水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

トイレの汚水桝が溢れてしまった場合の
メンテナンス方法や、溢れを防ぐ予防法などを解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

トイレなどで生活排水をスムーズに流すために欠かせないのが、「汚水桝・排水枡」です。
これらの設備は日々使用していくうちに徐々にトラブルを抱え、最終的には溢れたりすることも起きるので、メンテナンスが必要です。

本記事ではトイレの汚水桝が溢れてしまった場合のメンテナンス方法や、溢れを防ぐ予防法などを解説します。

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

コラムの目次

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

溢れてしまった汚水桝を
メンテナンスする前にすること

トイレの汚水桝をメンテナンスする際には、準備を整えてから作業に取り掛かりましょう。

必要な準備は、大きく分けて以下の3つです。

溢れている汚水桝はどれか特定する

まずは、トイレから溢れてしまっている汚水桝を特定します。というのも、ご家庭によっては汚水桝やその他の排水枡が複数あるケースもあるからです。

普段、汚水桝を開ける機会はほとんどないと思います。このため汚水桝の上に何か物を置いてしまっていて、見つけにくい状態になっているかもしれません。

汚水桝は必ずどこかにありますので、屋外をくまなく探して、問題の発生している汚水桝を特定してください。

道具を準備する

次に、トイレの汚水桝のメンテナンスに必要な道具を一通りそろえます。

下記のすべてが必要であるとは限りませんが、できるだけそろえておくと、さまざまな作業に対応できます。

・ビニール手袋
・マイナスドライバー(排水桝のふたを開ける目的で使用)
・ひしゃく(スコップでもOK)
・バケツ
・ざる
・ゴミ袋
・ブラシ(堅めのものがおすすめ)
・台所用洗剤
・ホース
・高圧洗浄機
・汚れても良い服装
・マスク(臭いが酷いケースも多いので念のため)

これらはいずれも、「汚れても問題ないもの」をそろえてください。

トイレの汚水桝はかなり不衛生ですので、汚水桝のメンテナンスで使った後の道具は

他の用途には使わない方が良いでしょう。

メンテナンス後は処分しても構わないような使い古しの物がおすすめです。

水道は使わない

トイレの汚水桝をメンテナンスする前に、できるだけ水道を使わないように家族にも津立てください。

メンテナンス中に汚水が流れてくると、メンテナンスが作業がかなり困難になります。そのため、水道を使用しないようにしてください。

なお、高圧洗浄機を使用する場合は、周辺に水が飛び散りますので、汚水で汚れたら困るような物は、できる限り別の場所に避難させておきましょう。

「メンテナンス後に捨てても良い服」がない場合は、100円均一ショップなどで「雨合羽」を入手すると良いでしょう。
ただし、夏場の作業ではかなり暑くなりますので、熱中症に注意しながらメンテナンスをするようにしてください。

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

汚水桝のメンテナンスの流れ

ひと通りの準備が整ったら、いよいよトイレの汚水桝のメンテナンス作業を開始します。

ケガをする可能性のある作業も含まれますので、細心の注意を払いつつ、以下の手順で汚水桝をメンテナンスしてください。

汚水桝のメンテナンスの流れ

汚水桝の蓋を開く

まずは、メンテナンスするトイレの汚水桝の蓋を開けましょう。

取手がついていないタイプの汚水枡もあり、素手では開けにくい場合は「マイナスドライバー」を使って開けてください。

汚水桝の蓋はそれなりの重量がありますので、慎重に持ち上げてください。

詰まりの原因を取り除く

次に、トイレの汚水桝が溢れている原因となっている異物を取り除きます。

準備した「ひしゃく」を用いて、汚水桝内部の上部に浮いている異物を取り除き、バケツなどに入れましょう。

浮いている異物をひと通り取り除いたら、次は汚水桝の底部に沈んだ異物を取り除きます。

このため、下向きに湾曲したパイプ「エルボ」を一時的に取り外します。取り外さないと、汚水桝の底部に沈んだ異物を取り除く際に邪魔になりますし、排水管内を洗浄する際に下向きからだとホースを挿入しにくいためです。

