水コネクト

東京都知事許可
4第156196号

水コネクト

水道工事会社|水コネクト
排水管のつまりは
高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

家庭用高圧洗浄機で排水管のつまりを
解消する方法について解説します

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

私たち水コネクトは、「排水管が詰まっている」というご相談をたくさんいただきます。

軽度のつまりであれば比較的簡単に解消できるのですが、本格的に詰まってしまっているような場合には、「高圧洗浄機」を使った洗浄作業を行う必要があります。

本記事では、排水管のつまりを家庭用高圧洗浄機を使って解消する方法について、事前の準備から当日の作業まで具体的に解説していきます。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

コラムの目次

1. 排水管はなぜ詰まってしまうのか? ・排水管が詰まる原因 ・排水管に高圧洗浄が必要なケース 2. 高圧洗浄機の仕組みについて知ろう! ・高圧洗浄機の基本的な仕組み・構造 ・高圧洗浄機はどんなシーンで役に立つ? 3. 排水管の高圧洗浄を自力で行うためには? ・高圧洗浄のために必要な準備 ・高圧洗浄の流れ 4. 排水管高圧洗浄のデメリット ・配管を損傷させてしまう可能性がある ・配管内の汚れが落ちないこともある ・配管内に異物があると汚水が逆流してくることがある 5. 排水管のつまりは「自力」ではなく「業者に任せる」のがおすすめ! ・排水管のつまりを自力で解消しようとするのはおすすめできない理由 ・排水管のつまり解消を業者に任せるメリット 6. 業者が行う本格的な排水管高圧洗浄 ・排水管高圧洗浄の仕組み ・マンションの定期的な排水管高圧洗浄 7. 業者に排水管の高圧洗浄を依頼するメリット ・業者なら排水管の奥まで高圧洗浄してくれる ・家庭用の高圧洗浄機よりもパワーが強力 ・プロに洗浄を依頼すれば詰まりの原因を特定できる ・業者に定期的に高圧洗浄を依頼しよう ・業者に高圧洗浄を依頼すべきタイミング 8. 自力でも可能ですが、排水管の高圧洗浄はプロである業者にお任せ!

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

排水管はなぜ詰まってしまうのか?

排水管が詰まったときに頼りになるのは高圧洗浄機。

それにしても、なぜ排水管はそもそも詰まってしまうのでしょうか?

排水管が詰まる原因

排水管が詰まる原因の多くは、「排水口に流れ込む異物」です。

排水管が詰まる原因 ①
排水口に流してしまった異物

排水管に詰まるのは、排水口から流してしまった数々の「異物」です。

キッチンの排水口には食べ残しや洗剤などが、洗面所の排水口には毛髪や石鹸などが、水と一緒に流されることになります。

異物の中でも大きなものは、排水口にあるフィルターが排水管に流れ込むことを防いでくれていますが、細かな異物はフィルターを通過してしまいますので、排水管の内部に侵入してしまうのです。

また、清掃などの際にフィルターを外しているときに、異物が流れてしまうこともありますよね。

排水口の口径よりも小さい異物は、そのまま排水管まで落下してしまいます。

排水口に水以外のものを絶対に流さない、ということはほぼ不可能であり、どのご家庭でも、日常の中で排水管に少なからず異物を流してしまっています。

排水管に流れた異物は内部に付着して徐々に堆積し、付近の排水の流れを悪くしていきます。

排水管が詰まる原因 ②
排水管の構造上の問題

上に書いたように、排水管のつまりの基本的な原因は「異物の堆積」ですが、排水管の構造上の問題もつまりの一因となっています。

水道のパイプには水を排水する排水管と、水を供給する給水管がありますが、この二つの大きな違いとして、「圧力がかかり続けているかどうか」というポイントがあります。

給水管は、常に上流から圧力がかかり続けており、蛇口の栓を開け閉めすることにより水を流しています。

圧力がかかっているから、上方向に水を流すこともできます。

一方で、排水管は、排水時には水を流すことによる水圧が発生するものの、普通のご家庭では常時水を流し続けるようなことはありません。

つまり、圧力のかかっていない時間の方が基本的に長くなっているわけです。

管内の圧力は異物の付着を防ぎ、流してくれる効果もあります。

給水管と比べると排水管は圧力がかからない分だけ異物が付着するリスクが高くなるのです。

なお、圧力がかからない排水管は、排水を下水まで流すために「勾配」をつけてあります。

しかし、普通は、異物の付着を防ぐことができるほどの急な勾配ではありませんから、異物の付着リスクを軽減できません。

排水管が詰まる原因 ③
メンテナンス不足

日常生活では必ず水を使用し、それを流す際にどうしても異物を一緒に流してしまうことになりますが、「うちは排水管が詰まったことなどないよ」というご家庭も、もちろんあります。

