水コネクト

東京都知事許可
4第156196号

水コネクト

水道工事会社|水コネクト
【場所別】
排水管がつまる
原因・解消法・予防法

排水管つまりの場所ごとの
原因・解消法・予防法について解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

飲食店の厨房などには、発生する排水に含まれる異物を下水にそのまま流さないために「グリスト(グリストラップ)」という設備が設置されています。
このグリストラップは、使い続けていると詰まりを起こしてしまうことがあります。
グリストの詰まりは飲食店の営業に大きく差し支えるリスクなので、飲食店の経営者には、なぜ詰まってしまうのか、どうしたら詰まりを予防できるのかということをぜひ知っていただきたいと思います。

本記事では、飲食店のグリストラップが詰まりを起こす原因と予防法について解説します。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

コラムの目次

1. 場所ごとの排水管がつまる原因 ・キッチンの排水管のつまり ・洗面所の排水管のつまり ・浴室の排水管のつまり ・トイレの排水管のつまり ・洗濯機の排水管のつまり 2. 場所ごとの排水管のつまりを解消する方法 ・キッチンの排水管のつまりの解消法 ・洗面所の排水管のつまりの解消法 ・浴室の排水管のつまりの解消法 ・トイレの排水管のつまりの解消法 ・洗濯機の排水管のつまりの解消法 3. 頻繁に排水管がつまる原因 ・排水の流し方に問題があるからつまる ・排水管が経年劣化を起こしているからつまる ・排水桝がつまっている 4. 自力で排水管つまりを解消する際のデメリット ・つまりを解消できない ・排水管を傷つけてしまう ・余計な修理費がかかってしまう 5. 排水管がつまらないようにするための予防法 ・余計なものを排水管に流さない ・パイプクリーナーを定期的に使用する ・数年に一度は業者を手配する 6. 排水管つまりを直してもらうには業者の力を借りるのが一番 ・排水管つまりを業者に直してもらうメリット ・排水管つまりを直してもらう際の費用相場 ・排水管つまりを直してもらう業者の選び方 7.【まとめ】排水管がつまったら自力で直せない場合は業者に連絡しよう

排水管がつまる原因・解消法・予防法

場所ごとの排水管がつまる原因

ひと口に排水管のつまりといっても、家の水回りのうち、どこの排水管がつまったのかということで、原因は大きく異なります。

ほとんどの家に設置されている水回りの設備ごとに、排水管のつまりの原因を解説していきましょう。

キッチンの排水管のつまり

キッチンの排水管

まずは「キッチンの排水管」ですが、ここがつまる最大の原因は「油汚れ」と言えます。

キッチンでは毎日調理をしていますが、炒め物や揚げ物、ドレッシングなどには食用油が豊富に使用されています。ですから、これらの食器を洗う際に、油汚れも排水管へと流れていってしまうのです。

油は固めて捨てるのが一般的な処理方法ですが、中には油をシンクにそのまま流してしまっているご家庭もあるようです。

この油こそが、キッチンの排水管をつまらせる大きな要因になります。

排水管に至った油汚れには高い粘性があり、、そのため配管の側面にこびりついてしまいます。

そして厄介なことに、このこびりついた油汚れが、キッチンの排水管へと流れていく食材カスや洗剤を取り込んで、だんだん大きな塊を形成していくというのです。

最初は小さなこびりつきでしかなかった油汚れが、排水管を完全に閉塞させてしまうような大きさの異物へと成長してしまいます。

排水管を完全につまらせてしまうレベルにまで成長してしまったら、素人には簡単にはこの排水管のつまりを解消することは難しいでしょう。

洗面所の排水管のつまり

洗面所の排水管

次は「洗面所の排水管」です。ここがつまってしまう原因として考えられるのは、「髪の毛などの体毛」です。

髪が長い女性が洗面所で髪を梳かしたりして、洗面シンクに落ちた抜け毛をそのまま流したりすると、排水管がつまりやすくなります。髪だけでなく、男性の髭剃りで発生した髭のくずも、洗面所の排水管に流れて排水管をつまらせる原因になります。

