水コネクト
水コネクト

水道工事会社|水コネクト
汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

汚水桝に高圧洗浄が必要な理由と、
具体的な高圧洗浄の作業手順を解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

各住宅には「汚水桝」というものが設置されています。
これは下水にトイレの汚水やキッチン、浴室の排水をスムーズに流すため、余計な異物を底にためる役割を果たしています。
この汚水桝は、定期的または必要性に応じて「高圧洗浄」が必要です。

本記事では汚水桝に高圧洗浄が必要な理由と、具体的な高圧洗浄の作業手順を解説します。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

コラムの目次

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

汚水桝には異物が溜まっている

汚水桝にはさまざまな「異物」が溜まっており、これを定期的に取り除かないと溢れてしまいます。

生活排水に含まれるさまざまな異物

そもそも生活排水にはさまざまな異物が含まれており、排水管を通って汚水桝へと流れつきます。

たとえばキッチン排水には食べ物のカスや油分、洗剤などが含まれていますし、浴室の排水には髪の毛や石鹸のカスなどが含まれています。

こうした異物が含まれたまま汚水が下水へと流れてしまうと、下水設備が機能不全を起こしてしまう可能性があるため、汚水枡がそれを防いでいるのです。

排水に含まれている異物は、汚水桝に留まることによって、下水へと流れて行ってしまわないようになっています。

汚水桝は、油分のような水よりも軽い異物を浮かせ、食材カスなど水より重い異物を底に沈めて、汚水だけを下水へと流す構造になっています。

汚水桝に溜まった異物は取り除かなければならない

そこで、汚水枡を外から開け、異物をまとめて取り出せるようにする必要が生まれます。

大元の生活排水に異物が含まれないようにできれば、汚水枡にも異物が溜まることはありませんが、それはきわめて難しいため、下水設備を守るために汚水桝が重要なのです。

汚水桝は、基本的にどの住宅にも設置されています。
ご家庭によってはその上に何か物を置いてしまい、どこにあるのかわからなくなっていることもあるかもしれません。
いざメンテナンスしなければならない際にはそれをどかさなければいけませんので、日ごろから汚水枡が露出している状態を保つことをおすすめします。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

汚水枡の高圧洗浄は自力でもできる?

清掃業者が汚水桝を洗浄する際には「高圧洗浄」を行います。

最近では家庭用の高圧洗浄機が入手できますので、それを使って自力で高圧洗浄することはできるでしょうか?

安い高圧洗浄機なら1~2万円

高圧洗浄機

最近では、廉価ない高圧洗浄機もさまざまなメーカーから販売されています。家庭用ですので、業務用高圧洗浄機よりも最高水圧は低めですが、日常生活におけるさまざまな汚れを落とすのには十分ですから、大変便利です。

高圧洗浄機本体だけなら1万円を下回る機種もありますし、さまざまな場面で使用するためのオプションパーツを含めても2万円あれば一式そろえられます。

汚水桝は自力で開閉できる

汚水枡

ご家庭の汚水桝は、素人でも簡単に開閉できます。

多くの場合、汚水桝のふたは左右に少し空間がある構造をしており、その溝にマイナスドライバーのような「棒状で頑丈なもの」を差し込めば、簡単にふたを開けられます。

道具さえ揃えれば自力で高圧洗浄できなくもない

汚水桝を高圧洗浄するには、高圧洗浄機以外にも次のようなものを揃える必要があります。

・ビニール手袋
・マイナスドライバー(排水桝のふたを開ける目的で使用)
・ひしゃく(なければスコップでもOK)
・バケツ
・ざる
・ゴミ袋
・ブラシ(堅めのものがおすすめ)
・台所用洗剤
・ホース
・高圧洗浄機
・汚れても良い服装
・マスク(悪臭が酷いケースも多いので念のため)
・ゴーグル(高圧洗浄の水が飛び散って目に入らないようにするため)

汚水桝を掃除すると、用意した道具はかなり汚れてしまいます。なるべく使い古した、掃除の後に処分しても構わないような道具を揃えましょう。新しく買う場合は、ホームセンターや100均などで比較的安値で購入できます。

服も汚れてしまう可能性があるため、汚れても良い格好をするか、100均などで雨合羽を購入して掃除中はそれを着るのがおすすめです。ただし夏場は大変暑くなりますので、熱中症には注意してください。