どこが違うのかというと、そういったご家庭の多くは「排水管のメンテナンス」をこまめに実行しているということです。

排水管のつまりを予防し、軽度のつまりであれば解消できてしまう方法としては、次のようなものがあります。

・シンクにお湯を貯めてから一気に流す
・重曹+お酢を排水口に流す
・薬剤のパイプクリーナーを排水口に流す

症状が軽ければ、こうした方法で排水管内部に異物が堆積するのを防げますので、日常的に行っていれば排水管のつまりを予防できます。

逆にいえば、定期的にメンテナンスしていないご家庭では、生活で発生する異物をどんどん排水管に流していますので、徐々につまりの原因が悪化し、最終的には排水できなくなる事態にまで陥ってしまうことになるわけです。

排水管に高圧洗浄が必要なケース

上記のように、軽度なら手軽な方法でつまりを解消・予防できますが、高圧洗浄が必要になるケースももちろんあります。

高圧洗浄が必要なケース ①
パイプクリーナー等でつまりを解消できなかった場合

高圧洗浄機

簡単に説明すると、「パイプクリーナー等の方法で排水管のつまりを解消できなかった場合」には、高圧洗浄が必要になります。

市販のパイプクリーナーは1本数百円で数回分が入っており、大変コストパフォーマンスが良く、排水管のつまりの原因となる油や毛髪を溶かすバツグンの性能を有しています。

よほど重度の場合でなければ、パイプクリーナーや重曹などを用いることで、排水管のつまりを解消できるでしょう。

しかし、問題は「異物が長期間にわたって堆積している場合」です。

そういった場合では、比較的最近に堆積した表面の異物はパイプクリーナー等で排除できても、その下にある「長い時間をかけて固まってしまった部分」は、すでに固く変質してしまっており、パイプクリーナー等の効果が発揮できないことがあるのです。

固まった部分が厚いほど、パイプクリーナーによる洗浄効果は期待できません。

高圧洗浄が必要なケース ②
排水管のつまりが生活に悪影響を及ぼしている場合

排水管の高圧洗浄が必要になるのは、排水管が詰まっていることで、「生活に悪影響を及ぼしている場合」です。

排水管が詰まっていると以下のような症状がみられます。

・排水がスムーズに流れない
・排水口から異臭が発生している
・排水口の奥から音がする
・排水管から水漏れが起きている

パイプクリーナーなどによってこうした症状を解消できるのなら、つまりは軽度であったということです。高圧洗浄機を使うまでもありません。

しかし、パイプクリーナーでは改善できなかったのなら、すでにパイプクリーナーが効かないほどつまりが重症化してしまっているということになります。

その場合は、つまりの原因である異物を排除するために高圧洗浄機を使用しなければなりません。

高圧洗浄が必要なケース ③
前回の洗浄から5年以上が経過している場合

排水管内部の状態は外から見ることができません。上に書いたような症状がなければ、排水管が詰まっているかどうかを知ることはできないでしょう。

ひとつの目安ですが、「前回の排水管洗浄から5年以上が経過している場合」には、高圧洗浄機による排水管洗浄を行うことをおすすめします。

パイプクリーナー等による排水管メンテナンスを日ごろ行っていないようなご家庭では、5年も経過すると排水管内部に異物が堆積している可能性が高くなっています。

前回の洗浄から5年が経過し、排水管が詰まっている症状がひとつでもでたら、できるだけ早めに高圧洗浄を行うことをおすすめします。

パイプクリーナーは近所のスーパーやホームセンター、ドラッグストアを探してみてください。なければ通販でも購入できます。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

高圧洗浄機の仕組みについて知ろう!

