水コネクト

東京都知事許可
4第156196号

水コネクト

水道工事会社|水コネクト
放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

トイレがつまった際に封水の水位が下がる原因と、
その対処法について解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

「封水」という言葉をご存じでしょうか。
トイレでは便器の中に水が常時溜まっていますよね。
あれを封水といい、下水管側からの異臭を防ぐなどの役割を果たしています。
封水はトイレがつまっていると水位が下がってしまうことがあります。
封水の水位が下がっている状態が続いているようなときは、早めにつまりを直す必要があります。

本記事では、トイレがつまった際に封水の水位が下がる原因と、その対処法について解説します。

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

コラムの目次

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

トイレの水位が下がるのはなぜ

トイレの封水

トイレの便器には水が溜まっており、これを「封水」といいます。封水の役割は、下水道からの臭いが逆流することを防ぐことです。

ところが、この封水の水位が下がってしまうことがあります。

その理由はいくつか考えられますが、いずれにしてもそのような場合には何らかの対処を行うべきです。

自己サイホンが水位を下げている

トイレの水位が下がる原因として考えられる1つめの原因は「自己サイホン」という現象です。

これは、トイレの水が勢いよく流れすぎてしまうために排水管のS字の排水部分から水がなくなってしまい、便器の中の水がなくなる現象です。

自己サイホン

この自己サイホンが起こって便器の水がなくなった場合は、S字部分に水を溜めることでトラブルを解消することができます。

具体的な対処法は、バケツなどに水を汲んで静かに便器の中へ水を流すことです。

一度、止水栓を閉めてから水を流せば、水の流れに勢いをつけられます。

もし、この方法でも封水が元に戻らない場合には、排水管に何らかのトラブルが生じている可能性があります。そうなると専門業者でなければ解消することが難しいので、早めに修理業者に相談してください。

誘導サイホンが水位を下げている

トイレの水位が下がる原因として考えられる2つめの原因は「誘導サイホン」という現象です。

これは排水管内の圧力が変化することで起こる現象です。主にマンションやアパートなどで、上の部屋の住人が一気にトイレの水を流したときに起こりやすい現象と言われます。

誘導サイホン

ただし、この現象は比較的珍しい現象であり、そう頻繁に起こることは考えにくいでしょう。

しかし、汚れによって建物内の排水管が狭くなっていると誘導サイホン現象が起こりやすくなります。

解消するためには排水管の清掃が必要になりますので、物件の大家さんや管理会社に連絡して対応してもらいましょう。

便器の水漏れが水位を下げている

トイレの水位が下がる原因として考えられる3つめの原因は「便器の水漏れ」です。

便器の下部にひび割れや欠けなどの症状が発生し、そこから水が漏れ出てしまうために封水の水位が下がっているということです。

便器が破損してしまう理由はいちがいには特定できません。

ただ、ちょっとした破損でも水漏れを起こす可能性はありますので、意外と気がつかないうちに大量の水が漏れ出しているというケースも見られます。

便器の水漏れというものは厄介なトラブルです。

とくにマンションなどで2階以上にお住まいの場合は、便器から漏れ出た水が階下に浸水するというご近所トラブルに発展してしまうおそれがあります。

便器の破損自体は、軽度のものであればホームセンターで補修用資材を購入し、DIYで直すことも可能です。破損の程度が大きい場合は無理をしてDIYで直すのはあきらめ、早めに修理業者を手配して直してもらいましょう。

排水管の詰まりが水位を下げている

トイレの水位が下がる原因として考えられる4つめの原因は「排水管が詰まっている」ということです。

「排水管が詰まっているのなら封水の水位はむしろ上昇するのでは?」と思われるかもしれませんが、完全に詰まっていない状態では、封水の水位は逆に下がることがあるのです。

排水管の詰まりが水位を下げている

上の図のように、トイレットペーパーが排水管につまっていると、それが封水を吸い上げてしまうことで、水位が下がります。

完全につまってしまい、排水が流れない状態になると、もちろん封水の水位は上がってしまいます。

排水管が完全に詰まってしまったら緊急事態ということがすぐにわかるので、なんらかの対処をしようと思う人がほとんどだと思いますが、詰まりが不完全な状態だとまだ排水は流れるので、放置されてしまいがちです。

