水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
排水管工事が必要な理由と
業者の費用感

「どんなときに排水管工事が必要なのか?」
「業者に頼んだらどれくらいの費用がかかるのか?」

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

皆さんは毎日水を使っていますが、飲んだり料理をしたりする以外に使用した水は排水しています。

家庭にはそうした排水専用の仕組みがありますが、この設備に何らかのトラブルが発生することがあります。

中でも排水管にトラブルが発生した場合、問題が重度である場合は「工事」が必要になります。

工事というと、「どんなときに工事が必要なのか?」「業者に頼んだらどれくらいの費用がかかるのか?」といったことが気になりますよね。

本記事では、業者に排水管の工事を依頼する理由や費用などについて解説します。

排水管工事が必要な理由と
業者の費用感

コラムの目次

排水管工事が必要な理由と
業者の費用感

排水管の工事が必要なタイミング

排水工事を依頼することは、決して「よくあること」ではありません。

では、どのようなタイミングで排水管工事が必要になるのでしょうか?

排水管工事が必要な状況

排水管を工事する必要性があるのは、「排水管に何らかのトラブルが発生している状況」です。

排水管工事が必要な状況 ①
排水管が破損している

排水管の破損

排水管交換工事を行う理由で一番多いのは、「排水管が破損しているから」です。

排水管はかなり頑丈に作られていますが、それでも何らかの理由で破損してしまうことがあります。

例えば以下のような原因です。

・経年劣化
・地震などの衝撃
・詰まりを放置したことによるダメージ
・内部に残った水の凍結

このような原因で排水管が破損すると、そこから排水が漏れ出てしまったり、変形した排水管の一部によって排水管が詰まってしまう可能性があります。

破損に気づかずに放置してしまうと、近くの植物の根が破損個所から侵入して破損を拡大させたり、詰まりの原因になったりすることもあります。

いずれにしても、破損した排水管が自然に回復することはありません。新品の配管と交換して問題を解消しなければならないのです。

排水管工事が必要な状況 ②
排水管の勾配(こうばい)に問題がある

次に排水管工事が必要になるのは、「排水管の勾配(こうばい)に問題がある状況」です。

一般の方はあまりご存じありませんが、排水管は、排水をスムーズに流すために排水口から排水桝に向かって下る形で勾配がついています。

この勾配に何らかの問題(勾配不良)が起こると、排水が逆流するといったトラブルが発生します。

勾配不良は設置時の工事不良などにより起こります。別の排水管トラブルを水道業者に修理依頼した際に発覚することも少なくありません。

いずれにせよ、勾配不良をそのまま放置すると、排水管トラブルを根本から解消することはできません。排水管交換工事が必要になります。

排水管工事が必要な状況 ③
排水桝が破損している

排水枡の破損

排水管そのものに問題がなくても、排水管工事が必要な状況もあります。

それは「排水桝(はいすいます)の修理・交換工事」が必要な状況です。

排水桝とは、排水管の合流部などに設置されるものです。異物によって排水管が詰まるのを防ぐ役割を担っています。

排水桝は排水管と同じように経年劣化や植物の根などの影響によって破損し、修理・交換が必要になることがあります。

私たち水コネクトが対処した中にも、排水管が詰まっている一因が排水桝にあったことが判明し、排水管修理だけでなく排水桝交換も行ったケースがありました。

排水桝は、排水管の奥部分が詰まっている際に、高圧洗浄機を使って洗浄作業を行うなど、排水管のメンテナンス時に開ける場所でもあります。

排水管工事をせずにトラブルを放置するとどうなるか

排水管トラブルを自力で解消することは困難です。かといって業者に頼むのも面倒と思うかもしれませんね。

ですが、排水管トラブルを放置することには数々のデメリットがあります。

排水管に何らかのトラブルが起きていることが判明したら、早めに業者に修理を依頼することをおすすめします。

排水管トラブル放置で起こること ①
排水が逆流する

ひとつ目の問題は「排水の逆流」です。

排水管が詰まってしまうと、生活の中で発生した排水を下水までスムーズに流すことができなくなります。

流れが悪くなるだけならまだマシな方で、詰まりが深刻化すると、排水時に逆流してくるリスクが高くなります。トイレで逆流が起こったらどうしますか。一度の排水量と排水の汚さを考えると、ちょっと想像したくないリスクですよね。

排水の逆流は、その原因が軽度ならラバーカップやパイプクリーナーなどを利用して解消できるかもしれません。しかし重度の原因になると業者に対応してもらうことが必要になります。

排水管トラブル放置で起こること ②
排水が漏れ出る

2つ目の問題は「排水の漏出」です。

排水管が詰まってしまうと、その箇所周辺を中心に配管が破損し、そこから排水が流れ出てしまうことがあります。

それが建物内だと建材を劣化させる原因になりますし、屋外でも地面が陥没してしまう原因になりえます。

排水が漏れ出るほどの破損が生じている場合には、いくらパイプクリーナーなどを用いても効き目はなく、すでに手遅れです。すみやかに排水管工事を実施して問題個所を修理または交換する必要があります。

排水管トラブル放置で起こること ③
対処が難しくなる

3つ目の問題は「対処がだんだん難しくなる」ということです。

排水管自体が破損している場合は、自然に問題が解消されることはありません(軽度の詰まりであれば直る可能性もありますが)。

排水管にトラブルが発生しているとわかっているのに放置していると、時間が経つほどにトラブルは重症化します。いよいよ無視できなくなって業者に工事を泣きついたときには、難度の高い作業を要する状況になっており、費用も高額になるでしょう。