汚水桝のメンテナンスは定期的に行う必要がありますので、汚水桝清掃用に一式揃えておき、汚水桝の清掃専用にストックしておいても良いかもしれません。

汚水桝や止水栓などの上に物を置いているご家庭が多いのですが、いざというときに見つけられなくなってしまいますので、どかしておいたほうが良いです。
常に露出している状態ならすぐに見つけられます。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

自力で汚水桝を高圧洗浄する手順

汚水桝をメンテナンスするための道具を揃えたら、いよいよ汚水桝を高圧洗浄してみましょう。

汚水枡の高圧洗浄の流れ

汚水枡の高圧洗浄の流れ

まずは、メンテナンスする汚水桝の蓋を開けましょう。

取手がついていないタイプも多いので、素手では開けにくい場合は、準備した「マイナスドライバー」を使ってください。

汚水桝の蓋はそこそこの重量があります。ケガをしないように注意しながら、慎重に持ち上げて蓋を開けましょう。

次に、汚水桝から溢れている異物を取り除きます。

準備している「ひしゃく」を用いて汚水桝の上部に浮いている異物を取り除きましょう。汚水桝から取り除いた異物は大量に水気を含んでます。このままでは可燃ごみとして出すことができませんので、ざるなどを使用して水気を切り、ごみ袋に入れてください。

汚水桝に浮いている異物を取り除いたら、次は「エルボ」を取り外し、汚水桝の底部に溜まっている異物を取り除いてください。

こうして汚水桝内部の異物をすべて取り除いたら、汚水桝の壁面や露出しているパイプ、エルボを高圧洗浄機できれいしましょう。

この工程は、かなり水が飛び散りますので、周辺の物はできるだけ避難させて汚れた水がかからないようにしてください。

洗浄作業が一通り完了したら、エルボを元に戻し、汚水桝のメンテナンスは完了です。

この汚水桝を通る水道設備で水を流して、排水がスムーズに行われることを確認してください。

もし排水がスムーズに流れないようなら、排水管内部に異物が残っているということになります。

再び高圧洗浄機で排水管内部に水を噴射し、詰まりの原因となっている異物を取り除いてください。

何回かやって異物が取り除けないようなときは、用意した道具だけでは詰まりの原因を十分に取り除くことは難しいと思います。その場合は、早めに清掃業者を手配し、プロフェッショナルの手で汚水桝をメンテナンスしてもらってください。

自力で高圧洗浄するデメリット

デメリット

上記のような手順で、自力で汚水桝を高圧洗浄すれば、業者に支払う料金が扶養で、いつでも好きなタイミングで実施できるといったメリットがあります。

しかし、自力で高圧洗浄を行うことには次のようなデメリットもあります。

道具の準備に手間がかかる

汚水桝の高圧洗浄を自力で行うには、上記したように、溜まっている異物を取り除くためのひしゃくや、体が汚れるのを防ぐための雨合羽など、さまざまな道具を揃えなければならず、準備に手間がかかります。

また必ず高圧洗浄機が必要ですから、もしお持ちでない場合は新規に購入する必要があります。

ひと通りの道具を揃えるにはなかなか手間がかかりますし、買い忘れたりしたものがあったら二度手間になります。

道具の準備に手間がかかる

汚水桝のメンテナンスを自力で行うと、どうしても「汚れる」ことになります。

汚水桝はトイレやキッチンなどから排水された汚水が行き着く先です。皆さんが想像する以上に汚れています。

前回のメンテナンスから時間が経過していれば、かなり異物が溜まっていることでしょう。

十分に注意しても、手や服に汚水がかかって汚れてしまうことは覚悟しなければなりません。

また、汚れるだけでなく、かなりのレベルの悪臭もします。

汚水桝は基本的に不衛生であるため、ショッキングな見た目と悪臭に気分を悪くする方がほとんどです。

汚水桝の掃除に使った道具は、掃除後に洗ったとしても他の用途には使いたくなくなるでしょう。

ケガをする可能性がある

汚水桝のメンテナンスを自力で行うと「ケガをする」可能性もあります。

汚水桝は、それなりの大きさと深さがあります。

掃除の作業はそこを覗き込むようにして行いますので、場合によっては中に落ちてしまうこともあります。中には、高圧洗浄機の水しぶきが目に当たって転倒してケガをした人もいます。

この手の作業に慣れていない方が汚水桝のメンテナンスを自力で行うと、うっかりミスによってケガをしてしまう可能性が非常に高いのです。

以上のようなデメリットを考えると、汚水桝の高圧洗浄は「業者に依頼する」のが一番です。

高圧洗浄機で排水管内を洗浄するためには、配管洗浄用のパーツを購入する必要があります。
高圧洗浄機本体に付属しているケースもありますが、付属していない場合は別途購入してください。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

