水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

マンションの水漏れで下の階に迷惑がかかった場合に
かかる修理費用や賠償責任について解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

マンションなどの共同住宅ではさまざまな水回りトラブルが発生します。

トラブルの種類や規模によっては近隣の部屋にも迷惑がかかってしまうかもしれません。
下の階にまで及んでしまうような水漏れが起こると、修理費用や賠償責任などが発生するかもしれません。

本記事では、マンションの水漏れで下の階に迷惑がかかった場合にかかる修理費用や賠償責任について解説します。

水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

コラムの目次

水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

水漏れが下の階まで
影響してしまったら

マンションで水漏れが起こり、それが下の階にまで影響していたら、誰でも慌ててしまうでしょう。

しかし適切な応急処置を心がければ、被害を最小限に食い止め、後々のトラブルや修理のための費用を最小限に抑えられます。

そのためには、マンションで水漏れを確認したら以下のような行動をとってください。

水漏れしたら最初にやること ①
止水栓を締める

止水栓

水漏れしているのが「給水管」の場合は、止水栓を締めると被害を最小限に食い止めることができます。

止水栓の場所は多くの場合、給水管の根元部分ですが、そこにない場合には家全体の止水栓を締めれば給水管への水の供給をストップさせられます。

給水管の中には水がいっぱいに満ちているので、水道管に向けて水圧がかかり続けています。その水圧があるため、蛇口をひねるだけで水が出るわけですが、水漏れしているときには、その水圧をストップさせなければなりません。

マンションの場合は、部屋全体の止水栓は水道メーターの近くに位置しているはずです。探し出して止水栓を締めてください。

このとき、まだ水道局には連絡しなくても大丈夫です。

ただし水漏れしているのが「排水管」の場合は、止水栓を締めてもあまり意味がありません。

常に水でいっぱいの給水管とは異なり、排水管は排水するときにしか水漏れしません。このため、止水栓を締めるまでもなく、その排水管の給水元の水道を使用停止すれば事足りるのです。

マンションに複数人で住んでいる場合は、「使用停止」などの張り紙をしておくと良いでしょう。

なお、止水栓を締めると、そこから先への給水がストップします。部屋全体の止水栓を締めると部屋全体の水道すべてが使えなくなってしまいます。

止水栓を開ければ再び給水されるので、問題はありませんが、うっかりトイレなどに入っても水が出ませんので、止水栓を締めた後は水道が使えなくなることを念頭に置いてください。