排水管トラブルに気づいてすぐ業者に修理してもらう場合と、放置して悪化してから修理を依頼する場合を比べれば、後者の方が圧倒的に料金が高額になるのです。

排水管にトラブルが発生すれば、日常生活に支障をきたすことは間違いありません。

排水管工事が必要な理由と
業者の費用感

排水管工事を業者に依頼する費用

排水管工事は業者に依頼するとなると、やはり「費用」のことが気になりますよね。

そこで、排水管工事費用について解説します。

排水管工事の費用を左右する要因

まずは、排水管工事の費用が決まる要素は何かを解説します。

排水管工事の費用を決める要因 ①
基本的な工事内容

水回りのプロとして申し上げると、排水管工事にかかる費用が何によって決まるかと言えば、それは「工事内容によって変動する」ということになります。

工事内容が難しいほど、使用する資材・必要な機材が多くなり、また手間もかかるので人件費がかかるため、原価が上がり、料金が高くなります。

「工事する排水管の距離1メートルごとに〇千円プラスする」と排水管工事の料金を決めている水道業者もあります。

具体的な症状や状況によって必要な工事内容は変わりますが、前項に書いたように、排水管トラブルを放置してしまうと工事内容はだんだん難しくなっていきますので、費用も高額になる可能性が高くなると考えた方が良いでしょう。

排水管工事の費用を決める要因 ②
建物などの構造

排水管工事の工事内容は、「建物の構造」によっても左右される可能性があります。

例えば、排水管工事のために一時的に撤去しなければならない設備(給水管など)があるような場合では、その撤去作業が増えるために工事費用も高額になります。

排水管の位置や周辺設備の状況は建物ごとに様々ですから、症状が同じでも、建物の構造によっては費用も高くなる場合があるという点は留意してください。

排水管工事の費用を決める要因 ③
業者

「業者の選び方」も、工事費用に大きく関係します。

水道業者も様々です。各社、「営業コスト」や「利益率の設定」は大きく異なります。

「広告をバンバン打ち出している業者」と、「広告は最低限の業者」があったとしましょう。

両者を比べると、前者の方が広告宣伝費がかかっている分、料金を割高に設定しているかもしれません。

「広告で有名な業者だから安心できる」と思い込んで業者を選定することが正しいとは限りません。

あまり広告にお金をかけておらず知名度が低い業者の中にも、技術力があり、原価を下げることで割安な料金を強みにしている業者があるのです。これは依頼する人にとっては大きなメリットです。

もちろん、料金が安いほどいいわけではありません。ただ、業者を選ぶ上では費用は大きな比較要素になると思います。

排水管工事の費用を安く抑える方法

排水管工事は、数万円から10万円以上の費用が発生する工事です。無駄な費用は避けて、少しでも節約したいのが普通です。

では、排水管工事の費用を安く抑えるためにはどうすればいいでしょうか。

排水管工事を安くするには ①
詰まりの原因になるような異物を排水口に流さない

大量のトイレットペーパー

まずひとつ目は、「異物を可能な限り流さない」ことです。

工事を要するような排水管トラブルの最大の原因は「排水管の詰まり」ですが、その排水管が詰まる主な原因は何かというと、「異物が排水管に留まる」ことなのです。

例えばトイレの場合なら、

・大量のトイレットペーパーを一度に流す
・水に溶けるものを一度に大量に流す
・水に溶けないものを流す

といったことが主な原因となって、排水管の詰まりを引き起こし、排水管工事が必要なトラブルに発展していきます。

詰まりの原因となるようなものを流さないことで、結果的に、そもそも排水管工事が必要な状況を避けられるのです。つまり余計なお金を遣わずに済むわけです。

ただ、普通に日常生活を送る中で、水以外の異物を完全に排水口には流さないでいることは、おそらく不可能です。

例えば洗面所や浴室の場合であれば、

・石鹸やシャンプー
・毛髪
・衣服から付着した糸くず

といったものを日常的に排水口に流しており、これらが詰まりの原因になっていることがあるのです。

完全に流さないことはできませんが、フィルターなどを適切に利用すれば、大きな異物をシャットアウトして詰まりを予防することにつながります。

排水管工事を安くするには ②
早めに業者を呼ぶ

3つ目は、「排水管の状態をこまめにチェックする」ことです。

上に書いたように、排水管トラブルは自然に回復することはなく、放置すると悪化するだけです。そしてトラブルの状況が悪化するほど、工事費用は高くなっていきます。

そのため、「排水時におかしな音が聞こえるような気がする」「排水の勢いが悪くなったような気がする」といった違和感を感じたら、早めに対処する心構えが重要であり、何よりも早めに業者に相談することをおすすめします。

排水管工事を安くするには ③
業者をしっかりと選定する

最後の方法は、「業者をきちんと選定する」ことです。

業者によって料金設定は異なりますので、同じ工事でも業者が違えば数千円~数万円変わることも珍しくありません。

ただし安い料金で請け負う業者が最善とは限りません。安易に業者を選定すると「割高なうえに技術力のない業者」に依頼してしまうかもしれません。選定基準のひとつとして料金の安さも重要ですが、納得できる金額を提示した業者に工事を依頼しましょう。

「見積もり」してみないと、プロの業者でも費用を計算することはできません。

排水管工事が必要な理由と
業者の費用感

排水管トラブルは
早めに業者に連絡して解消を

排水管トラブルが発生すると、日常生活に大きな悪影響を及ぼします。

工事が必要なトラブルが発生したら、水回りのトラブルに対処できるプロフェッショナルに依頼し、早めに解決してもらいましょう。

日ごろから排水管を大切に扱い、異常に早く気づくことができれば被害が小さいうちに対処できます。適切な業者を選べば費用を最小限に抑えられるでしょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島で洗濯機の水漏れや水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

排水管トラブル

関連コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。