水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
自力でトイレの
つまりを直せるレベル
業者に依頼すべきレベル

トイレつまりを直すのに自力で行うケースと、
業者に依頼すべきケースについて解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

トイレがつまると、日常生活に大きく支障をきたします。

一刻も早く解消すべきですが、はたして自力でもつまりを直せるのか、それとも業者に依頼しないと直すことは難しいのが、素人の方にはわかりませんよね。

自力で直せるものなら、業者に料金を支払わなくてもすみますが、どこまでなら素人でも直せるレベルなのか、判断基準を知っておきたいと思いませんか。

本記事では、トイレつまりを直すのに自力で行うケースと、業者に依頼すべきケースについて解説します。

自力でトイレのつまりを直せるレベル
業者に依頼すべきレベル

コラムの目次

自力でトイレのつまりを直せるレベル
業者に依頼すべきレベル

トイレがつまってしまう
原因と修理の方法

普通の使い方をして、適切なメンテナンスを怠らなければ、そう簡単にはトイレがつまることはありません。

トイレがつまってしまったのには、何かしら明確な理由があるはずです。直近で以下のような原因が発生していることはなかったでしょうか。

以下のような行動をしてしまった覚えがないか、ご自身やご家族に確認しておきましょう。

トイレつまりの原因 ①
トイレに流せるけれど大量に流してしまった

「トイレに流せるもの」を「一度に大量に流してしまった」というのは、これは最もよくある原因です。

誰でも疑問をもつことなく「トイレットペーパー」をトイレに流していますが、どのような場合でも問題がないとは限りません。

例えば「一度に大量のトイレットペーパーを流してしまった」とか、それ以外にも、「トイレに流せる」と銘打たれている商品や、水に溶けるためトイレに流すのが当たり前のようになっているものを大量に流してしまった場合には、トイレのつまりの原因になることがあります。

どんなに広い道路でも、一度に大量の車が通ると渋滞になる可能性があります。

それと同じように、トイレに流せると思っているものでも、一度に大量に流そうとすればつまってしまうリスクがあるのです。

トイレつまりの原因 ②
本来トイレに流すべきではないものを流してしまった

次に考えられるケースは、「本来、トイレに流すべきではないもの」をトイレに流してしまったことが原因になっているというものです。

これは例えば「生理用品」「食べ物」「吐しゃ物」といったものです。

こうしたものをトイレに流すことはよくあります。

しかし、これらはトイレットペーパーのように水に溶けきらないものです。

水分が多くを占めていれば、一応は流れるのですが、排水管の途中で引っかかり、つまってしまうケースもよくあります。

あるいは、「ペンなどの文房具」「携帯電話」のように、身に着けているものを誤ってトイレに落としてしまうこともあると思います。

このような水に溶けない固形物は、排水管の途中でひっかかり、急性でつまることもあれば、それを起点にして堆積物が集まり、後発的につまりを起こすケースもあります。

トイレつまりの原因 ③
排水管の奥で異物が堆積している

ここまでのところで説明したように、「排水管の奥で異物が溜まっている」状態が発生すると、トイレはつまってしまいます。

「便」は、実はそのほとんどが水分ですから、トイレに流しても問題ありません。

しかし、正常ではない状態の便や、油分を多く含んだ吐しゃ物などの異物を流してしまうと、排水管の途中で定着し、そこに後続の異物がどんどん堆積してしまう可能性があります。

トイレつまりを予防できる道具をホームセンター等で買って、日常的に備えていれば、こうしたリスクを最小限に抑えることもできるでしょう。

しかし、日ごろからあまりトイレの排水管のことを気にかけずに使用しつづけていると、つまりを起こすリスクが高まってしまいます。

トイレつまりの原因 ④
流す水の量が日常的に少ない

意外に思うかもしれませんが、異物ではなく「流す水」がつまりの原因になってしまうこともあります。

「節水用品」をトイレタンクの中に入れていたり、「大」で流すべきときに「小」で流したりしていませんか?

排泄の状況やトイレの使い方にもよりますが、基本的にトイレに流す水の量が少ないと、つまりを起こすリスクは高まります。

節水は確かに心がけるべきことではありますが、ことトイレにおいては、つまりのリスクを高めるあまりおすすめできないアクションなのです。

もし、節水系の道具を使っていたり、わざと流す水の量を少なく調整している場合は、早めに習慣を見直したほうがいいと思います。

軽度のトイレつまりなら自力でも直せる

私たち水コネクトは、水回りのプロフェッショナルですから、ここではご家庭でできないことは説明しません。

水回りについて詳しい知識を持たない方がトイレのつまりを直せるのは、「つまりの状況・症状が軽度」というケースに限られます。

「こうした状況なら軽度」という目安を説明することは難しいのですが、あまり緊急でない状況であれば、以下の方法を試してみてください。

使用する道具がいくつかありますが、特に家庭用洗剤系の道具を使う際には、使用上の注意をご覧になって、トイレ・便器への使用は禁止されているものは絶対に使わないでください。

