻も早く気づいていただきたいのですが、水漏れしている箇所によっては、なかなか気づくことができないケースもあります。

そこで、水漏れを起こしていることを調べる方法を2つ紹介します。

水道管の水漏れチェック法 ①
目視確認

一番確実な方法は「目視確認」です。

水道管から水が漏れているのを目で確認できれば、何よりも確実な水漏れの証拠を押さえたことになります。

とはいえ、実際には水道管からの水漏れを目視確認できないことも珍しくありません。

ご家庭の水道管の大部分は「壁の中」「床の下」「地面の中」など、簡単に目視確認できない箇所に設置されているからです。

蛇口やその根元など、簡単に見ることができる箇所なら目視確認できますが、壁の中など特殊な機材を使って壁を壊すなどの作業を行わない箇所で水漏れしている場合には、水漏れに気づくことが遅くなってしまうでしょう。

水道管の水漏れチェック法 ②
水道料金をチェックする

水道メーター

目視確認できない箇所の水漏れに気づく方法の2つ目は、「水道料金をチェックすること」です。

例えば、「水道料金はいつも〇千円なのに、今月はプラス△千円になっている」という場合には、水漏れで水道料金が増えてしまっているのかもしれません。いつもより水をたくさん使ったという事情でなければ、水漏れを疑うべきでしょう。

ただ、この方法には問題点が2つあります。

・水漏れが起きてから時間が経過している可能性が高い
・具体的にどこで水漏れが起きているのかわからない

「いつから」、そして「どこで」水漏れが起きているのかは特定できませんので、早急に被害状況を確認する必要があります。

業者は水道管の水漏れを調査する機材を持っている

漏水個所の特定と被害状況の確認ということを考えると、自力での漏水調査を行うのは限界があります。そんなときには、「水道業者」に依頼するのが早道です。

業者なら、一般の方が持っていないような機材を駆使して漏水個所を特定できます。壁の中や地面の下など、目視確認できないようなケースでも安心して任せることができます。

プロによる漏水調査は、自力で漏水個所を特定するよりも精密かつ確実に漏水個所を特定できます。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

業者に水道管の水漏れ修理を
依頼する際の流れ

業者に水漏れ修理を依頼することになったら、具体的にどのような流れ・手順になるでしょうか。

業者によって異なりますが、私たち水コネクトにご依頼いただく際の流れは、下記のようになります。

1. ご訪問・状況確認
2. お見積り
3. トラブルを解決
4. お支払い

まず、この「1. ご訪問・状況確認」に至る前、つまり業者の選び方から説明しましょう。

水漏れを修理する業者の選定基準

修理を依頼する業者を選ぶ際には、決して安易な基準で決めずに、例えば以下のような基準を決めて選定することをおすすめします。

・料金設定が明快(安いだけでなく、ホームページで明瞭に説明しているかどうか)
・創業年数が古い
・施工実績が多い
・お住いが対応エリア内である(必須条件)
・24時間いつでもスピーディに対応してくれる
・保証が充実している
・評判が良い