水漏れしたら最初にやること ②
オーナーや管理会社に連絡する

電話

お住まいが賃貸マンションやアパートの場合には、応急処置後すぐに物件のオーナーや管理会社に連絡しましょう。

賃貸マンションでは入居時に必ず「緊急連絡先」が決められているはずなので、指定された連絡先へ電話をかけてください。

賃貸住宅の場合だと、水道修理工事を依頼する水道修理業者があらかじめ決まっていることが多いです。

管理会社等に連絡せずに、勝手に水道業者を手配してしまうと、かかった費用を全額負担しなければならなくなる場合があります。

そのため勝手に修理業者に電話したりせず、先にオーナーや管理会社へ連絡することが必要です。

その結果、管理会社側で修理業者を手配してくれることもあれば、業者を手配してくださいと指示される場合もあります。

いずれにしても、応急処置が済んだら早めに管理会社等に連絡し、その後の対応について確認しておきましょう。

水漏れしたら最初にやること ③
下の階の住人に説明と謝罪を行う

謝罪する女性

修理に関する連絡を管理会社にしたら、なるべく早めに階下に行き、そこの住人に水漏れについて説明して謝罪しておきましょう。

マンションやアパートの場合、2階以上の部屋での水漏れは下の階へと浸水している可能性があります。

特に水漏れしていることい気づかないまま時間がたっているような場合は、階下に浸水している可能性が高いと言えます。

階下に浸水しているかどうかを確認するためにも、早めに階下の住人を訪問して、状況の説明と、必要に応じて謝罪もしておく必要があります。

水漏れしたら最初にやること ④
水道修理業者と電力会社に連絡する

管理会社に連絡した結果、自身で水道修理業者を手配してくださいと指示された場合には、指定された水道修理業者または自力で水道修理業者を探して修理依頼しましょう。

水道修理業者の選定と連絡

管理会社等が水道修理業者を指定していない場合、自分で修理業者を探さなければなりません。

階下の住人への被害も考えると早めに解消しなければならないので、手早く依頼先となる修理業者を探して連絡したいところです。

最近ではインターネットで手頃な修理業者を探すこともできます。できるだけ手早く修理業者を探しましょう。

もし、この記事を読んでいる現在、まだ水漏れが起こっていなかったら、今のうちに修理を依頼できる修理業者を探しておくと、いざという時に慌てずみ済みます。

電力会社への連絡

水漏れの影響で「漏電」の可能性も生まれます。その場合には早めに電力会社に連絡を入れておきましょう。

漏電を放置すると、感電や火災などの事故のリスクを高めます。

余計な二次災害を発生させないためにも、電気系統に水漏れの影響が及んでいると判断したら、早めに電力会社に連絡して対応を仰ぎましょう。

水道業者への連絡と階下の住人への説明は、家族がいれば手分けして行うのがおすすめです。
早め早めの対応で水漏れの影響を最小限に抑え、後から起こるトラブルを食い止めてください。

水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

共同住宅での水漏れ、
修理費用は誰の負担?

マンションやアパートのような共同住宅で水漏れが起こったとき、下の階への影響も考慮するとそれなりに大きな「費用」が発生します。

共同住宅での水漏れの修理費用は、誰が負担することになるのでしょうか?

水漏れの費用負担パターン ①
自己負担

共同住宅での水漏れで、修理費用を自己負担しなければならないケースは、以下のような場合です。

費用自己負担のケース
管理会社に連絡せずに自分で業者を呼んだ場合

先ほども触れましたが、仮に管理会社やオーナーが修理費用を負担するべきケースであっても、管理会社等に連絡せずに勝手に修理業者を呼んで修理してもらうと、修理費用が自己負担になってしまう可能性が高いです。

水漏れの事実に慌てて、修理を急ぎたい心理状態もあると思いますが、自分の判断で勝手に修理業者を手配すると、本来なら管理会社が負担してくれる修理費用が自己負担になるかもしれません。

修理業者を手配する前に、必ずマンションの管理会社やオーナーに連絡を入れ、修理業者の手配についての指示を仰いでください。

費用自己負担のケース
水漏れが自身の過失・故意によるものの場合

水漏れの原因が「本人の過失や故意によるもの」である場合も、修理費用が自己負担になる可能性が高いです。

例えば「配管をメンテナンスしようとして逆に壊してしまった」「イライラして水道管を壊した」といった原因は完全に本人の過失です。したがって修理費用も自己負担になります。

特にDIYで配管をいじろうとして壊してしまうケースは、非常にばかばかしいものです。配管に何らかの作業をしようとして難易度が高いと思ったら、業者を手配して作業してもらうことをおすすめします。

費用自己負担のケース
所有マンションの専有部分で水漏れが発生した場合

水漏れしているのが「マンションの専有部分」である場合には、水漏れの修理費用が自己負担になる可能性が高いです。

後述する「経年劣化」が水漏れの原因なら、管理会社等が修理費用を負担することになります。

しかし、水漏れがマンションの部屋の下などの専有部分にある配管で発生している場合は、仮にそれが経年劣化で本人の過失等がなくても、自己負担で修理しなければならないケースがあります。