業者に汚水桝を高圧洗浄
してもらうという選択肢

汚水桝の高圧洗浄は、プロである業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼すれば、上述したデメリットがない上に、さまざまなメリットがあります。

業者に依頼するメリット

メリット

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼するメリットは次のようなものです。

高圧洗浄機を購入しなくて済む

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼すれば、自分で高圧洗浄機を購入しなくて済みます。

すでに高圧洗浄機と配管洗浄用パーツをお持ちの方は別ですが、まだ高圧洗浄機を持っていない方は、わざわざ高圧洗浄機を購入するには数万円の出費がかかります。高圧洗浄機自体は他の用途でも活躍させられますが、清掃等にまめでない方だと持て余してしまうかもしれません。購入した高圧洗浄機の置き場も確保しなければなりませんし、汚水桝の高圧洗浄のためだけに、あまり使わない機材に数万円を払うのはちょっと考えものです。

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼すれば、自分では高圧洗浄機を購入しなくて済みます。

また、業者が使用する高圧洗浄機は市販のものとは比べ物にならないほど高威力です。そういった意味でも威力の低い(トラブルが改善できない可能性のある)高圧洗浄機をご自身で購入することはコスト的にも見合っていません。

ご自身で市販の高圧洗浄機を買って失敗するよりも、業者に依頼して高威力の高圧洗浄機で確実にトラブルを改善した方が結果的にお得です。

手間がかからない

汚水桝のメンテナンスおよび高圧洗浄には、かなりの時間と手間がかかります。

異物をすくいとってゴミ袋に入れ、高圧洗浄して、必要に応じて排水管内部も洗浄するのですから、数時間ほどかかります。

その間、見た目最悪の異物や、それが発する最悪の悪臭と戦い続けなければならないので、終わる頃にはぐったりしているはずです。

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼することにすれば、やらなければいけないのは業者への連絡と見積もりの比較などだけです。

時間のかかるメンテナンス作業は業者に一任できるので、ラクに汚水桝をメンテナンスできるのです。

他のトラブルも発見して直してくれる

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼すれば、汚水桝や排水管に発生しているトラブルを未然に発見し、あわせて修繕してもらうこともできます。

汚水桝やそこを通る排水管には、日常的に生活排水を流し続けていることによりさまざまなトラブルが発生していることがあります。

トラブルを放置していると、排水管が詰まったり汚水桝が溢れたりして、厄介な問題に発展してしまいます。

業者に汚水桝の高圧洗浄を依頼すれば、洗浄中や洗浄後に汚水桝の状態を確認してもらい、何かトラブルを発見したらそれも一緒に直してもらえます。安心して水道設備と汚水桝を使い続けられるのは業者に依頼する大きなメリットです。

気軽に依頼できる業者を見つけられる

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼して、その業者が優良業者だったら、今後水回りのトラブルが起こったときに気軽に相談できるようになります。

汚水桝の高圧洗浄を手がけている業者には、優れた業者ばかりでなく、技術の伴わない業者や悪質業者も数多くあります。

業者の良し悪しは、実際に仕事を依頼してみないとなかなかわかりません。

相見積もりなどを取得すれば業者の良し悪しを比較できるのですが、水回りのトラブルというものは「水が止まらない」など緊急性の高い状況であることが多いので、悠長に相見積もりをとったりできないケースも多いのです。

汚水桝の高圧洗浄を依頼した業者が優良業者だったら、今後、いざというときにはその業者に相談できるようになります。緊急性の高い水回りのトラブルが起こったときにはすぐいその業者に相談できます。

業者に依頼する際の料金は?

料金

汚水桝の高圧洗浄を業者に依頼するとかかる料金は、一概には言えませんが、相場としては数万円といったところでしょう。

こうした作業は、実際に現場を見て必要な作業を決めていきますので、電話しただけなどでは具体的な料金はわからないことがほとんどです。

料金がわかるのは「見積もり」をもらったときです。

同じ案件でも業者によって見積金額は大きく異なりますので、今すぐにでも汚水桝の高圧洗浄を行わなければならないような緊急性を要する場合でなければ、複数の業者から「相見積もり」をとりましょう。業者に支払う料金を少しでも抑えたい場合は安い見積もり金額を提示した業者に依頼すると良いでしょう。