業者に水漏れ修理を依頼する流れ

まず3社以上の業者に絞り込み、それぞれに問い合わせるところからスタートします。

水漏れ修理の業者依頼ステップ①
問い合わせ

業者を選定したら、その業者のホームページに記載されている連絡先に問い合わせを行いましょう。

メールアドレスが記載されていたり、メールフォームがあったりすると思いますが、早めに対応してもらうためにも「電話」での問い合わせがおすすめです。

ただし、繁忙期には連絡がつながらないこともあります。その場合は他の選定業者に先に連絡するなど、タイミングをずらして再連絡しましょう。

ただ、なかなか電話がつながらない業者は電話対応に追われている可能性もあり、「先約の依頼でなかなか対応してもらえない可能性がある」かもしれません。

水漏れ修理の業者依頼ステップ②
業者の訪問と被害状況の確認

業者の担当者が訪問してきて、現地調査を行います。

水漏れしている箇所などの被害状況は、問い合わせの際に説明しても、実際に確認してみないと本当の被害状況はわからないためです。

業者自ら、必ず被害状況を確認し、被害状況とその発生原因、解決方法の説明などを行います。

この作業には立会う必要があります。

水漏れ修理の業者依頼ステップ③
見積もり

被害状況を確認して、必要な説明を聞いたら、見積もりを依頼しましょう。

見積もりを出さない業者はありません。ステップ②で被害状況を確認してから、作業内容を決め、見積額を決める流れになります。

もし「見積もりをしない業者」「被害状況をきちんと確認せずに見積もりを出す業者」は、真っ当な業者かどうか怪しいと思います。

見積もりを受け取ったら、合計額だけでなく、細かい部分も確認し、なぜこの作業が必要なのか、なぜこの料金になるのかなど、不明な点を担当者に質問してください。

この際も、真っ当な業者なら誠実に対応するはずですが、悪徳業者は粗探しされないように、はぐらかしたような回答が返ってくるかもしれません。

見積もりまでの「担当者の対応の仕方や態度」も重要です。最終的に依頼する業者を選ぶ材料としてください。

水漏れ修理の業者依頼ステップ④
契約・施工

見積もりの内容を納得して比較したうえで業者を決めたら、いよいよ正式に契約を交わし、水漏れを修理してもらうことになります。

できれば、業者が修理する様子も見ておきましょう。

ちゃんと作業しているかをチェックするという意味もありますが、一度ご覧になっていただけば、いかに水漏れの修理作業が技術を必要とするものか、手間のかかるものかということを実感していただけるはずです。

水漏れ修理の業者依頼ステップ⑤
料金のお支払い

修理が完了し、業者から報告を受けたら修理代金をお支払いします。

支払方法は業者によりますが、業者のホームページには利用可能な支払い方法が載っているはずなので、都合の良い支払方法が利用できるかどうかは、あらかじめ確認しておきましょう。

多くの業者は「見積もり無料」を謳っていますが、「依頼しなかった場合は出張費・見積もり費用を請求する」という業者もあります。HPをよく確認しておきましょう。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

【豆知識】水道管の水漏れ被害に
「保険」は適用されるの?

水道管から水漏れが発生すると、被害状況次第では原状回復に多額の費用がかかりますが、逆に、条件次第では「保険」で費用負担を軽減できる可能性もあります。

例えば「火災保険の水濡れ補償」に入っていれば、水漏れによる建物や家電などの修理・買い替え費用を補償してくれるケースがあります。

ただし、一般的に、「水漏れにより受けた被害」については補償されますが、「その原因となった水漏れの修理費用」については補償されないケースのほうが多いです。

いずれにしても、水漏れによる被害の全額を自腹で支払う場合と、その一部でも補償してもらえるのでは大きな違いがあります。

加入している保険の「特約」をしっかりチェックして、加入中の保険の内容で水漏れの被害補償を受けられるかどうかをよく確認しましょう。

不明な点があれば保険会社に問い合わせて確認してください。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

【豆知識】水道管の水漏れで
増えた水道料金はどうなる?

水道管の水漏れが原因で水道料金が増えてしまった場合、自治体によっては、増加分のすべてを負担しなくて済むことがあります。

水道管の水漏れと、通常の水使用は区別できない

水道管(給水管)から水漏れしているということは、そこから水が出つづけていたわけですから、通常の水道使用と区別することは困難です。もし10ℓの水が水漏れしてしまった場合、10ℓの水を蛇口から出した場合と同じ扱いになります。

水を多く使ったわけですから、水道料金はそれだけ増加してしまいます。

水漏れの状況によっては、かなり多くの水が漏れ出てしまうケースもあります。

水道管の水漏れによる水道代を負担せずに済むケース

お住いの自治体などで決められた条件によっては、水道管の水漏れで増えた水道料金の全額を住人が負担しなくて済むことがあります。

上に述べたように水漏れによる増加分を正確に計算することはできませんが、「水漏れしていない月の水道料金と比較して、増加していると考えられる部分の半分は請求しない」というように、何らかの参考情報を基にして水漏れ部分の疑似的な計算を行ってくれることがあります。

これはどの自治体でも通用するとは限らず、「水道局から水漏れの可能性を指摘されていたにも関わらず放置した場合は全額請求」という自治体もあります。

いずれにせよ、水漏れに気づいたら、とにかく早めに対処することが重要だと言えます

水漏れにより水の使用量が不自然に上昇している場合、水道局から何らかのアプローチがあるはずです。

水道管の水漏れの応急処置
業者依頼の流れを徹底解説

水道管の水漏れは早めに気づいて
業者に修理してもらうべき

水道管からの水漏れを放置して良いことはありません。

重要なのは、「いかに早く水漏れに気づくことができるか」、そして「業者をきちんと選定して依頼する」ことです。

保険や増加分の水道料金の負担の有無など、水漏れ関連で気になることがあったら、業者や保険会社・水道局の担当者に問い合わせて、不明な点を解消しましょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島の洗面台の水漏れや水回りのお困りごとは、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。