また、洗面所にはさまざまな小物が置いてあります。

たとえばボトルのキャップのような小さなものが、誤って洗面所の排水管へと落ちてしまうこともありますよね。それが排水管をつまらせている原因になることもよくあります。

家族の人数が多いほど多くの髪の毛が洗面所の排水管へ流れるリスクが高く、洗面所の排水管をつまらせる可能性が高くなります。

浴室の排水管のつまり

浴室

次は「浴室の排水管」です。ここがつまる原因も、洗面所と同じように「髪の毛」が多いです。

入浴中には頭や体を洗い、その際に髪や体毛が抜けますので、それを流すと排水管に髪などの体毛が流れ込んでしまいます。

さらに、浴室では体を洗った石鹸のかすや皮脂や垢なども排水管へと流れていきます。

これらの異物は、排水管内部につまった髪によってからめとられ、大きな塊に成長してしまうことがあります。

これはキッチンの油汚れと同じです。

大きく成長した異物の塊は、最終的に浴室の排水管を完全に閉塞させてしまうでしょう。

浴室の排水管のつまりについても、家族の構成人数が多いほどリスクが高い点は洗面所と同様です。抜け毛に悩んでいる家族や髪の長い家族がいると、その分、髪で排水管がつまってしまうリスクが高くなります。

トイレの排水管のつまり

トイレ

次は「トイレの排水管」です。ここがつまる原因にはさまざまなものがあります。

たとえば、トイレットペーパーは水に溶けるので流しても問題ないと思っている方が多いのですが、一度に大量のトイレットペーパーを流すと排水管の途中で引っかかってしまい、塊のまま排水管をつまらせてしまうことがあります。

また、トイレに流せるタイプと明記されているクリーナーシートも、その言葉を信じてしまうと、じつは溶けにくいものがあります。

もちろん、そもそもトイレに流すべきではない紙類や生理用品などを流すことも、トイレの排水管をつまらせる大きな要因となります。

意外なところでは、トイレで嘔吐した吐しゃ物です。これも排水管をつまらせる原因になります。

他にはペットの便やペットトイレの砂なども排水管をつまらせる原因になるのです。

これらは日常的に流してしまう可能性があります。ということは、つまりの原因になるものを継続的に流しているということになります。その結果、つまりが深刻化しやすく、つまりを解消するのが大変になります。

洗濯機の排水管のつまり

洗濯機の排水管

最後は「洗濯機の排水管」です。ここがつまる原因として考えられるのは、洗濯の際に発生する「衣類の糸くず」です。また、洗濯する衣服に付着している体毛も、洗濯機の排水管をつまらせることがあります。

これらの糸くずや髪の毛は排水管の途中でひっかかり、そこへ洗濯で使用した洗剤のかすが付着すると、ヘドロ状のつまりが発生し、排水管をつまらせてしまうことになります。

洗濯機の排水管がつまってしまうと、排水ホースから水漏れを起こしたり、悪臭の原因になることもあります。

洗濯では排水が大量に生じますが、これをスムーズに流せなくなって洗濯機が故障する原因になることもあるので、洗濯機の排水管のつまりは非常に厄介です。

トイレの排水管をつまらせるものとしては、上記した以外にも、携帯電話や文房具などが考えられます。
服のポケットに入れたままトイレに入り、誤って落として流してしまうということがよくあります。
私たちが排水管のメンテナンスをしてみると、意外なつまりの原因が発見されたりします。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

場所ごとの排水管のつまりを
解消する方法

生活排水を流すためには、排水管がつまっている状況を解消しなければなりません。

排水管がつまっている原因は放置していても自然に解消されることはありません。多くの場合、つまりの原因がさらに深刻化してしまうだけです。

排水管のつまったらどのように解消すればいいか、排水管の場所ごとに最適な方法を解説します。

キッチンの排水管のつまりの解消法

キッチンの排水管をつまらせり要因になるのは「油汚れ」だと上記しました。これは排水管にこびりついて固くなってしまっており、通常のキッチン排水の水圧ぐらいでは簡単に解消できません。