エルボを取り外したら、汚水桝の底部に溜まっている異物を取り除いてください。

目に見える異物をすべて取り除いたら、ホースまたは高圧洗浄機を排水管に挿入し、水を出して排水管内部を洗浄します。

排水管の中に何かが詰まっている場合は、ホースからの水ぐらいでは異物を取り除けないかもしれません。その場合は高圧洗浄機を使用するのがおすすめです。

最後に、汚水桝の壁面などをブラシでこすってきれいにしてください。

以上の洗浄作業が完了したら、取り外したエルボを元に戻しておきましょう。

汚水桝から取り除いた異物は水気を含んでいるので、そのままではごみとして出すことができません。ざるなどを使用して水気を取り除き、水気がなくなったらごみ袋に入れて可燃ごみとして処分してください。

排水がスムーズに行われることを確認する

上記の要領でトイレの汚水桝をメンテナンスしたら、この汚水桝を通る水道を使って水を流してみて、排水が正常に行われることを確認してください。

排水がスムーズでなく、また溢れが起こってしまいそうな場合は、排水管内部にまだ異物が残っている可能性が高いと言えます。

もう一度、ホースや高圧洗浄機で水を噴射し、辛抱強く異物を取り除きましょう。

それでも異物が残っているような場合は、用意した道具だけでは詰まりの原因を十分に取り除けないということになります。早めに清掃業者を手配し、プロフェッショナルの手で徹底した汚水桝のメンテナンスをしてもらってください。

排水管内を洗浄する際には、水圧と水量に注意を払うようにしてください。
水圧と水量が強すぎると、住宅内の排水口から水が逆流してしまうことがあるからです。
特に、業務用高圧洗浄機を使用する際には、水圧が強すぎてしまうことが多いので、注意してください。

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

汚水桝のメンテナンスを
自分で行うのはアリ?

溢れているトイレの汚水桝をメンテナンスする流れを前項で説明しましたが、このようにすべてを自力で行うことにはいくつかのデメリットがあり、おすすめできません。

汚れるから「ナシ」

トイレの汚水桝のメンテナンスは、確実に「汚れる」ことを我慢しなければなりません。

汚水桝は、トイレなどから排水された汚水が行き着く先です。かなり汚れています。

十分に注意しても、手や服が汚水をかぶって汚れてしまうことになります。

汚れだけでなく、かなりの悪臭も我慢しなければなりません。

不衛生な見た目と悪臭で、気分を悪くすることも十分に考えられます。

また使用した道具は汚れてしまうので、いくら洗っても他の用途には使おうとは思えなくなるので、処分しなければなりません。

上記のようなデメリットがあるので、自力でのメンテナンスは「ナシ」でしょう。

ケガする可能性があるから「ナシ」

トイレの汚水桝のメンテナンスを自力で行うと、ケガをしてしまう可能性もあります。

ご自宅により異なりますが、汚水桝はそれなりの大きさと深さがあります。

メンテナンスは汚水枡を覗き込む形での作業のため、場合によっては汚水枡の中に落ちてしまうこともあります。中には、高圧洗浄機の水しぶきが目に入って転倒してケガをしてしまった人もいます。

こういった作業に慣れていない方が自力で汚水桝をメンテナンスすると、ちょっとした作業ミスでケガをしてしまうリスクがあるので、自力でのメンテナンスは「ナシ」だと思います。

道具の購入費用がかかるから「ナシ」

トイレの汚水桝のメンテナンスは、道具を揃える費用がかかります。

汚水桝のメンテナンスに使用する道具は、汚水や異物で汚れてしまうので後で処分することになります。そういう意味では使い古しで構いませんが、もし家にない場合は、わざわざ買いに行かなければなりません。