深刻化した排水管のつまりは、高圧洗浄機で解消するのがベストです。

そもそも「高圧洗浄機って、どんな道具なの?」という人もいると思いますので、ここで簡単に高圧洗浄機の仕組みを解説しておきますね。

高圧洗浄機の基本的な仕組み・構造

高圧洗浄機とは、高い圧力で水を噴射し、その勢いで対象物の汚れを落とす機械です。

高圧の水流

高圧洗浄機はモーターやエンジンでポンプを動かし、加圧した水を噴射します。

どのくらいの圧力かというと、一般的なご家庭の蛇口の水圧が約0.5MPaであるのに対し、市販されている家庭用高圧洗浄機の水圧は6.0~10.0Mpa。蛇口から出る水の10~20倍ほどの圧力ということになります。

もっとも、水圧が高いかどうかだけが高圧洗浄機の性能基準ではありません。

高圧洗浄機の洗浄力を左右する要因は、次の7つといわれています。

・吐出距離
・吐出角度
・圧力
・水量
・温度
・洗剤
・反応時間

もちろん、吐出圧力が高さも、洗浄力を高める重要な要素であることはたしかです。

高圧洗浄機は何で動く?

一般的な家庭用高圧洗浄機は「電源コード式」です。

消費電力は熱を使う調理家電と同レベルの1,000~1,400Wほどで、そこそこ電気を使う道具であることは念頭に置いておきましょう。

一方、業務用の高圧洗浄機はガソリンエンジンを搭載しているタイプが主です。

家庭用の高圧洗浄機は電源コンセントがあれば問題なく使えます。必要に応じて延長コードを用意しておきましょう。

さまざまなアクセサリで利便性アップ

高圧洗浄機は、購入したセットだけでも基本的な使い方をできますが、「オプションアクセサリ」を装着することで、さらに利便性を高めることができます。

セットに付属している場合もありますが、必要なアクセサリがあれば通販等で購入しておきましょう。

高圧洗浄機はどんなシーンで役に立つ?

家庭用高圧洗浄機は、日常の次ののようなシーンで活用できます。

家庭で高圧洗浄機が役立つシーン ①
排水管の洗浄

まずは、本記事のテーマ「排水管の洗浄」です。

排水管を洗浄する際には「排水管(パイプ)洗浄用ホース」を用意してください。

長い排水管の内部をしっかりと洗浄するためには、いくら高圧洗浄機でも、排水口から水を流すだけでは十分に洗浄できません。排水口の内部で水を噴射する必要があります。

排水管洗浄用のホースは特殊なノズル構造になっており、前方に水を噴射するだけでなく、斜め後ろにある数か所の噴射口から水を噴射し、排水口内部を洗浄するだけでなく推進力となって排水管内部を進んでいくようになっています。

排水管以外にも、筒状の長い物体の内部を洗浄したい場合にはこのアクセサリが役立つでしょう。

家庭で高圧洗浄機が役立つシーン ②
洗車

家庭用高圧洗浄機は、「洗車」にも役立ちます。

洗車で大切なことは「車体表面の細かい汚れをしっかりと落とす」ことです。細かいゴミや汚れを残したままスポンジを使ってしまうと、傷の原因になってしまします。

高圧洗浄機の水圧は車体を傷つけることなく、表面の細かな汚れをしっかりと落としてくれます。

アクセサリを装着して洗車能力に特化させることもできますので、効果的・効率的にマイカーを洗うことができるでしょう。

ただし、注意すべきポイントとして、「業務用の高圧洗浄機を使わない」ことを忘れないでください。

とくに業務用高圧洗浄機は家庭用高圧洗浄機とは比べものにならないほど吐出水圧や吐出水量が大きいので、対象物に与える衝撃が強く、車のボディをへこませてしまう恐れすらあります。

