水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

壁の中の水道管から音がする原因と、
その対処法を解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

蛇口をひねると水が出てくる給水管、トイレなどで水を流す排水管などの水道管は、建物によって壁の中に敷設されている場合があります。

もし壁の中から水の音が聞こえるようなら、壁の中で何か問題が起こっているかもしれません。この症状を放置しておくと厄介な状況に陥ってしまうので、正しい対処法を講じることをおすすめします。

本記事では、壁の中の水道管から音がする原因と、その対処法を解説します。

壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

コラムの目次

壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

壁の中の水道管から音がする原因

壁の中の水道管から音がするということは、「水漏れ」が発生していることを意味している可能性が高いです。水道管そのものから音が発生しているのではなく、何らかの原因で水道管が破損し、水漏れが起こっているために音を発生させているのかもしれません。

水道管のトラブルが原因の場合

壁の中の水道管から音がするケースの大半は、その水道管に何らかのトラブルが発生し、水漏れが発生しているケースが多いです。

配管の破損による水漏れ

壁の中から「シュー」や「ポタポタ」といった“水っぽい音”が聞こえてきたら、水道管が破損し、そこから水漏れしている可能性が高いです。

水道管というものは経年劣化します。建物自体の築年数が古い場合は、そこに敷設されている水道管が経験劣化を起こしている可能性が高いということになり、そのためにどこかで破損が発生してしまう可能性があるのです。

そのような水漏れは、音がしない限り、なかなか気がつくことが難しいと思われます。

もし、すでに別の箇所の水道管に破損が見られており、かつ壁の中から音がするような場合は、高い確率で、壁の中の水道管も破損していると思っていいでしょう。

水道管には給水管と排水管がありますが、給水管は止水栓を閉めるまでは配管の中を水が流れ続けるので、破損すると水の音もずっと発生し続けています。排水管が破損した場合は、その配管を通る排水元となる水道設備(浴室やトイレ、キッチンなど)で水を流したときだけ、壁の中から水音がするでしょう。

ウォーターハンマー現象

配管自体に問題がない場合でも、壁の中の水道管から音が聞こえてくることがあります。

これは水道の使い方によって発生する音で、「ウォーターハンマー現象」と呼ばれます。

ウォーターハンマー現象は、水道管内の圧力が急激に変化したときに、内部の水が配管の内部を叩きつけることで大きな音を発生させるというものです。

つまり、発生原因は蛇口の急激な開け閉めということになります。蛇口の閉め方を工夫したり、止水栓を少し閉めて給水量を抑えることで、ウォーターハンマー現象は解消できます。

ウォーターハンマー現象の対策のための専用パーツを取りつける方法もあります。しかし配管の構造によっては十分な効果が出ないケースもあります。

水道管以外の原因の場合

壁の中から音がしている原因が水道管の破損ではなく、別のものである可能性もあります。

雨漏りが原因

壁の中から聞こえてくる音の正体は、もしかしたら「雨漏り」かもしれません。

雨漏りは、多くの場合、最上階の部屋の天井から水が染み出してくるという現象です。しかし雨漏りの侵入経路や屋根裏の構造などによって、侵入した雨水が壁の中に入り込み、最上階以外の壁の中から水音がすることもあるのです。

雨漏りが原因で壁の中から音が発生している場合には、雨天時やその翌日前後に水音が聞こえてくるでしょう。

この場合は、雨漏りを起こしている屋根の破損を直さないと、壁の中からの音を止めることはできません。早めに修理業者を手配し、屋根を直してもらう必要があります。

上階からの水漏れが原因

壁の中から聞こえてくる音の原因は、もしかしたら上階からの水漏れかもしれません。

たとえば上階に設置されている洗濯機やキッチンなどで水が漏れていて、それが壁の中を伝って階下の壁の中の音を発生させているケースもあるのです。

この場合も、上述したように、上階の水漏れが給水側か排水側かによって、常に音が発生するか排水時にだけ音が発生するかの違いがあります。

壁の中なので原因を突き止めることは難しい

部屋の壁

壁の中の水道管から音がする原因についてここまで説明してきましたが、原因が何であれ、判断基準は「壁の中から聞こえてくる音」しかありませんので、事態はなかなか厄介です。