そんなときに試してほしいのは、「お湯」を流すことです。

40~60℃ほどのお湯をシンクに流すと、固まってしまった油汚れがふやけて、洗い流されやすくなります。

非常に頑固な油汚れに成長してしまっている場合は、ただお湯を流すだけではなく、シンクにしばらくお湯をため、一気に流してみてください。

ただし、あまりに熱いお湯を流してしまうと、排水管を傷つけてしまうこともあるので、お湯の温度は高くても60℃程度ということを覚えておいてください。

洗面所の排水管のつまりの解消法

洗面所の排水管をつまらせる最大の要因は髪です。したがって、アプローチには2通り考えられます。

ひとつは、ワイヤーブラシなどを使って排水管の中につまっている毛を直接除去する方法です。

洗面所の排水管は途中で取り外せる構造になっていることが多く、ナットを緩めるだけで排水管を取り外せます。このため、排水管のつまりを直接解消することができるのです。

ただし、排水管がそのような構造になっていないために、上記の方法を選択できないこともあります。

そんな場合におすすめなのが「パイプクリーナー(薬剤)」です。

洗面所に使用できるパイプクリーナーは、毛の成分を溶かすことができます。排水管の途中でつまっている毛を溶かして排水管のつまりを解消できます。

パイプクリーナーはホームセンターなどに行けば1500円前後で売られています。常備しておき、定期的にパイプクリーナーを使用すれば、排水管のつまりが深刻化させない予防法としておすすめできます。

浴室の排水管のつまりの解消法

浴室の排水管がつまる原因も体毛ですから、洗面所の排水管と同様に、「毛を直接取り除く」か、「パイプクリーナー薬剤を使用して毛を溶かす」かのどちらかになります。

浴室の場合は、排水口にネットなどを設置して、髪などの異物が排水管へと流れないようにしておけば、ある程度つまりを予防できます。ネットなどを設置せずに直接流していると、すぐに排水口やパイプの中で絡まってつまりを起こすでしょう。

排水管の中の髪を取り除く際にはワイヤーブラシなどが便利ですが、排水管の奥でつまりが起こっている場合は、なかなか引っ張り出すことができないかもしれません。

その場合は薬剤のパイプクリーナーを使用して、排水管の中でつまっている毛を溶かして洗い流してしまいましょう。

ただし、パイプクリーナーを購入・使用するときは、浴室で使用しても問題ないことをしっかり確認してください。

トイレの排水管のつまりの解消法

トイレのつまり解消で一般的によく使われるのは、「ラバーカップ」という道具です。

今回は、ラバーカップを使用する前に試してもらいたい方法をいくつか紹介します。

まずは、キッチンの排水管つまり解消法でも紹介した「お湯」です。60℃未満のお湯をトイレに流して、様子を見てください。

キッチンと同様、お湯の温度が高すぎると便器が破損することもあるので、50~60℃のお湯で試してください。

それでも効果が見られない場合は、「重曹」を試してみましょう。

重曹を便器に入れ、さらに炭酸ガスを発生させるために「お酢」を投入します。

炭酸ガスが発生したのを確認したら、さらに反応を強めるために、お湯を少しずつ便器に注ぎます。

あとは1時間ほど放置し、炭酸ガスの影響でもろくなったつまりの原因をラバーカップで取り除きます。

ラバーカップを使う前に必ず重曹を使用しなければならないわけではなく、以上の方法はラバーカップの効果を最大限に高めるために行うものです。ラバーカップではつまりを解消できなかったような場合に、プラスアルファの方法として試してみてください。

洗濯機の排水管のつまりの解消法

どの水回り施設で排水管つまりが起こっても生活に不便が生じますが、洗濯機が使えないとやはり困りますので、早めにつまりを解消したいところです。

まずは、洗濯機のフィルターを綺麗に洗ってください。

それだけで排水ホースだけでなく排水口や洗濯機自体のつまりを予防できます。

フィルターの位置は洗濯機ごとに違いますので、見つからない場合は取扱説明書を確認してフィルターの位置を見つけてください。

すでにつまりが深刻化している場合は、排水ホースを取り外して中を洗ってください。

排水ホースを取り外した排水口の奥でつまりが発生している場合は、洗面所のつまり解消と同じように、ワイヤーブラシを使ってつまりを取り除くか、薬剤のパイプクリーナーや重曹+お酢を使用してつまりを解消することをおすすめします。