業務用高圧洗浄機はご家庭でご利用されるには水圧は大きすぎ、価格も家庭用の10倍ほどしまうので、おすすめできません。

排水管洗浄も同様に家庭用の水圧で十分に洗浄できるはずなので、購入される際には家庭用であることをきちんと確認しておきましょう。

家庭で高圧洗浄機が役立つシーン ③
壁の洗浄

塀の高圧洗浄

家庭用高圧洗浄機は、「外壁の洗浄」にも役立ちます。

家の外壁やブロック塀などは日ごろ風雨にさらされており、汚れが付着しています。

あまり気にしない人もいるのですが、実はかなり汚れてしまっているケースが多いと言えます。

手作業で洗浄したら大変な時間がかかりますし、そもそも家の2階以上部分の外壁には手が届きません。

高圧洗浄機の壁面清掃や高所清掃に特化したアクセサリを用意すれば、手軽に、かつしっかりと壁面の美しさを取り戻すことができます。

家庭で高圧洗浄機が役立つシーン ④
アクセサリでさまざまな用途に

その他にも、アクセサリを活用することによって、家庭用高圧洗浄機はご家庭のさまざまな清掃作業の効果と効率を高めてくれまあす。

高圧洗浄機と言えば屋外で使用する道具というイメージをもつ方が多いと思いますが、実は使い方次第では屋内の清掃にも活用する余地があります。

例えば、濡れてしまっても問題のない「浴室」などは、高圧洗浄機を使ってカビなどを落とすことができます。

「濡れてしまうと困るような場所」でも、周囲に水が飛び散りにくいアクセサリを活用すれば、フローリングやコンロなどの清掃にも活用できます。

ただし、「エアコン」や「室外機」などといった機械も高圧洗浄することはできますが、機械部分が濡れてしまうと故障やショートの原因になりますので、機械に詳しくない人にはおすすめできません。

高圧洗浄機用のアクセサリは、高圧洗浄機の公式サイトなどで販売しています。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

排水管の高圧洗浄を
自力で行うためには?

排水管のつまりを解消するために自力で高圧洗浄するなら、いくつか道具等の準備をして、作業に臨みましょう。

高圧洗浄のために必要な準備

高圧洗浄機だけでなく、作業のための環境とその他の道具の準備も欠かせません。

高圧洗浄の準備 ①
高圧洗浄機と専用のホースを購入する

排水管の本格的な洗浄には「高圧洗浄機」が必要ですが、本体とセットのホースだけでは排水管内部の洗浄は難しいため、「排水管洗浄用のホース」も用意してください。

家庭用高圧洗浄機は1~3万円ほど、排水管洗浄用ホースは安いものなら数千円で購入できますので、合わせて2~3万円前後で購入できるでしょう。

高圧洗浄機はホームセンターや家電量販店で購入できますが、品ぞろえや値段などの条件を考えると、通販サイトを利用したほうがお得に購入できることもあります。よく品定めをして買いましょう。ちょっとでも安いことを優先するなら、オークションサイトやフリマアプリなどを利用する方法もあります。

入手した高圧洗浄機は、以下の条件が揃う場所で保管することをおすすめします。

・直射日光が当たらない場所
・雨に濡れない場所
・埃っぽくない場所
・アクセサリも一緒に保管できる広さのある場所
・小さなお子さんの手の届かない場所
・凍結しない場所

高圧洗浄の準備 ②
排水口周辺と排水桝周辺の整理

具体的な作業内容については後で解説しますが、排水管の高圧洗浄は、「排水口側から」と、「排水桝側から」の大きく分けて2種類の場所で作業します。

この「排水桝」は、日ごろはあまり意識することのない場所にありますので、ご存じない場合は、どこにあるのかを前もって確認しておきましょう。

排水桝には「排水管の点検口」という役割があります。普段、何か重いものを排水桝の上に置いてしまっている場合は、この機会に置き場所を見直して、いつでも排水桝を開けられる状態にしておくことをお勧めします。

また、作業を行う際には、高圧洗浄機や、後述するさまざまな道具を置く場所も確保しなければなりませんし、作業中に水が逆流してくるリスクもありますので、邪魔になりそうな物は別の場所に避難させておくことをおすすめします。

高圧洗浄の準備 ③
そのほかに必要な道具の準備

高圧洗浄機を使った排水管の洗浄作業には、高圧洗浄機の他に以下のような道具が必要です。

・柄杓やたも(排水管から出てきた異物を確保するため)
・バケツやビニール袋(排水管から出てきた異物を入れておくため)
・カッパ(排水管から出てきた水で体が濡れるのを防ぐため)
・ビニールシートなど(排水管から出てきた水で周囲が濡れるのを防ぐため)