水道管が目に見える場所に露出していて、そこから水が漏れていることを目視確認できれば、原因はそこにあることがわかりますし、修理を行うことも難しくないでしょう。

しかし、「壁の中なので見えない」「壁の中なので音がこもっている」という状況だと、水漏れの具体的な発生個所や発生原因を素人が正確に特定することは難しいと思います。

壁の中から聞こえてくる水の音は、「水漏れの被害状況の大きさ」によって変わります。
配管がちょっと破損している程度なら漏れる水の量も少なく、音もそんなに大きなものではないはずですが、その場合も放置しておくと破損が広がり、水漏れもだんだん広くなっていきます。
音が小さいからといって手をこまねいていると、大きな被害を生む結果になってしまうかもしれません。

壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

壁の中の水道管のトラブルを放置するリスク

壁の中から音が聞こえてくることは、直接生活を脅かすものではありません。特にその原因が排水管の破損だったら、音も常時聞こえてくるわけではなく時折聞こえてくるだけなので、事態を甘く見て、放置してしまう人もいるでしょう。

しかしそのように壁の中の水道管の音問題を放置すると、後々になって面倒なことになる可能性が高まります。

水道管のトラブルは徐々に悪化する

壁の中であるかどうかを問わず、水道管の破損は、放置すると悪化していきます。

人間のケガのように、放っておけばだんだん自然に治っていくということはないのです。

水漏れを起こしている箇所には常に水圧がかかり続けていますから、時が経つにつれて破損個所は徐々に広がっていきます。

つまり自然に回復するどころか、次第に被害が悪化してますます水漏れが激しいものになっていく可能性が高いのです。

さまざまなトラブルに見舞われることになる

水道管のトラブルを放置すると、さまざまなトラブルに結びつきます。

水道料金が跳ね上がる

水漏れを起こしている水道管が給水管の場合には、放置しまうと水道料金が跳ね上がりかねません。

漏れている水も、通常使用している水と同じですから、水道料金に加算されているわけです。

水道管のダメージは時が経つにつれて広がっていくので、放置するほど漏れ出る水の量も多くなり、水道料金も多額になっていくでしょう。

住宅が劣化する

壁の中に敷設された水道管からの水漏れを放置していると、その住宅は徐々に劣化してしまうでしょう。

建物に使用されている建材の多くは、雨のように一時的なものならともかく、断続的に水分を吸収すると脆くなったり腐ったりしていきます。

壁の中で水が漏れ続けたために壁の建材が徐々に劣化し、最終的には住宅全体の耐久性も損なってしまうようなレベルにまでそれが発展しまうことも、あり得ないわけではありません。

被害が階下にまで及ぶ

もし、お住いになっているのが2階以上(アパートなども含む)であるなら、壁の中の水道管破損を放置することによって、下階の住人にまで迷惑がかけてしまうことになるかもしれません。

壁の中で漏れ出た水は、だんだんとどこかに溜まっていきます。少量の水なら、それほど大規模な事態には発展しないかもしてませんが、溜まった水が限界を超えると、今度は下の階に水漏れを引き起こしてしまうことがあります。

前述したように、水道管の破損を放置すると破損個所が広がり、漏れ出る水量も増えていきますから、放置すると下階に影響を及ぼすリスクはどんどん高まっていきます。

もし下階に水漏れを及ぼすようなことになったら、下階の天井や壁の修繕費用や、濡れて劣化したり故障したりした家具や家電類などの弁償費用まで負担しなければならなくなります。

自室の修繕費用だけでもそれなりに高額の出費ですから、下階の賠償等まで負担することになると、かなりの出費を覚悟しなければならなくなります。

下階に水漏れを引き起こしてしまう場合、「真下の部屋」だけに被害を及ぼすとは限りません。漏れ出た水がたどるルートによって、真下の部屋と、その両隣の部屋にまで水漏れ被害が拡大することもあります。

壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

壁の中から音がした際の正しい対処法

上記したように、壁の中から音がしていることに気が付いたら、早めに対処する必要があります。

ただし、慌てずに適切な行動をとってください。

応急処置と管理会社への連絡

まずは、必要な応急処置を済ませましょう。

下の階に影響するようなことが起こらないうちに、水漏れを食い止めることが重要です。

もし壁に水が染み出していたら、それを拭き取ったり、近くにある家具や家電をできるだけ避難させたりしてください。

破損している水道管が給水側かどうかを確認し、必要に応じて止水栓を閉めましょう。

場合によっては、さらに上階の別の部屋で水漏れが発生している可能性もあります。その場合は、どの部屋で水漏れが発生しているかを突き止め、その部屋の止水栓を止めない限り水漏れが止まらないかもしれません。

住人間で止水栓を止めてほしいなどと頼むのは難しいので、大家さんや管理会社に壁の中で水漏れが起こっているかもしれないことを報告し、間に入ってもらうのが現実的でしょう。

下の階の様子も確認しておく

壁の中で水漏れしているとしたら、下階に水漏れしている可能性もあります。

できれば管理会社の人を伴って、下の階の被害状況を確認するために訪問しましょう。

たしかに下階でも水漏れしていることがわかれば話は早いですが、まだ水漏れに気づいていない可能性もありますので、管理会社の人と一緒に訪問したほうがいいでしょう。

DIYは諦めて修理業者に任せる

修理業者

水漏れを止めるには破損した水道管を修理する必要があります。しかし場所が壁の中となると、自力で修理することは諦めた方が賢明です。

目に見える場所にある水道管を修理するなら、必要に応じて破損した部品を交換するなどといった修理はそんなに難しくありません。

しかし、壁の中の水道管を修理するとには、壁を一部破壊して水道管を露出させ、作業をしなければなりません。破損箇所を正確に特定できないと、余計な場所まで破壊することになってしまいます。

素人技術で行って修理がうまくできなかったりすると、水漏れが解消されないだけでなく、破損が余計に大きくなって逆効果の結果を生む可能性もあります。

早く問題を解決しないと生活が不便になり、下階にも迷惑をかけ続ける可能性もあるので、迅速かつ確実に修理するためにはプロである修理業者に任せるのが一番です。

保険会社への連絡は早めに済ませておく

壁の中の水道管を修理するには、「保険会社への連絡」も忘れないでください。

水漏れが発生し、自室に被害が生じたり、下階にまで被害が出てそれを賠償しなければならなくなったり、さらに業者に支払う修理料金まで含めると、かなり高額の費用が必要いなるかもしれません。

そんなときに役に立つのが、「火災保険」です。

火災保険の「水濡れ」の項目が適用できれば、修理費用を補償してもらえますし、「個人賠償責任保険」に加入していれば、下階の被害も補償してもらえます。

ただし、保険が適用されるかどうかはケースバイケースです。

適用されるかどうかを事前に確認し、適用できるなら必要な手続きを迅速に済ませなければなりません。緊急性の高い応急処置を済ませたら、なるべく早期に加入している保険会社に連絡しておきましょう。

いざというときに保険会社に慌てずに連絡するためには、加入している保険の契約書をすぐ取り出せるように、わかりやすい場所に保管しておきましょう。
契約書には保険会社の連絡先が必ず記載されています。

壁の中から音がしたら
水道管の破損を疑ってください

【まとめ】
素人には難しい壁の中のトラブルはプロに任せよう

壁の中から音が聞こえてきたら、壁の中の水道管になんらかのトラブルが発生している可能性があります。水道管からの水漏れは放置すると被害が大きくなる一方なので、まず原因を正確に究明し、できるかぎり早期の修理を行いましょう。ただし壁の中の水道管の修理は素人には難しいので、業者に依頼するのがおすすめです。

水漏れが発生すると、下階にも被害が及んでしまうこともありますので、早めに修理業者を手配して水道管の破損を直してもらってください。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

階下漏水トラブル

関連コラム

水コネクト

新着コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。