しかし、詰まりが不完全であるならまだDIYでも対処できるものですから、完全に詰まってしまう前に対処することをおすすめします。

忙しくてDIYなどしている暇がないという方や、より確実に排水管を直したい方は、もちろん水道修理業者を手配して直してもらうことをおすすめします。

考えられる封水の水位が下がる原因を説明しましたが、実際には、素人が見てもどのケースに当てはまるのかを見極めることは難しいかもしれません。
考えうる対処法を実践してもトイレの水位が元に戻らない場合は、早めに水道修理業者を手配して直してもらいましょう。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

水位の低下を放置してはいけない理由

虫眼鏡を持つ男性

トイレが詰まってまったく水が流れなくなったら、誰もが速やかに対処しなければと思うでしょう。

しかし、「便器の水がいつもより少ない気がする」という程度では、すぐに対処しなければならないとは思わない方が多いようです。

多くの場合は「放っておけば直るだろう」と高をくくって放置する方がほとんどです。

しかし、本当はトイレの水位が下がっている状態を確認したらやはり対応を怠るべきではありません。

前項に書いたように、トイレの水位が下がってしまう原因には、さまざまなものが考えられます。

中には自然に直るケースもありますが、便器が水漏れを起こしていたり、排水管が詰まりかけている状態は、放置すると状態が悪化してしまうケースもあります。

トイレの配水管が詰まりかけている段階ならDIYでも解消できますが、放置したことで詰まりが悪化し、最終的に完全に詰まってしまうと、もはやDIYでは簡単には直すことは難しくなります。

そこまで来ると、トイレは使用禁止となり、修理のために業者を手配することになるので、相応の費用もかかることになります。

もちろんお金がかかったとしてもトイレの詰まりは直してもらわなければ生活はできませんが、もし早い段階で事態を把握できていれば自力で直せたのですから、払わなくても済むお金を払うことになるのはもったいないですよね。

トイレの水位が下がっている状態を確認したら、早めに対処すれば最低限の費用で状態を改善できる可能性がありますから、水位の低下を放置するべきではありません。

水位の低下が一時的なもので、次の日には元のように戻っていたら、しばらく様子を見るという選択肢もありです。
継続して低下していたり、たびたび水位が低下するような状態になったら、何らかの問題が発生している可能性が高いので、早めに対処してください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

水位が下がった場合の対処法

指を刺す男性

トイレの水位が下がってしまったら速やかに対処すべきと前項で書きましたが、具体的に何を行えばいいのでしょうか?

トイレの止水栓を締める

トイレの止水栓

トイレの修理作業を行う際には、「止水栓を締める」という事前準備を必ず行ってください。

止水栓とは、給水管からの水の供給をストップするための栓です。止水栓を締めれば水は供給されなくなります。

トイレの水位が下がっている原因としてトイレの詰まりの可能性があるので、水を流し続けていると厄介なトラブルが引き起こされる可能性もあります。

そのため、安全のために止水栓を締めておくわけです。

もちろん、細心の注意を払って作業すれば止水栓を開けたままでもいいのですが、いずれにしても修理作業中にトイレを流すことはないので、止水栓は念のために締めておきましょう。

止水栓はトイレの給水管のどこかに設置されているはずですが、もし見つからない場合は。念のために家全体の止水栓を締めておくと良いでしょう。

トイレ内の止水栓はハンドルタイプなら道具なしでも締めることができます。マイナスドライバーが必要なタイプもありますので、必要に応じて用意してください。

トイレに流したものがつまっている場合

トイレに異物を流したという自覚があり、それが原因で詰まっていることが水位を下げていると思われる場合の対処について説明します。

これは具体的に何が詰まっているのかということで取るべき対処法が変わります。

たとえばスマートフォンやボールペンなどの小物類を誤ってトイレに流してしまった場合には、ラバーカップなどでつまりを解消しようとしても効果はありません。

大型のものがつまっている場合は、排水管の比較的手前側で止まっている可能性もあります。止水栓を締めた後に便器内の封水を掬い上げ、ゴム手袋を装着して排水管の内部を捜索してください。