トイレのつまりを直す道具 ①
ラバーカップ

トイレのつまりを直すための最もオーソドックスな道具は「ラバーカップ」です。

先端が大きな吸盤になっていて、よく「カッポン」「トイレスッポン」などと呼ばれている道具です。常備しているご家庭も珍しくないと思います。

ラバーカップの使い方は簡単で、トイレの排水口に吸盤部分を押し当て、何度か上下させてつまりを解消するだけです。

軽度のつまりなら、これで解消できる可能性もあります。

ただし、この道具は、ご自身やトイレの床が排水管の内容物で汚れてしまう可能性が高いということがネックです。

ビニール手袋を装着し、トイレの床にはビニールシート等を使って養生してから作業することをおすすめします。

トイレのつまりを直す道具 ②
バケツ等に入れた大量の水

さらに手軽な方法があります。それは「大量の水を一度に流す」というものです。

前項に書いたように、流す水量が少ないと、つまるリスクは高まります。

そこで、流す水量を普通よりも多くすることで、排水時の水圧を高め、軽度のつまりを解消するという方法です。

通常の「大」の水量ぐらいでは、つまりを解消できる水圧を生じさせられないとき、バケツなどを用いて大量の水を用意し、一気に便器に流すわけです。

この方法のネックは、「水が流れない状況では実行できない」ということです。

完全にトイレがつまってしまっている状態では、水を排水できないことになりますから、そこへバケツの水を流したら、状況が悪化するだけです。

「一応は排水できている」「排水が悪くなっている気がする」といったレベルの状況でしか実行できない方法です。決して、排水しきれない量の水をトイレに流し入れないでください。

なお、何となくお湯を流した方が効果的と思ってしまいがちですが、熱いお湯は便器を傷つける可能性があるので注意しましょう。

トイレのつまりを直す道具 ③
重曹+クエン酸

バケツの水よりも効果的な方法が「重曹とクエン酸を流し入れる」というものです。

重曹とクエン酸を混ぜると、さまざまな汚れを分解してつまりを解消することができます。

軽度なつまりなら解消できる可能性が高く、バケツで水を汲むほどの手間も不要なので、最も簡単につまりを解消できる(かもしれない)方法だと言えます。

重曹+クエン酸の組み合わせは、トイレつまりに限らず、ご家庭の掃除におけるさまざまなお悩みを解消する助けになりますので、常備しておくことをおすすめします。

流すと泡が発生するのでしばらく放置して、水を流してつまりの解消具合を確認してください。

トイレのつまりを直す道具 ④
パイプクリーナー(器具)

あるレベル以上のつまりを解消するためには、「パイプクリーナー」という長い管状の掃除用具を用いることをおすすめします(液体洗浄剤の商品名ではありません)。

パイプクリーナーは物理的・直接的につまりを取り除くための掃除用具です。

他の方法で解消できないつまりも取り除くことができ、流れを確保できます。

トイレのつまりを直す道具 ⑤
高圧洗浄機

場合によっては、「高圧洗浄機」を使用しなければ解消できないトイレつまりもあります。

高圧洗浄機なら、排水管などのパイプの内部を洗浄するのに適したアタッチメントを装着し、配管のつまりや内部の悪臭の原因を洗い流せます。

トイレのつまりは、排水管から汚水枡までのどの位置でも生じる可能性がありますので、場合によっては枡側からのアプローチが必要になります。

家庭用の高圧洗浄機は最近では廉価になり、買いやすい時代になりました。

しかしながら、水回りのプロとしては、高圧洗浄機が必要な状況まで来ると、業者に対応を依頼したほうがいいと思います。

トイレつまりを直すために高圧洗浄機を買いに行くのも経済的とは言えませんし、すでに持っていたとしても、大がかりな作業になるケースが多いので、水回りの作業に慣れていない方にはおすすめできないのです。

トイレのつまりの原因が明確でない場合もあるでしょう。原因が明確なら、自力で直せるかどうかも判断しやすいと思います。

自力でトイレのつまりを直せるレベル
業者に依頼すべきレベル

トイレのつまりを業者に
直してもらうべきケース

前項で説明した道具を使ってトイレのつまりを解消できれば、業者に依頼する必要はありません。

しかし、ご家庭で掃除感覚・DIY感覚で直せる事態を超えてしまっているケースもあると思います。

そのような重度のトイレつまりを解消するには、より本格的な作業が必要になります。

具体的にどのような作業が必要になるかは、つまりの状況・症状次第ですが、次のような事情があるときは、早めに業者に相談して、つまり解消を依頼することをおすすめします。