水漏れの費用負担パターン ②
管理者負担

修理費用が自己負担ではなく管理会社やオーナーが負担するケースは、以下の条件を満たす場合です。

費用管理者負担のケース
水漏れの原因が配管の経年劣化である

水漏れした原因が「配管の経年劣化」である場合は、管理会社等が修理費用を負担するのが一般的です。

材質にもよりますが、水道管は数年~数十年で寿命を迎えます。

また、地震や凍結などの影響で劣化が早く進むこともあります。

何が直接の原因であるとしても、水漏れの原因に住人の過失や故意による破壊等が認められなければ、管理会社等が修理費用を負担することになります。

費用管理者負担のケース
所有マンションの専有部分ではない

物件が賃貸マンションだったり、水漏れの発生個所がマンションの共用部分だったりする場合は、管理会社等が修理費用を負担します。

前述の通り、所有マンションの専有部分で発生した水漏れでは、住人の自己負担で修理しなければならないこともありますが、それ以外の場所で自然に水漏れしたケースでは、管理会社等が修理費用を負担します。

水漏れトラブルを事前に防ぐための方法

水漏れの修理費用は場合によってかなり高額になりますので、できるだけ被害が最小限になるようにしたいものです。

しかしどれだけ頑丈な素材で作られた水道管でも数十年で寿命を迎えますので、水漏れ被害を絶対に食い止める方法はありません。

それでも、水漏れで水道料金が不自然に上がったりしていないかなど、日ごろから水回りの状態をチェックしていれば、水漏れ被害を最小限に食い止められます。

例えば洗濯機のホースやシンクの排水ホースなどで水漏れ被害が発生することもあります。
常に神経質に目を光らせるのも大変ですが、定期的に状態をチェックして、必要に応じてメンテナンスすれば水漏れ被害を最小限に食い止めることができるでしょう。

水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

下の階まで影響する
水漏れの修理費用

最後に、どれぐらいの修理費用が発生するのかを解説します。これはマンションで発生した水漏れで、下の階にも被害が発生し、費用を自己負担することになった場合です。

水漏れ修理費用の相場

水漏れの修理費用は、水漏れ部分そのものは数万円で済むケースが多いでしょう。

問題は、「水漏れで発生した床や階下の被害を修理するための費用」です。

例えば2階で水漏れが発生して床が傷み、さらに下の階に浸水して1階の天井まで傷んでしまったというケースです。

この場合、2階の床、1階の天井も修理することいなりますので、場合によっては数十万円~100万円を超える修理費用になってしまうでしょう。

そんなことにならないように、水漏れに素早く気づき、放置せずに手早く修理を手配しましょう。

費用負担の支えになる保険の話

契約書

上で述べたように、階下に浸水するほどの水漏れが起こると、修理費用はぐっと高額になり、すぐには用意できないほどの金額になる可能性もあります。

そこで役立つのが「火災保険」です。

火災保険の内容と、水漏れ被害の状況によっては、水漏れの修理費用に火災保険が使える可能性があります。一度、保険会社に確認しておきましょう。

火災保険に加入してない、または火災保険を使えない状況でも、手持ちのクレジットカードなどの付帯サービスに「個人賠償責任」という項目があれば、修理費用を賄える可能性があります。

水漏れによる水道代はどうなる?

給水管で水漏れが発生した場合は、常に水が漏れ続けていたために水道料金が増えることがあります。

水漏れによる意図しない水道料金は、基本的には自己負担になりますが、場合によっては減免措置を受けられることもあります。

必ず減免措置を受けられるとは限りませんが、水漏れで水道料金が増えてしまったと判断したら、水道局に連絡して判断を仰いでください。

水漏れが下の階まで影響したら
修理費用や賠償責任はどうなる?

【まとめ】
水漏れ修理の費用は
下の階に影響すると莫大に!

マンションの2階以上で水漏れが発生すると、下の階に被害が及び、莫大な修理費用が発生する可能性があります。

誰が負担するのかということは、水漏れが起こっている場所や、その住人に過失があったかどうかなどによって異なりますが、水漏れに気づいたら放置せずに早めに対処して、被害を最小限に抑える努力をしましょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・福島のマンションでの水漏れや水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

階下漏水トラブル

関連コラム

水コネクト

新着コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。
ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。
必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図 対応エリア・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島

東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。