水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
排水管の水漏れの原因や
修理にかかる費用

排水管の水漏れを修理する方法や修理費用、
業者の選び方など、排水管の異常に関して
役に立つ知識について解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

ご家庭では毎日必ず水道を使い、「排水管」によって使った水を排水しています。

この排水管が経年劣化すると、さまざまな問題が生じます。水漏れなどが起こると安心して生活を続けることは難しくなります。ですから排水管の水漏れに気づいたら、早めに対処したいものです。

本記事では、排水管の水漏れを修理する方法や修理費用、業者の選び方など、排水管の異常に関して役に立つ知識について解説していきます。

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

コラムの目次

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

なぜ排水管は水漏れを起こすのか

排水管は基本的にとても頑丈にできていますが、それでも何十年も使っていれば、経年劣化してしまいます。その劣化が次第に深刻なものになり、ある日、破損して水漏れを起こしてしまうのです。

「何十年」と書きましたが、この項で説明する原因によって、もっと短い期間で排水管が水漏れを起こしてしまう可能性もあります。

排水管が水漏れする原因 ①
どこかで詰まっている

排水管のどこかに何かしらの「異物」が詰まっていると、排水管が水漏れを起こす原因となります。

生活排水の中にはさまざまな異物が紛れ込んでいますから、知らず知らずのうちにそれらを流し続けていると、次第に排水管内部に堆積していきます。

生活排水の中に含まれている主な異物は以下のとおりです。

・キッチン:食材のカス、洗剤、油脂分など
・風呂場、洗面所:体毛、石鹸、洗剤など
・トイレ:水に溶けないもの、吐しゃ物など

これらの異物は基本的に水に溶けません。いつまでもその場にとどまり続けるのです。

堆積物が次第に広範囲になると、排水の通り道が狭くなってしまい、排水の水圧に耐えきれなくなって破損・水漏れを引き起こしてしまいます。

排水管が水漏れする原因 ②
接続部が緩んでいる

排水管の「接続部」が何らかの理由で緩んでしまうと、そこから水漏れが発生しやすくなります。

排水管は1本のパイプで構成されているわけではありません。曲がる部分などでは複数のパーツでカーブを構成しています。そこが「接続部」です。

接続部分は、そう簡単に外れる構造にはなっていません。しかし接続部近くに異物が詰まっていたり、地震などの影響によって接続が緩んでしまうことがあるのです。

排水管が水漏れする原因 ③
劣化して破損している

頑丈な排水管もしょせん人が作ったものです。いつかは経年劣化で致命的な状態になってしまいます。

①②の原因によっておこる水漏れは、水道を使う人が日ごろ注意することによって、ある程度リスクを回避できます。

しかしどれだけ注意して排水をしていても、「時間の経過」は避けられません。

排水管本体の寿命がそれなりに長くても、接続部に使用されている「パッキン」の寿命は本体よりも短く、10年前後で劣化して問題のある状態になってしまいます。

もちろん、パッキンの劣化も排水管の水漏れの原因になります。

排水に含まれる異物の中には、目に見えないレベルの排水トラップを通り抜けてしまう小さなものも多いです。
そうした異物の堆積はパイプクリーナー(薬剤)で定期的に溶かして流し、堆積を予防できます。

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

排水管から水漏れすると
発生する症状・現象

排水管は、普通、目に見えない場所に配置されています。ということは、そこが水漏れしていても、簡単には気づくことができないということです。

もし、以下のような症状・現象に心当たりがあれば、排水管の水漏れを疑う必要があります。

排水管の水漏れ症状 ①
床や壁が濡れている・水がしみだしている

建物内の排水管が水漏れを起こしていると、建物内の床や壁が濡れていたり、水がしみだしている状態になるかもしれません。

排水は上水道と異なり、常に配管内に水圧がかかっているわけではありません。ですから給水管の水漏れよりは被害は少なく済むでしょう。

しかし、水漏れしている状態で排水を続けると、その一部が配管の外に漏れ出して周辺を濡らしてしまうことになります。

もし、排水管の配管が通っている箇所の床や壁が濡れていたら、排水管が水漏れを起こしている可能性を疑ってください。

排水管の水漏れ症状 ②
庭の地面が濡れている

排水管は屋内だけにあるものではありません。排水管は最終的に公共の下水道まで続いていきます。その際には屋外を通ることになります。建物の外の排水管で水漏れしている場合には、その上にある地面が濡れているかもしれません。