トイレつまりを短時間で直してもらいたい場合

短時間でトイレのつまりを解消したいなら、水回りの業者に依頼するのが一番です。

水回りの業者の中には、「最短30分で」といったスピーディな対応を看板にしているところもあります。

トイレは生活する上で毎日必ず使う場所ですから、つまりが発生している間は安全にトイレを使うことができず、大変困ったことになります。

できるだけ早くトラブルを解消したいはずです。

業者によって対応スピードは異なりますので、早めに解消したい場合は、短時間での対応をアピールしている業者に依頼するのがおすすめです。

自力で直そうと試みて失敗した場合

自力で直そうとしてうまくいかなかった場合は、再度チャレンジすることはあきらめ、すぐに業者を呼んでつまりを直してもらってください。

自力で直らないと、面倒になって「そのうち自然に直るだろう」と放置する人も、結構いらっしゃいます。しかし、その判断は最も危険なものです。

なぜなら「トイレのつまりが自然に直る」ことは、ほとんどあり得ないからです。

もちろん可能性としては自然に直ることもあるのですが、何らかの修理作業を実行し、それでもつまりが解消しないようなケースを放置して、自然にそれが解消することは、まずあり得ないでしょう。

むしろ、つまりを放置することでそこに異物が堆積し、余計に事態を悪化させてしまうリスクの方が大きいと思います。

直す作業に失敗したトイレつまりは、業者対応が必須であることを肝に銘じてください。

どうしても直せなかった場合は、素直に業者を呼んで対応してもらいましょう。

明らかに異常が重度だと感じる場合

自力で直そうと試みる前に、「明らかにトイレの状態が異常・危険である」と思ったら、やはり早めに業者を呼んで対応してもらうことをおすすめします。

例えば「排水が逆流している」「ゴボゴボと大きな異音が発生している」など、明らかに異常な状態が起こっていたら、水回りに詳しくない人が作業しても事態が悪化するだけという可能性が高いです。

下手な修理作業を行うことによって排水管を傷つけ、さらなる水漏れなどの事態を呼んでしまう可能性もあります。

トイレまたは家全体の「止水栓」を閉めて水の流れをせき止め、それ以上事態が悪化しないようにしてから、落ち着いて業者に連絡し、対応してもらいましょう。

業者に修理してもらう際にかかる料金は、つまりの状況次第で大きく変わります。

自力でトイレのつまりを直せるレベル
業者に依頼すべきレベル

【まとめ】トイレつまりは業者に
依頼すれば確実に直してもらえる

トイレのつまりはご家庭で直せるケースもありますが、手間のかかる作業になり、汚れてしまう可能性も高いです。

自力で直すことをおすすめできないようなケースも、少なくありません。

確実に、かつスピーディに直したいなら、お近くの水道業者に修理を依頼するのが一番だと思います。

トイレがつまっている異常な状態を放置するのは禁物です。

可能な限りスピーディに対応してくれる業者を選定しましょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島のトイレつまりや水回りのお困りごとは、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
Q&A

よくある質問

Q. 電話相談はできますか?

A. はい、お電話で無料相談することができます。
トラブル状況に合わせて応急処置の方法や、作業にかかる目安の時間、取扱商品についてなど、ご相談可能です。

Q. 電話で依頼した後に何かすることはありますか?

A. 特に必要ありません。
緊急な応急処置が必要な場合は、電話での相談時に各トラブルに適した応急処置方法をお伝えさせて頂きます。

Q. 自分で修理できるか教えてもらえますか?

A. はい、お電話にてトラブル状況をご相談いただき、ご自身で修理できる内容であれば、アドバイスさせていただいております。

Q. 修理に立ち合いが必要ですか?

A. 必ずお客様に、立合いをお願いしております。
お客様のご都合の良い時間帯でご依頼ください。

Q. お支払はどのタイミングですか?

A. 作業完了後に修理・交換箇所をご確認して頂き、請求書を発行いたしますので、そのタイミングでお支払いいただきます。

Q. 工事中は家にいてもいいですか?

A. お家にいていただいて大丈夫です。
お客様のご迷惑にならないために、音や匂いが出る可能性のある作業をする場合は、作業前に事前にご相談いたします。

Q. 小さなことでも依頼できますか?

A. はい、水まわりのことなら、どんなことでも対応しています。
遠慮なくご依頼ください。

Q. 他社で断られた作業を依頼できますか?

A. はい、遠慮なくご依頼ください。
他社でお断りするような難しい作業でも、根本解決できた事例も数多くございます。

Q. 賃貸なのですが最低限の修理はできますか?

A. はい、お客様のご希望に合わせて修理することができます。
一時的な修理から、根本的に修理することができます。

よくある質問をもっと見る

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。