ビニール手袋やドライバーは数百円でも買えますが、高圧洗浄機は、排水管洗浄用のパーツも含めて1~2万円ほどの出費になります。

道具を買いに行く手間や出費を考えると、自力でのメンテンスは「ナシ」ではないでしょうか。

トイレの汚水桝の異物とは、要するに「汚物」です。服に着いてしまうと洗ってもなかなか落ちません。
雨合羽を用意すればそのまま処分してしまうことができるので、自力でメンテナンスする場合は準備しておくことを強くおすすめします。

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

汚水桝のメンテナンスは
業者に依頼するべき

上記のように、溢れているトイレの汚水桝を自力でメンテナンスすることはおすすめできません。汚水桝のメンテナンスを請け負っている業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼するメリット

業者にトイレの汚水桝のメンテナンスを依頼すれば、住人が汚水桝の異物で汚れるようなことはありませんし、ケガするリスクもなく、道具をそろえる手間や費用もかかりません。

業者に依頼すると、別な水回りトラブルが発生したときに気軽に依頼できます。緊急性の高い水回りのトラブルが発生した際、この業者に連絡すれば、慌てて悪質な業者にひっかかってしまうリスクを避けられるでしょう。

汚水桝のメンテナンスにかかる業者料金

トイレの汚水桝のメンテナンスを業者に依頼すると、もちろん料金がかかります。

料金の相場は、汚水桝の状況、つまりどんな作業や機材が必要になるかということにもよりますが、最低でも2万円ほどになることが多いです。

詰まりなどのトラブルも同時に発生している場合は、高圧洗浄が必要なためにプラス数万円の料金がかかることもあります。

自力でメンテする場合と業者に依頼するのではどちらがメリットが大きい?

数万円の料金がかかると聞くと、やはり自力でメンテナンスしたほうが安上がりだと思ってしまう人がいるかもしれませんね。

自力でメンテナンスできれば、高圧洗浄機を買ったとしても2万円ほどで済みます。

汚水枡のメンテナンスがちゃんとできるのなら、たしかに低予算でできたほうが良いのは当たり前です。しかし、素人でも本当にきちんと汚水枡のメンテナンスはできるのでしょうか?

素人はトラブルを見抜けない

自力でメンテナンスを行い、汚水桝が溢れる原因を取り除くことができても、素人では、それとは別のトラブルが汚水桝や排水管に発生していることを見逃してしまうかもしれません。目前の問題を解消することはできても、その後に別なトラブルが表面化してしまうことを見逃してしまうリスクがあるのです。

プロでは隠れたトラブルも見逃さない

汚水桝のメンテナンスのプロフェッショナルなら、汚水桝の状態をチェックして、隠れているトラブルもちゃんと発見して対処することができます。

何度も言いますが、汚水桝はとても不衛生なので、排水の調子が悪いからといって日常的に開け閉めしてチェックしたいと思う人はいないでしょう。

業者に依頼すれば、一度の作業であらゆるトラブルを解消できます(もちろん機材などの都合で出直すことはあります)。最低限の手間で、汚水桝を良い状態に戻してくれるはずです。

業者へ支払う料金はかかりますが、「汚水桝のトラブルをしっかりと解消してくれるための費用」と考えれば、コストパフォーマンスは十分だと思います。

実際に作業現場を見てみないと、業者の側でも具体的な料金を提示できないことがあります。
現場を見た上で「見積もり」を出してくれますので、その内容に不明な点があれば担当者に質問して不安を解消してください。

トイレの汚水桝が溢れた際の
メンテナンス方法

【まとめ】汚水桝は定期的なメンテが必要、業者に任せてラクに汚水桝を正常な状態にしよう

普通にトイレを使用していても、汚水桝が溢れるリスクはゼロではありません。
定期的にメンテナンスを行うことが必要です。

もし、汚水桝が溢れてしまったら、無理に自力で行おうとせず、早めに業者を手配してメンテナンスをしてもらうことをおすすめします。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

排水管トラブル

関連コラム

水コネクト

新着コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。