ご家庭に常備している物も多いと思いますが、なければ、ホームセンターや100円均一ショップなどで購入できるものばかりですので、買いそろえておきましょう。

高圧洗浄の流れ

排水管の洗浄は、排水口側からだけでなく、排水桝からも作業しないとつまりを解消できません。

排水管の高圧洗浄 ①
作業する場所の付近が濡れないようにする

屋内の排水口を高圧洗浄する際には、周囲が濡れないようにビニールシートなどで保護しておきましょう。

先ほども書いたように、高圧洗浄機の水圧は一般的な家庭用蛇口の10倍以上もあります。排水管洗浄用ホースのノズルがさらに、後方にも水を噴射するという構造になっていますから、ホースの手前側に水が噴き出てくる可能性があります。

浴室の排水口を洗浄する場合なら、周囲が濡れても問題ないかもしれませんが、キッチンや洗面所、洗濯機の置き場所などでは、水に濡れると困ることがあると思います。

移動できるものは移動させておき、動かせないものや、床、家具などはビニールシートで覆い、濡れないようにしておきましょう。

排水管の高圧洗浄 ②
排水口側から高圧洗浄を行う

高圧洗浄機を排水口から差し入れ、内部の洗浄を行っていきます。

ただし、排水口の構造によっては、そのままでは高圧洗浄機のホースを差し入れるスペースを差し入れる隙間を確保できないこともあります。

その場合は、キッチンや洗面所では排水口の下部を開き、排水ホースを取り外してから高圧洗浄ホースを差し入れてください。

排水管の高圧洗浄 ③
排水桝側から高圧洗浄を行う

排水管のつまりが下水側に近い箇所で発生している場合は、排水口側からではつまりの原因に届かないかもしれません。その場合は、排水桝側からも高圧洗浄を行うことになります。

排水桝を開く際には、取っ手が付いていないタイプならマイナスドライバーなどで引っかけて開けてください。

排水桝の中がどうなっているか、ここではあえてご紹介しませんが、あらかじめ知っておきたいという方は、「排水桝 中身」などで画像検索すれば、すぐにみることができます。ただし、相当に閲覧注意な見た目となっているものあります。いずれにしても、作業する際にはしっかり覚悟をかためてくださいね。

排水管から吐き出された異物は、そのまま流してしまうと再び詰まる原因になりかねません。柄杓などで確保し、バケツに入れてから処分しましょう。

高圧洗浄機の吐出圧力は相当なものですから、間違っても人に向けて噴射しないように注意してください!

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

排水管高圧洗浄のデメリット

排水管の高圧洗浄にもデメリットがないわけではありません。
どんなことに注意すべきかを解説します。

配管を損傷させてしまう可能性がある

もしその排水管の劣化が進んでいる場合は、高圧洗浄機で高い水圧を当てることにより破損してしまうかもしれません。

排水管は熱湯や中性以外の洗剤を流したり、老朽したりすると劣化していきます。
劣化によって耐久性が低下している排水管に高い水圧を当てると、亀裂が入り、そこから漏水を引き起こすおそれがあります。

このため、排水管の高圧洗浄を行う前に排水管の状態を確認しておくことが重要です。

素人では判断が難しい場合は、プロの業者に依頼して調べてもらいましょう。

配管内の汚れが落ちないこともある

排水管は何重にも曲がっているものであり、その曲がったところに汚れが付着しやすくなっています。

家庭用高圧洗浄機のホースはそのようなところまでは入りにくく、したがって汚れが取れないこともあります。
配管内は目で見ることができないので、きれいに汚れをとるにはコツが必要です。

また、排水管はキッチンや洗面台、風呂、トイレから出ていますが、最終的に一つの管につながっています。
このため、つまりや臭いを改善するためには、すべての排水口に高圧洗浄を行わなければなりません。
かなりの手間と時間がかかるので、やはり業者にお任せしたほうが効率的です。

配管内に異物があると汚水が逆流してくることがある

排水管を高圧洗浄すると、管の中に溜まっている水が排水口からあふれ出すことがあります。

特に排水管のつまりがひどい場合は、高圧洗浄機から噴出される水も加わって、水が逆流します。
排水管の中の水は言うまでもなく衛生的に良くないものですから、これは避けるべきです。

排水管のつまりがひどく、水がほとんど流れない場合は、先に、ワイヤーブラシでつまりを解消しておくと良いでしょう。
ただしワイヤーブラシは配管を傷つけてしまうというデメリットがあります。
やはりプロの業者に依頼したほうがよいでしょう。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

排水管のつまりは「自力」ではなく
「業者に任せる」のがおすすめ!