相見積もりを比較すれば悪質業者を見きわめられる

相見積もりは、比較して安い業者を見つけられるメリットがありますが、じつは悪質業者を見きわめるためにも有効です。

悪質業者というものは、注文してもらうためにかなり相場より安い金額を提示してきます。

その金額だけでちゃんと仕事をしてくれれば、悪質でも何でもありませんが、実際には作業後に高額な追加料金を請求してくるという作戦なのです。最終的に相場よりも大きな金額を払わなければならなくなってしまいます。

また、相見積もりをとっていない場合は、逆に相場よりもはるかに高額な金額を見積もってくる悪質業者もいます。

複数の業者に相見積もりを依頼すれば、ある程度その案件における「相場」がわかります。

相見積もりのうち、明らかに他社より安すぎたり高すぎたりする金額を提示してきた業者は、悪質業者である可能性が高いと言えるでしょう。

このように、相見積もりを実施すれば費用の相場がわかり、それとかけ離れた金額を提示する悪質業者を見きわめられるのです。

相見積もりは3社程度がおすすめ

相見積もりとは複数の業者から見積もりをとることですが、複数といっても、実際には3社程度が適当です。

あまり相見積もりを取る業者を増やしすぎると、各社が現場を見て見積もりを出してきますので、すべての見積もりが揃うまでに時間がかかりすぎてしまうからです。

汚水桝の定期メンテナンスならそれほど緊急ではありませんが、すでに溢れてきているなど、緊急性がある案件の場合には、作業開始が遅れてしまうことは大きなデメリットになってしまいます。

そのため、相見積もりのメリットを確保しつつ、かかる時間を最小限に抑えるために、相見積もりは3社程度に依頼するのが良いバランスです。

汚水桝の状態によっては、木の根が張っているなどといった厄介なケースもあり、素人にはなかなか手出しができません。
汚水桝に関するさまざまなトラブルをしっかりと解消してもらうためにも、業者に依頼したほうが大きなメリットを得られます。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

高圧洗浄は自力?それとも業者依頼?

さて、汚水枡の高圧洗浄は自力で安くすませたほうがいいのか、数万円の料金をかけて業者に依頼したほうがいいのか。

そろそろ結論を出しましょう。

きちんと高圧洗浄できなければ意味がない

仮に、すでに高圧洗浄機を所有していたとしても、業者と同じクオリティで高圧洗浄できるとは限りません。

高圧洗浄機にもテクニックというものが必要で、ただ水を噴射するだけで汚水桝を完璧にきれいな状態にはできません。

せっかく手間をかけて、汚れと悪臭と戦いながら作業しても、きちんと汚水桝を高圧洗浄できなければ意味がありません。

手間を考えれば自力はデメリットが多い

汚水桝の高圧洗浄は、自動車や家の外壁を高圧洗浄するのと比べて、作業の工程が複雑です。

きちんと高圧洗浄するためにはいろいろな道具を揃えなければなりませんし、作業工程自体もそれなりのボリュームがあります。

すでに述べたように「汚れる」「ケガする可能性がある」といったデメリットに、「手間がかかる」というデメリットも加えると、自力での高圧洗浄にはデメリットが多すぎるのではないでしょうか。

信頼できる業者に任せるべき

信頼できる優良業者に汚水桝の高圧洗浄を依頼できれば、メリットのほうが大きいでしょう。

きちんと業者を選定して、優れた技術を有している業者に依頼すれば、多くのメリットを享受できます。

ただし、技術の伴っていない業者や、悪質業者に仕事を依頼してしまうと、お粗末な結果に終わってしまう可能性もあります。

そのような業者にひっかからないようにするには、業者のホームページや口コミサイトなどの情報を参考にしつつ、相見積もりを依頼して、最も信頼できる業者に汚水桝の高圧洗浄を依頼してください。

業者のホームページに掲載されている口コミ・評価は、あまりあてにならないことが多いです。
基本的に悪い評価を自社ホームページに掲載する業者はありません。
口コミ・評価を参考にするなら、口コミサイトの方が信ぴょう性が高いでしょう。
ただしヤラセのコメントなどもありますので、あまり鵜呑みにしないように注意してください。

汚水桝の高圧洗浄が
必要な理由と作業の手順

【まとめ】汚水桝の高圧洗浄は
信頼できる業者に任せよう

汚水桝の高圧洗浄は、高圧洗浄機などの道具をそろえれば自力でも行うことができます。
しかしさまざまなデメリットもありますので、それを避けるためには、信頼できる業者を見つけて、汚水桝のメンテナンスを依頼したほうが良いでしょう。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

排水管トラブル

関連コラム

水コネクト

新着コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。