トイレットペーパーのように水に溶けるものが詰まっている場合は、ラバーカップの出番です。ラバーカップを何度か上下させれば詰まりを解消できるかもしれません。

ラバーカップ

なかなか詰まりを解消させることができない場合は、早めに業者を手配して水位を元に戻してもらいましょう。

排水管の汚れによる場合の対処法

排水管の汚れが水位低下を引き起こしている場合は、排水管を掃除しなければ解消することはできません。

といっても、排水管は建物の構造の中に敷設されているものですから、目に見えない部分の掃除ということになります。

これには特別な道具が必要です。

手っ取り早い方法は、市販のトイレ用洗浄剤を使用することです。これをトイレに入れ、しばらく待ってからトイレを流すことで、排水管を洗浄できます。

それだけでは解消できない場合、手近な道具で済ませるなら、クエン酸と重曹をトイレに入れて泡を発生させ、30分~1時間放置してからトイレを流すという方法もあります。

さらに、排水管清掃用のワイヤーブラシを使う方法もおすすめですが、排水管の内部は目に見えないので、これらの対処を行ったことで排水管がきれいになったかどうかはわかりません。

もし、これらの方法を試してもトイレの水位が元に戻らない場合は、ほかの原因によって水位が低下している可能性がありますので、別の方法を試すか、修理業者を呼んで直してもらいましょう。

冷静に行動することが重要

トイレが異常な状態になったら、「冷静に行動する」ことを念頭に置いて修理作業にとりかかりましょう。

慌てて作業すると大切な部分を傷つけてしまったり、作業でケガをしてしまったりすることもあります。

余計な個所を破損させてしまうと、その後に修理業者を呼ぶと、その部分の修理もプラスされてしまいますから、費用が余計にかさむことになります。

冷静さを失って慌てて行動することは失敗に直結してします。

トイレの問題は速やかに解消すべきなのは確かですが、だからといって慌てて行動しても良いことはありません。

「まずは落ち着いてから行動する」ということを念頭に置き、トイレの問題を確実に解決させましょう。

修理を業者に依頼したほうが良い理由

業者の男性

私たち水回りのプロフェッショナルとしては、トイレの水位が下がってしまったという問題は、やはり水道修理業者にお任せすることをおすすめです。

たしかに、DIYで直せないこともないケースもあり、業者の料金なしで修理できるので、材料費と手間しかかけずに問題を解決できます。

とはいえ、それはあくまでも「無事に修理できた場合」だけということを忘れないでください。

DIYで水位を元に戻そうとして、うまく直せないどころか、余計な個所を破損させて事態を悪化させてしまうケースも珍しくありません。

そうなってしまうと、結局最終的に修理業者を呼ぶことになり、最初から呼んでいればかからなかったような費用まで支払うことになるわけです。

トイレの問題は、DIYで直せるレベルのものから、業者でしか持っていないような専用機材がなければ直せないような重度の問題まで、幅広く存在します。

どんな問題でも最小限の手間で直せる水回りの修理のプロフェッショナルに依頼したほうが、余計な出費と手間をかけずに、確実にトイレの問題を解決できるでしょう。

トイレつまりを予防する方法

そもそもトイレが詰まり、水位を下げてしまう最大の要因は何でしょうか。

それは「詰まるようなものをトイレに流してしまった」ということです。

水に溶けないような生理用品、ペット用のトイレ砂、吐しゃ物といったものは水に溶けません。そのため排水管のどこかで詰まってしまう可能性が高いです。その結果水位を下げてしまうことになるのです。

トイレットペーパーなら水に溶けるだとうと思う方が多いと思いますが、一度に大量のトイレットペーパーを流すと、溶けきれずに排水管で詰まってしまうことがあります。この場合も水位が下がる可能性は高いでしょう。

このような詰まるリスクがあるものを日常的にトイレに流していると、トイレが詰まってしまうリスクは大きく高まります。

そのため、トイレが詰まるような流し方をしないことが重要です。

また、トイレを流すレバーには「大」と「小」がありますが、少しでも節水しようと思って「小」を多用していると、十分にトイレを流すことができず、排水管が詰まってしまう原因になることもあります。

このようなトイレの正しくない使い方を日常的に続けることによって、知らず知らずのうちに、トイレが詰まるリスクを高めているかもしれません。生活習慣を一度見直してみることをおすすめします。

トイレのつまりを自力で直そうとするなら、無理だと思ったらすぐ中断ることを心掛けてください。
無理して作業を続けるとケガをしたり大切な部分を破損させてしまうリスクがあるので、そうなる場合にはDIYで解決することをあきらめ、早めに業者を手配することをおすすめします。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

トイレの水位を下げる「つまり」は
自力で直すべき?業者に任せるべき?