上で述べた屋内の場合と同じように、屋外での排水管水漏れも周辺を濡らします。

特に「排水が合流した後の箇所」で水漏れが起こると、かなり多くの水量が漏れ出ているはずです。

排水管の水漏れ症状 ③
どこかで水がしたたる音がする

排水管の水漏れ

水漏れしているかどうかはわからないけれども、どこかから「水がしたたる音」が日常的に発生しているような場合は、排水管の水漏れが疑ってほうがいいでしょう。

給水管の水漏れでも同じ現象が起こりますが、排水管の水漏れ箇所の下の地面に水が落ちることで、ピチョンピチョン・ピチャッピチャといった水音が発生します。

気になって眠れない人もいるかもしれませんが、給水管の水漏れほど常態化しませんので、排水時・排水後に水音がする場合は排水管の水漏れを疑ったほうがいいでしょう。

シンクの直下など、目に見える水漏れはすぐにわかりますし、修理作業も比較的簡単です。
道具さえそろっていればすぐに水漏れを解消できるでしょう。
しかし目に見えない箇所の水漏れは、水漏れの痕や水音などの症状で判断する必要があります。

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

排水管水漏れの応急処置、
自力での修理方法

排水管が水漏れを起こすとさまざまなリスクに直結しますので、水漏れを確認できたら、なるべく早めに対処しましょう。

まずは「応急処置を行う」、そして可能であれば「自力で修理する」という流れで対処しましょう。

排水管水漏れの応急処置

排水管が水漏れしていたら、その原因である「水道の使用・排水」を止めましょう。

継続的に水を流し続けている設備等があれば停止させ、それ以上水漏れの影響が広がらないようにします。

一時的に排水管の水漏れを止めるには、「配管用テープ」が役に立ちます。

ビニールテープを巻き付ければ、一時的に排水管の水漏れを止めることができます。

本格的な修理を行うまで時間がかかるので、テープを使って時間稼ぎをするのは問題ありませんが、ビニールテープによる修理作業はあくまでも応急処置のレベルであることは忘れないでください。

なお、水漏れが接続部から発生しているときは、接続部をナットやウォーターポンププライヤーなどの工具を使用して締めておきましょう。

症状別・排水管の修理を自力で行う方法(症状別)

ここでは、排水管からの水漏れの症状ごとに、具体的な破損内容と修理方法について解説します。

排水管途中での水漏れの修理法

排水管の途中で配管が破損して水漏れが発生している場合は、配管を交換する必要があります。

よくあるケースは、シンク下の排水管ホースが割れている場合です。

この場合の修理の流れは次のようなものになります。

① 交換する場所の真下にバケツや雑巾を置いておく(トラップ内の水で床が濡れないように)
② 接続部のナットを外す
③ 排水管ホースを取り外す
④ 新しい排水管ホースを取り付ける
⑤ 接続部のナットをしっかりと締める
⑥ 水を流して水が漏れないことを確認する

ただし、お使いの排水管によって細かな構造が異なりますので、取扱い説明処をよく読み、交換用パーツの紛失等には注意してください。

排水管接続部での水漏れの修理法

排水管の接続部分で水漏れが起きている場合には、「接続部の緩み」か「接続部のパッキンの劣化」が考えられます。

緩みが原因ならナットをしっかり締めれば水漏れが止まるはずなので、試してみてください。

ナットを締めても水漏れが止まらない場合は、パッキンが劣化していることが考えられます。該当箇所を外してパッキンを交換してください。

パッキンを交換しても接続部からの水漏れが止まらないときは、排水管本体が劣化・破損している可能性が考えられます。その場合は本体自体を交換しましょう。

自力で排水管を修理するのが難しいケース

部品などを交換することで排水管の水漏れが止まる場合は、上記のように比較的簡単な作業内容で完結できるでしょう。

しかし、水回りの作業に詳しくない方にはおすすめできない、「業者を呼んで修理してもらった方が良いケース」もあります。

これは例えば次のような場合です。

・どこで水漏れが起こっているのかわからない場合
・水漏れしている箇所が床や地面の下のように面倒な場所である場合
・作業する時間が確保できない場合
・作業内容が「自分には難しい…」と判断した場合
・水漏れのリスクをしっかりと解消したい場合

上記のケースでは、自力で修理しようとせず、プロの水回り業者に任せることをおすすめします。

せっかく手間をかけて修理作業をしても、作業内容に失敗すると水漏れなどのトラブルは解消できません。
排水管は普段から触るような場所ではありませんので、水回りのプロが持つノウハウが生かされるケースが多いのです。