パイプクリーナーは、トイレなど一部の排水管には使用できません。
パイプクリーナーに限った話ではありませんが、清掃の際に薬剤や洗剤を使用するときは、「使用上の注意」をよく読んで、間違った使い方をしないようにしてください。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

頻繁に排水管がつまる原因

頻繁に排水管がつまる、というご家庭がたまにあります。

そのたびにつまりを解消しなければならず、解消できればまだいいのですが、素人には解消できないような深刻なつまりに発展してしまうこともあります。

頻繁に排水管が詰まる原因はどこにあるのでしょうか。

排水の流し方に問題があるためにつまる

1つ目の原因は「排水の流し方に問題がある」というケースです。

たとえばキッチン排水で排水管をつまらせる大きな要因は、上記したように油汚れです。要するに、キッチン排水に多くの油が含まれるような水の流し方をしているのではないでしょうか。

これまで説明してきたように、排水管がつまる原因は場所ごとに違いますから、特定の排水管がすぐにつまるということは、そこでの排水に多くの異物が含まれている可能性が高いということになります。

ですから、排水の流し方を工夫すれば、頻繁に排水管がつまるのを予防できるでしょう。

キッチンの排水管をつまらせる油汚れをそのまま流さないためには、たとえば洗う前に油分をキッチンペーパーなどに吸着させて、排水中の脂分を最小限にするといった工夫が考えられます。

このような工夫は、排水管の場所ごとにさまざまです。まずは、頻繁につまる排水管がつまる原因が何かということを本記事の前半で把握し、その原因となる異物を抑えた排水を行う工夫を検討してください。

排水管が経年劣化を起こしているためつまる

2つ目に考えられる原因は「排水管が経年劣化を起こしている」というケースです。

排水管は経年劣化すると内部に異物がつまりやすくなり、頻繁に排水管つまりを引き起こします。

そもそも排水管の耐用年数は、排水管の材質にもよりますが、一般的には10~15年です。

いつ排水管を交換したかということはすぐにはわからないかもしれませんが、もし建物自体の築年数が古いのなら、排水管も経年劣化を起こしている可能性が高いといえるでしょう。

経年劣化を起こした排水管は破損しやすくなり、放置してしまうと、破損個所から水漏れを引き起こしてしまう可能性があります。

経年劣化した排水管は交換工事が必要です。頻繁に排水管がつまり、排水の流し方に問題がないという場合は、早めに業者を手配して排水管の状態をチェックしてもらってください。

排水桝がつまっている

排水枡

3つ目の考えられる原因は「排水桝がつまっている」というケースです。

排水桝というのは、排水管の状態を確認するための作業用の穴状の構造物で、家から下水道へ続く排水管の途中にあります。

排水桝には生活排水で流れた異物をせき止める役割があるのですが、しばらくメンテナンスしないでいると、排水桝が異物でつまってしまいます。

どの排水管も最終的にはこの排水桝を経由しているので、排水桝がつまったら、すべての排水管からの水流がせき止められてしまいます。

排水桝は、近くに生えている樹木などの根に侵蝕されてつまることがあります。

排水桝がつまってしまうと、生活排水をスムーズに流せなくなるので、早めに修理作業を行う必要があります。

自分の家の排水桝がどこにあるのかわからない方も多いと思います。
「おすい」と書かれた蓋が目印になりますので、探してみてください。
庭にあることもありますが、上に何か物がのっていないか、よく確認してください。
緊急時にはいつでも開けられるように、上には何も置かないようにしましょう。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