悩み

ここまでに何度か書いたように、トイレの水位を下げる原因である「トイレの詰まり」には、「自力で直せるレベルのもの」と「業者でないと直せないもの」があります。

トイレの水位を下げてしまう詰まりは、やはり業者を呼んで直してもらうべきなのでしょうか?

自力で直せる症状には限界がある

自力でトイレ詰まりを修理できれば、費用をかけずに水位を元に戻すことができます。たさし自力で直せる修理にはやはり限界があるということは忘れないでください。

基本的に、自力で直せるトイレ詰まりは「軽度の症状の場合」だけです。

ちょっとした詰まりや、詰まりはじめて間もない時期の症状なら、薬剤やラバーカップを使って比較的簡単に自力でトイレ詰まりを直せるでしょう。

しかし、症状が中程度を過ぎると、水回りのことに詳しくない一般の方では、簡単に直すことはできなくなります。

素人が作業すると、むしろ症状を悪化させてしまうケースも多く、そうなると、もはやDIYでトイレ詰まりを直すことはできないでしょう。

つまり、ある程度作業してみてトイレ詰まりを解消できそうにないと思ったら、その症状は自力では直すことのできないと判断してほしいと思います。

業者に任せるべき理由

排水管のつまりを素人が修理すべきではない理由は他にもあります。

まず、排水管をつまらせているものが腐食物や有害な物質である可能性があるということです。これらは健康や安全に影響を及ぼすかもしれません。専門業者ならこれらの物質を適切に取り扱う方法を知っていますので、安全に修理を行うことができます。

また、排水管がつまっている原因物質、つまっている場所を正確に特定することは素人には判断しにくいと思います。それらを知らずに修理しようとすると問題を悪化させる可能性があります。適切な対処方法を知らないために排水管が損傷したり、水漏れが悪化することもあり得ます。

排水管のつまりの原因は、ここまで述べてきたようにさまざまであり、それに応じた専門的な知識がなければ適切な修理は行えません。素人考えで不適切な対応を行うと、結果的に問題が解決されず、一時的に効果を発揮したように見えても、つまりが再発する可能性が高くなります。

排水管のつまりが重症の場合は知識や技術に加え、専門的な道具も必要になります。業者はそのような道具を使いこなし、効果的な方法でつまりを解消できるノウハウを有しています。素人では道具や技術を正しく使いこなすことはできないでしょう。

もしDIYによって排水管に新たな問題を引き起こしてしまった場合は、余計な費用がかかります。業者なら絶対にそのようなミスは犯さないと断言することはできませんが、その場合は業者が補償してくれるはずです。

したがって、排水管のつまりの修理にはプロフェッショナルである専門業者に依頼するのが一番なのです。専門知識と適切な道具を有している水道業者は、迅速かつ効果的な解決策を提供してくれるはずです。

トイレ修理を依頼するべき業者の選び方

以前も水道関連の異常を経験して解決してもらった水道業者がある場合は、今回もそこに依頼するのがいいと思いますが、水道のトラブルを経験するのが初めてで、どの修理業者を呼ぶべきかわからない場合は、次のようなポイントを基準に技術力のある業者を選びましょう。

・創業年数が古い
・ホームページで実績や事例を多く紹介している
・指定業者である
・口コミや評判が良い
・見積もりがしっかりしている

注意してほしいのは、TVCFなどでよく見かけるからと知名度の高さで選ぶことがベストではないということです。知名度の高さは必ずしも優良業者であることを示しているとは限りません。

技術力が高い業者を選んで修理を依頼すれば、確実にトイレの問題を解消してくれます。一度そういう業者を見つけることができたら、以降は水回りのトラブルが起こったときに優先的にその業者に依頼することもできるでしょう。

見積もりがいい加減な場合だと、悪徳業者である可能性が疑われます。
見積内容についてはきちんと内容を確認して、不明な点があればきちんと質問して疑問を残さずに契約するようにしましょう。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

放置すると危険!
トイレのつまりで水位が下がる理由

【まとめ】トイレの水位が下がったら
早めに業者を呼んで修理してもらおう

水コネクト

トイレの水位が下がる原因を放置すると、大きな問題に発展してしまうことがあるため、それを放置すべきではありません。

つまりの問題であれば、初期のうちなら自力で直せるケースもあります。つまりが重度の場合になるとプロでなければ直せないので、早めに修理業者を手配して直してもらいましょう。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

トイレ

関連コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。