さて、ここまで排水管のつまりを自力で高圧洗浄する方法について説明してきましたが、「なんだ、簡単じゃないか」と思った方は少ないのではないでしょうか。

私たち水回りのプロの目線からすると、じつは自力で排水管のつまりを高圧洗浄機で解消することは、あまりおすすめできません。

排水管のつまりを自力で解消しようとするのはおすすめできない理由

排水管のつまりを自力で高圧洗浄するには、手間がかかるだけではなく、さまざまな面倒があるからです。

おすすめできない理由 ①
高圧洗浄機の購入にお金がかかる

まず最初の理由は「コスト」の問題です。

排水管のつまりを解消しようということをきっかけにして家庭用高圧洗浄機を買うのは、決して悪いことではありません。ただし購入するなら「数万円の出費になる」ことは覚悟しておく必要があります。

高圧洗浄機は、前半で紹介したように、洗車や壁面洗浄など、ご家庭のさまざまな清掃作業に役立ちます。しかし、電源の確保や必要なアクセサリ等の取り付けなど高圧洗浄を始めるまでの準備や終わった後の片づけが面倒だったり、周囲に飛び散る水を防ぐのを億劫に感じる人もいると思います。そんな人はせっかく購入しても滅多に使わないというケースに陥りがちです。

自分は本当に役立つ使い方をできる、という自信がある人なら、必要な出費としてまったく惜しくない買い物ですが、本当に必要なのかどうかということはよく考えてみたほうがいいと思います。

おすすめできない理由 ②
作業は濡れるし疲れる

2つ目の理由は「手間」の問題です。

排水管の高圧洗浄には、事前の準備、当日の作業、そして当日の片付けなどを伴うことになります。

普段行っているような清掃作業とくらべると、決して手軽なものとは言い難い作業です。カッパを着ても濡れるリスクはゼロではありませんし、場合によっては水濡れ対策をしていなかった箇所にまで水が飛び散ってしまう可能性もあります。

さらに、場合によっては作業中に「ケガ」をするリスクも考えられます。

排水管の構造によっては、閉所での作業が必要となり、頭を打ったりすることもあります。洗濯機の排水口を露出させるために、数十キロある重い洗濯機を移動させてケガをするかもしれません。

ケガをしなくても、終わるころにはクタクタに疲れて、もうやりたくないと思う人がほとんどなのではないでしょうか。

このように疲労やケガのリスクがあることを考えると、こうした作業に慣れていない人にはおすすめできません。

おすすめできない理由 ③
場合によっては業者でないと対応できないケースかも?

3つ目の理由は「業者対応が必須のケースがある」ことです。

排水管が破損していて、部品交換が必要な場合に、排水管関連に詳しいという人でなければ、適切な対処は難しいはずです。排水管の状態が深刻な状態に至っているような場合は、業者でなければ対応はできないと思います。

わけもわからず無理に自力で作業して、途中で面倒になりギブアップすると、結局は業者を呼んで対応してもらうことになります。それなら最初から業者に相談して対応してもらった方が早いわけですから、二度手間で、くたびれ損であると言えるでしょう。

排水管のつまり解消を業者に任せるメリット

排水管のつまりを業者に依頼して高圧洗浄で解消してもらうと、もちろん業者に支払う料金が発生します。しかし、それ以上の大きなメリットがあります。

業者に任せるメリット ①
手間がかからない

まず、「手間がかからない」というメリットです。

自力で排水管を高圧洗浄する手間を整理してみましょう。

① 高圧洗浄機などの道具を用意する
② 排水口付近の物品を避難させる
③ 排水口付近の床や家具が濡れないように保護する
④ 高圧洗浄機を使って作業する
⑤ 洗浄後の片づけをする
⑥ ケガしたら治療を行う
⑦ 自力で刃対応しきれない場合には業者を呼ぶ必要がある