自力で排水管つまりを
解消する際のデメリット

排水管のつまり解消法を、ひととおり水回り施設別に紹介しましたので、ご自分でつまり解消を試みる方が多いと思います。

しかし、大半の方は水回りのことに詳しいわけではないので、そのままで排水管のメンテナンスをしようとすると、デメリットが発生することがあります。

つまりを解消できない

1つ目のデメリットは、そのままですが、「つまりを解消できない可能性がある」ということです。

簡易な方法は上記したので、道具さえそろえれば誰でも簡単に排水管のつまりを解消できるでしょう。

しかし、水回りのプロが行うのは、本格的なメンテナンス作業です。それと比較すると、つまりを解消した効果は、あくまでも限定的なものにすぎません。

このたび、すぐにまたつまりが再発したり、メンテナンスしてみたけれどもつまりを解消できなかったりすることもあるでしょう。

場合によっては、さらに、つまりが深刻化してしまうこともあります。努力が徒労に終わるだけでなく、余計に排水を流せなくなる事態に発展してしまうこともあるのです。

排水管を傷つけてしまう

2つ目のデメリットは「排水管を傷つけてしまう」ということです。

例えば、キッチンの排水管つまりをお湯で解消する際には、熱すぎないお湯を使用することと書きましたが、これは熱湯では排水管を傷つけてしまう可能性があるからです。

ワイヤーブラシなどの道具を排水管に挿入して髪をかき出すように、ということも書きましたが、道具の使い方によっては排水管を傷つけてしまうこともあるのです。

排水管の経年劣化状態によっては、排水管は簡単に傷ついてしまいます。そのせいで排水管が破損してしまうと、破損個所から水漏れが発生してしまうのです。

水漏れは、一戸建てならその家だけの被害で済みますが、集合住宅で起こると、階下の部屋に水漏れの影響が及んでしまいます。被害が大きければ損害賠償を請求される事態になってしまうこともありますから、極力気をつけたいところです。

余計な修理費がかかってしまう

3つ目のデメリットは「余計な修理費用がかかる」ということです。

自力で排水管のつまりを解消できなかったり、排水管の状態を悪化させてしまったりしたら、最終的には業者を手配して直してもらうということになります。

問題は、自力で直そうとして排水管を傷つけたり、つまりを悪化させた場合には、最初から業者に依頼するよりも料金が高くなることがある、ということです。

最初から業者を呼んでいたら、つまりを解消してもらうだけで済んだケースでも、排水管を破損させてしまったら、排水管を交換する作業が必要になるからです。

当然ながら、作業内容・作業量が増え、その分、人件費や資材費もかかり、業者の請求金額は割高になります。

マンションなどの集合住宅で水漏れを起こし、その被害が階下に及んだ場合、そもそもなぜ水漏れが起こったのかという原因によって、賠償責任の所在が変わります。
一般的に、水漏れした部屋の住人の故意・過失による場合はその住人が賠償しなければならなくなりますが、排水管の経年劣化などが原因の場合は、住人には責任がないので、管理者や所有者が賠償責任を負うことになります。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

排水管がつまらないように
するための予防法

排水管つまりが起こってしまうと、素人の方はあまり手を出さないほうが安心ということを上記に書きました。

それでは自力でやるべきことはないのかというと、重要なことがひとつあります。

それは「つまりを予防する」ということです。

排水管つまりの予防法にはどんなものがあるのか、解説しましょう。

余計なものを排水管に流さない

最適な予防法は、安直ではありますが「余計なものを排水口に流さない」ことです。

とくにトイレの排水管つまりにおいては、この予防法が非常に有効です。

トイレの排水管をつまらせる可能性があるものを日常的に流していると、トイレがつまってしまう可能性は大変高くなります。

流して良いものとそうでないものを明確に区別し、流してはいけないものを流さないように徹底して、トイレつまりのリスクを下げましょう。

もちろん、かなり神経質になっても、髪の毛や糸くずを完全に流さないようにすることは難しいと思います。浴室だったら排水口にネットを取り付けたり、洗濯機だったら定期的にフィルターを清掃したりという工夫が有効です。

排水管に流れる異物の量が減れば、その分だけ排水管つまりのリスクは低くなるのです。

パイプクリーナーを定期的に使用する

2つ目の予防法は「定期的にパイプクリーナーを使用する」ことです。

パイプクリーナーというと、すでにつまってしまった排水管に対して使用するものと思ってしまいがちですが、実はつまりが起こっていない時点で定期的に使用すれば、排水管がつまるのを予防できます。