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

排水管水漏れを修理依頼する前に

前項でも述べたように、排水管の水漏れ修理は、水道回りのプロフェッショナルである業者に頼ったほうがいい場合があります。

業者を探すときは、ネットで検索するなら「水道_業者_地域名」というように検索してみてください。それなりに数多くの業者名が検索ヒットするはずです。

しかし実際に依頼することになるのは当然1社だけですから、その中から選定しなければなりません。

水道業者を選ぶとき、前もって知っておくべきことについて解説します。

排水管修理を依頼する業者の選び方

排水管の水漏れを修理してもらう業者を選定するにあたっては、以下の情報を押さえておきましょう。

業者の選び方 ①
ホームページで情報収集

ホームページのある業者であること、そしてそのホームページに気になる点がないかということは重要です。

いまどき自社ホームページもないような業者は論外ですし、そこに書いてある内容に怪しい点があったら、工事内容も信頼できないと判断できます。

業者を選ぶ際、ほとんどの人はネット検索で情報収集します。ホームページの有無は大きなポイントです。

業者の選び方 ②
口コミ・評判に問題がない

ネット検索をするなら、業者のホームページだけでなく「その業者の口コミや評判」についてもチェックしておきましょう。

私たち水コネクトとしても残念なことですが、世の中には対応のよくない優良ではない水道業者もあります。

もしこれまでに何らかの問題がある工事結果になったお客様がいれば、それをネット上で情報提供してくれている可能性が高いと思います。

業者のホームページ内にも、「お客様の声」として顧客のコメントを掲載していたりすると思いますが、これは良くないコメントは省き、良いコメントばかり掲載している可能性がありますので、信ぴょう性が薄く、鵜呑みにできません。

口コミや評判を調べるなら、SNSや口コミサイトなどをチェックするのがおすすめで(これも100%真実であるとは言い切れませんので、あくまでも「参考にする」程度にとどめておきましょう)。

業者の選び方 ③
対応に時間がかからない

業者によっては、すぐに見積もりに来てくれるかどうかはわかりません。しかし排水管の水漏れは少なからず日常生活に悪影響を及ぼしますので、早めに解消したいはずです。

できるだけ即日対応・スピーディに対応してくれる業者の方が良いでしょう。

業者の選び方 ④
見積もりに問題がない

業者の担当者に来てもらったら、すぐに依頼するのではなく、まずは「見積もり」をしてもらいましょう。

見積もりは「その業者がいくらで仕事を請け負ってくれるか」を知るだけでなく、次のように、その業者のクオリティ・中身をチェックする方法にもなります。

・業者の対応に問題がない(愛想がよい、質問にきちんと応えてくれる)
・きちんと見積もりしてくれる(見積もりを出さないのは怪しい、作業後に高額請求のリスクあり)
・見積もりの中身を質問したらきちんと回答してくれる(質問に答えないのは業者としておかしい)
・見積もりの結果が相場内の金額である、または相見積もりで似通っている金額である

排水管修理をにかかる費用相場

排水管修理費用

もちろん、業者を選ぶ際に最も重視すべきは「費用」だと思います。

ただし排水管の水漏れを解消するのにかかる費用は基本的にケースバイケースです。

例えば、シンク下など掘削等の作業が要らない場所で排水管を修理するなら、5,000円~15,000円ほどで請け負ってくれる業者が多いと思います。

問題は、「地面の下の排水管の修理・交換作業」です。

地面やコンクリートの掘削作業が必要になると、その作業内容によって費用は大きく変動します。

ケースバイケースなので、費用相場も一概には断言できません。

そういった場合に有効なのは「3社以上から相見積もりをとる」ということです。

業者が実際に被害状況を確認して提出してきた見積もりには、「その案件における費用」が具体的に記載されています。

業者ごとに料金体系は異なるはずなので、この見積額が完全に一致することはないでしょう。

しかし、3社以上で相見積もりしてもらえば、「そのケースにおけるおおよその費用相場」が見えてくるはずです。

例えば、相見積もりの結果が、

・A社:35,000円
・B社:30,000円
・C社:32,000円

というものなら、費用相場は30,000円~35,000円ほどだろうと見当をつけることができます。

これに対して4社目の業者が「1万円」という破格の見積額を提示してきたらどう思いますか。

見積もりの計算方法に問題があるか、もしかしたら怪しい業者なのかもしれません。

相見積は3社以上に出してもらうのがおすすめです。2社だけの見積では判断が難しいのですが、3社以上の相見積もりなら、おおよその費用相場を知ることができるのです。

悪徳業者は、「最初に低額を示して、作業後に追加料金で水増しする」手口が多いようです。
場合によっては「最初から法外な金額を提示する」場合もあります。
いずれにしても、安すぎる・高すぎる金額を提示する業者はおすすめできません。

排水管の水漏れの原因や修理にかかる費用

【まとめ】
放置できない排水管の水漏れは
信頼できる業者に任せよう

排水管の水漏れは、給水管ほど継続的なものではありませんが、放置すれば大きな問題に発展する可能性もあります。

水漏れしていることに気づいたら、早めに対処して安全な日常生活を取り戻しましょう。

水漏れは自力で修理できるケースもありますが、「これは素人には難しいな…」と感じたら、私たちプロフェッショナルの業者に相談して修理してもらってください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島で排水管の水漏れや水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。