これを、業者に排水管の洗浄を依頼する場合の手間と比べてみましょう。

① 依頼する業者を選定する
② 業者に来てもらって作業してもらう

当たり前のことですが、業者に依頼する場合には「依頼するだけ」ですから、ほとんど手間はかかりません。

もちろん、悪徳業者に騙されずに最適な業者を選定するという手間はかけるべきですが、自力で高圧洗浄作業を行う手間を考えれば、疲れることもありませんし、何よりも安全です。

業者に任せるメリット ②
さまざまな状況に対応できる

2つ目のメリットは「さまざまな状況に対応してもらうことができる」ことです。

排水管の状態は外からはわかりませんので、実際に作業してみないと破損などの異常に気づくことができません。

業者に排水管の洗浄を依頼した場合は、作業中に何か想定外のトラブルがあることがわかっても迅速に対応してもらえます。もし別の業者が対応しなければならない場合でも、スムーズに決着できるケースが多いのです。

業者に任せるメリット ③
良い業者なら次回以降も安心して任せられる

3つ目のメリットは「優良業者のお得意様になれる」ことです。

これまで水回りのトラブルを業者に対応してもらった経験がない人は、どの業者に依頼するのがベストな選択肢なのか、これから選定しなければなりません。

しかし、一度入念に選定して依頼し、実際に作業してもらって、「この業者なら安心して任せられる、依頼して良かった!」と思える業者だったら、今後もなんらかの水回りのトラブルが発生したときに、安心して相談・依頼できます。選定作業を行うのは一度だけですから、次は迅速に業者を呼ぶことができます。

業者の選定にあたっては値段や評判だけでなく、見積もりに来てもらって業者の対応の良さも見ておきましょう。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

業者が行う本格的な排水管高圧洗浄

私たち水まわりのプロフェッショナルが行う本格的な排水管高圧洗浄についてご説明します。

排水管高圧洗浄の仕組み

排水管の高圧洗浄法は、簡単に言うと、次のような仕組みで行うものです。

水というものは圧縮されません。その原理を応用し、プランジャーポンプで水を加圧し、特殊ノズルで後方に高圧水を逆噴射させます。
その反作用で、ノズル自体が自走し、閉塞箇所や汚れを洗い流しながら進んでいきます。にて、クリーニングします。

この噴射される水は、蛇口から出る水道水の約40倍の圧力を持ちます。
そのパワーを使って、こびりついた汚れも削ぎ落としていきます。

家庭用の高圧洗浄機の動力はモーターですが、業務用の高圧洗浄機はエンジンが動力です。

マンションの定期的な排水管高圧洗浄

マンションなどでは定期的に次の5つの排水管を高圧洗浄していきます。

① 専有部枝管(各戸内のキッチン・浴室等の排水口から共用立て管に至るまでの室内配管)
② 共用立て管(各戸内から排水され合流する、最上階から最下階の横引管に接続するまでの管)
③ 共用横引管(最下階の立て管接続部より、建物内やマンホールまでの管、あるいは建物内横主管迄の管)
④ 横主管(各系統の立て管が、床下ピット・駐車場内で合流接続され建物外のマンホールまで、主管として設置されている管)
⑤ 外部本管(外部最初のマンホールから最終マンホール、下水本管や浄化槽迄の管)

漏水事故が起こらないように、排水管の高圧洗浄は下の階から上の階という順番で行っていきます。

まず、キッチン・洗面・風呂・洗濯パン等の排水口から、高圧洗浄ノズルを挿入し、住戸内の横枝管・共用立て管の下階まで洗浄し、その後、シンク等に水を溜めて一気に流し、立て管まで落ちる音、漏水の有無を確認します。
あとは排水管トラップと排水の状況を確認して完了です。

1部屋10~15分ほどで完了します。

居住者が何か事前に準備しておくことはありませんが、当然のことながら、入室して作業するので、指定時間には在宅する必要があります。
どこか一室が作業していないためにつまりが起きると、他の居住者に被害が及ぶ可能性がありますので、協力をお願いします。
また、キッチンや浴室等の排水トラップは掃除しておいたほうがいいでしょう。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