なぜなら、排水管がつまっていなくても、髪などの排水管をつまらせる異物は、すでに排水管内部に存在しているはずだからです。ですから、定期的にパイプクリーナーを使用してリスクを取り除けば、つまりの予防法としては非常に有効です。

数年に一度は業者を手配する

3つ目の予防法は「数年に一度、業者にメンテナンスしてもらう」ことです。

とくに上述した「排水桝のつまり」を予防するためにはこれは重要です。排水桝のつまりは排水管がつまる原因の1つですから、排水桝を業者にメンテナンスしてもらうことは、排水桝関連のトラブルの発生を未然に防ぐことにもなり、有効な予防法になります。ます。

さらに数か月に一度は、自分で排水桝の状態を確認しておきましょう。もし異常が見られたら、速やかに業者を手配し、被害の発生を防ぐことができるでしょう。

パイプクリーナーを正しく使えば、手軽に排水管つまりを解消・予防できます。
一度に使用する量はそれほど多くありませんが、家の中の複数箇所に使用できるものですから、数本をまとめ買いして常備しておくといいでしょう。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

排水管つまりを直してもらうには
業者の力を借りるのが一番

上記したように、排水管つまりは自力で行わず、業者に対応してもらうのが一番です。

排水管つまりを業者に直してもらうメリット

業者に排水管つまりを解消してもらうメリットは何かというと、それは「確実につまりを解消してもらえる」ということです。

業者は専用の機材を使用しますから、素人では解消できないような重度の排水管つまりでもしっかり直してくれます。

排水管がつまってしまうとさまざまな被害の発生につながりますから、つまりは確実に、早急に解消しなければなりません。

業者を手配すれば、最低限の手間でつまりを解消してもらえます。自分でつまり解消にチャレンジしても、苦労したあげく失敗してしまうかもしれません。

排水管つまりを直してもらう際の費用相場

業者を手配して排水管つまりを解消してもらうためには、料金を支払う必要があります。

具体的に、排水管つまりを直してもらうのにかかる費用はいくらぐらいでしょうか?

作業内容や使用する道具の種類によって料金は変わるのですが、特別な道具も使用せず、簡単な作業だけで済むケースなら、1万円以下で対応してくれる業者が多いでしょう。

作業が大変な修理や、修理するために特別な道具を使用しなければならないような場合は、数万円かかることもあります。

つまり、つまりが悪化して重度になると高額になるということですから、日ごろから排水管がつまらないように予防することがいかに重要か、ご理解いただけると思います。

排水管つまりを直してもらう業者の選び方

排水管つまりの依頼を受けてくれる業者はたくさんありますが、後悔しないためには業者の選び方にも注意が必要です。

・他社と比べて異様に安すぎないか(悪徳業者の可能性がある)
・事前にきちんと見積もりを提示してくれる
・作業についての丁寧に説明してくれる
・利用者の口コミや評判が良い
・創業年数が古い
・電話したらすぐに来てくれる

すでにつまりのために大きな被害が出ているような緊急性が高い場合は別ですが、なるべく余裕をもって、複数の業者から「相見積もり」をとりましょう。

相見積もりによってその案件の費用相場がわかり、悪徳業者にひっかかるリスクを避けることもできるでしょう。

悪徳業者は真っ当な仕事をしませんから、相見積もりをとれば、優良な業者との違いは明確にわかるはずです。
安い見積もり金額を提示してきたとしても、作業後に高額な追加費用を請求してくる可能性が高いので、悪億業者とは絶対に契約しないようにしましょう。

排水管がつまる原因・解消法・予防法

【まとめ】排水管がつまったら
自力で直せない場合は業者に連絡しよう

排水管つまりは、軽微なものなら自力でも直せますが、本記事で紹介した解消法で直らない場合は重度である可能性があるので、素人が自分で直すようなことは避けたほうが無難です。

プロである業者を手配して確実に排水管つまりを解消してもらってください。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

排水管のトラブル

関連コラム

水コネクト

新着コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。