業者に排水管の高圧洗浄を
依頼するメリット

排水管の掃除は定期的にホースやブラシで行うべきですが、それだけではきちんと洗浄できない部分もあります。
そうした手が届かないところは、水まわりのプロに高圧洗浄を依頼することをおすすめします。

プロに高圧洗浄を依頼するメリットを解説します。

業者なら排水管の奥まで高圧洗浄してくれる

プロの高圧洗浄は、長いノズルを使って、目には見えない部分まで洗浄してくれます。

配管の中は複雑に曲がりくねっていたり、スムーズに排水するための勾配が設けられていたりします。
プロが用意している専用ノズルを使わなければ奥まで掃除することは難しいです。

さらにプロは「排水管スコープ」を使って配管の内部をモニターで確認しながら作業することができます。
外からでは見えない部分まで確認しながら洗浄できるわけです。

家庭用の高圧洗浄機よりもパワーが強力

本記事前半で、自力で家庭用の高圧洗浄機を使って高圧洗浄する方法を解説しました。
しかし、水道業者などのプロが使用する業務用高圧洗浄機はパワーが全然違います。

ノズルの先から高圧の水流を出して洗浄するため、家庭用の高圧洗浄機より効果は大きくなります。

プロに洗浄を依頼すれば詰まりの原因を特定できる

プロに高圧洗浄を依頼すれば、詰まりの原因を特定できます。

高い水圧で異物を押し流したり、粉砕しながら取り除けたりすることにより、つまりの原因を特定できます。
上記した「管内カメラ」で配管内部を確認するので、より確実に原因も究明できます。

排水管のつまりにおいて、どこに原因があるか、どこでつまりが起こっているのかを知ることができることは非常に重要です。

例えばキッチンの排水桝でつまりが発生していることがわかれば、油が乳化物質になっていることが原因かもしれないという仮説を立てることができ、そこから、できるだけ油を排水口に流さないようにするといった対策も立てられるので、その後のつまりを未然に防ぐことができます。

業者に定期的に高圧洗浄を依頼しよう

定期的な高圧洗浄を行えば、排水管のつまりを予防できます。

いくら気をつけていても、排水に油汚れや石鹸カスなどが混じってしまうことは避けられません。
こうした汚れが詰まるとキッチンやトイレ、お風呂から排水できなくなるのはもちろん、排水があふれたり、排水管自体を交換しなければならないような大掛かりな工事が必要になったりすることもあり得ます。

お金もかかりますし、生活そのものが不便になってしまいます。

業者に高圧洗浄を依頼すべきタイミング

以下のような症状が出たら、業者に排水管の高圧洗浄を依頼すべきタイミングです。

・ゴポゴポという音がする
・流れが悪くなってきた
・排水口の臭いが気になる
・前回の排水管洗浄から5年以上経っている

自分で排水管を掃除をしてもつまりや流れの悪さが解消されない場合は、排水管の奥や、室外にある汚水枡付近が汚れ、つまりを起こしているサインかもしれません。
そういうときは、プロの業者に排水管高圧洗浄を依頼しましょう。

プロの業者が行う排水管高圧洗浄なら、排水管の奥や野外の汚水マス付近などのつまりも元から解消できるでしょう。

トラブルが起こっていざ修理業者を探そうとすると、それを狙って不当な金額を請求する業者に目をつけられる可能性があります。
理想的なのは、平時のうちに優良の水道工事業者に依頼して、定期的な高圧洗浄を実施してもらうことです。

排水管のつまりは高圧洗浄が重要!
準備や方法を徹底解説

高圧洗浄は自力でも可能ですが、
排水管のプロである業者にお任せ!

排水管が本格的に詰まってしまったら、パイプクリーナーでは解消できず、高圧洗浄機の出番になります。しかし、そもそも高圧洗浄機を使わなければ解消できないほど排水管が詰まってしまったような場合には、やはり業者に相談して解決してもらうことをおすすめします。

自力での作業にはデメリットが多く、業者に任せた方が結果的に得をする可能性が高いからです。

業者をお探しの際には複数の業者に見積もりを依頼し、徹底的に比較して最適な1社を選定しましょう。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

給水排水

関連コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。