水コネクト

東京都知事許可
4第156196号

水コネクト

水道工事会社|水コネクト
漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

家の中で漏水が疑われるときに漏水原因が突き止める方法や、
老朽マンションにおける漏水について解説します。

スマホイラストお電話
無料相談
メールイラストメール
無料相談
マップピンイラスト対応
エリア
一位受賞イラスト選ばれる
理由
見積・緊急・出張・点検が無料で24時間365日対応可能、TEL0120-38-4400 メール24時間受付中、WEB無料相談

漏水は身近に発生する可能性の高いトラブルであり、放置すると大きな被害に発展してしまいかねないので、早急に対処が必要ですが、漏水原因が判明していないときはどうすればいいでしょうか。

本記事では、家の中で漏水が疑われるときに漏水原因が突き止める方法や、昨今深刻化している老朽マンションにおける漏水について解説します。

漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

コラムの目次

漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

漏水の原因の探し方

チェック

心当たりがないのに水道料金が上がっていたら、どこかで漏水水漏れしている可能性があります。
水道代が増えるだけでなく、シミやカビ、腐食など住まいの損傷にもつながるので、漏水原因を突き止めましょう。

水道メーターをチェックしよう

水道メーター

「水漏れしているかもしれない」と思ったら、まず家中の蛇口を閉めてから、水道メーターを見てみてください。

水道メーターは、一戸建てやアパートなどでは、玄関近くか、または駐車場など屋外の地中に埋設されています。青や黒の鋳鉄製かプラスチック製の蓋が目印で、止水栓(家全体の水道の元栓)と並んで設置されています。マンションなどでは玄関横の扉を開けると、電気・ガスのメーターや配管と一緒に設置されています。

メーターはアナログ式とデジタル式のものがありますが、アナログ式の場合は、水道を使用していると左下にある円盤状のパイロットが回転しています。デジタル式の場合は液晶画面内右下のパイロットマークが点滅します。

家の蛇口をすべて閉めてもパイロットが動いていたら、そのメーターから家の蛇口の間のどこかで漏水している可能性があることがわかります。

止水栓を閉める

漏水しているらしいことがわかったら、漏水原因を特定しましょう。

キッチンや浴室、洗面台、洗濯機などの家の水まわり施設には、それぞれ止水栓が設置されているので、それを順番に閉めていきます。

まずはいったんすべての止水栓を閉めてもう一度水道メーターを確認し、パイロットが止まったら、どこかの止水栓の先で漏水している可能性が高いことになりますので、止水栓を順番に開け、どの水まわり施設で漏水しているかを突き止めましょう。

また、止水栓は、次項以降で説明するチェックで原因が判明したら、再び閉め、それ以上の漏水被害が出ないようにしましょう。

漏水原因がトイレにないか調べよう

トイレでは、タンク内のゴムフロートや浮き球など部品の故障によって、水を流していないのに水が流れ続けることがあります。便器裏などの床が濡れていたら、給水管・止水栓、シャワー式便座から少しずつ水が漏れているのかもしれません。

漏水原因が浴室にないか調べよう

浴室の床は濡れていることが多いので、どこかで漏水していても気づきにくい場所です。蛇口やシャワーヘッドからポタポタと漏水していたり、蛇口とホースや壁との接続部分からじわじわと漏水していたりすることがあります。

手元に水を止めるボタンが付いたシャワーヘッドを使用している場合、シャワーがつながっている蛇口を閉めていないことが起こりがちですので、注意が必要です。

壁や床、浴室の外まで漏水した水が流れていたら、浴室の床が破損しているかもしれません。この場合、放置すると、マンションなどでは階下まで被害が及ぶ可能性がありますので、早急に業者に修理を依頼しましょう。

漏水原因がキッチン・洗面台にないか調べよう

キッチンや洗面台も、シンクや洗面ボウルの中は濡れていることが多いので、漏水に気づきにくい場所です。

蛇口を頻繁にひねる場所ですから、中のパッキンが経年劣化して漏水が起こりやすくなります。

シンクや洗面ボウルの下ものぞき込んで、ブレードホース(給水・給湯ホース)から漏水していないかをチェックしてください。水道水に含まれている塩素によって劣化したり、物をたくさん詰め込んだためにホースが曲がったりして傷つき、漏水するケースがあります。破損しておらず、ただ接続が甘くなっていることもありますので、よく見てください。

漏水原因が屋外の蛇口にないか調べよう

一戸建ての場合は屋外の蛇口も要チェックです。普段はあまり使わない蛇口などは、やはり漏水に気づきにくいです。その蛇口のまわりの土がいつも濡れていたりしたら、漏水を疑いましょう。ガーデニング用のホースをつないでいる場合は、蛇口をちゃんと閉めているかチェックしましょう。

漏水原因が給湯器にないか調べよう

屋外に設置されている給湯器も経年劣化や凍結により漏水することがあります。厳しく冷え込むような季節にはチェックしてください。

漏水は壁の中や床下に設置された給水管で起こることもあります。
そのような場合、壁の中や床から「シュー」という音が聞こえてくることがありますので、そのような異音がしていたら、専門業者に依頼して調べてもらったほうがいいでしょう。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

マンションの漏水原因について

マンション

次にマンションでの漏水について解説していきましょう。

築40年を超えるようなマンションを「高経年マンション」といいます。

今、このようなマンションで、外壁が剥落したり、鉄筋が露出・腐食したりといった生命・身体・財産に影響するようなハード面の問題が次々と起こっています。

漏水原因は水まわり設備の経年劣化

中でも給排水管の老朽化は大きな問題です。

マンションでは大規模修繕工事が周期的に行われていますが、その周期を12年程度とすると、築40年以上のマンションの約4割、築30年以上のマンションの約2割で適切な大規模修繕が実施できていない可能性があるとされます

参考:国土交通省「マンション政策の現状と課題」

このような「高経年マンション」の40%で、漏水や雨漏りが発生しています。

マンション政策の現状と課題

言うまでもなく、マンションはコンクリートでできていますが、鉄筋や鉄骨は数十年程度でダメになることはありません。しかし水回りの設備は数十年経つと、共用部や専有部の給水管・排水管が劣化し、漏れた水や排水が住戸内に流入したり、どこからか雨水が住戸に流れ込む被害などが起こります。

給排水管等の設備は日常的な点検では確認しづらいため、住人が気づかないうちに老朽化が進んでしまう箇所であると言えます。給排水管の劣化が進むと、漏水したり、水が出なくなったりするリスクが大きくなります。

また、数十年クラスの高経年マンションになると、天井や壁、床などのコンクリートにもひび割れが生じ、そこを適切に修繕せずにいると、雨水がかかり、ひび割れをつたって室内に漏水してしまいます。

物理的に劣化する箇所 劣化により起こる問題 想定される危険
屋上・バルコニー・廊下等 ひびわれ 室内の漏水
屋上・バルコニー・廊下等 鉄筋露出・サビによる腐食 コンクリートの破壊・剥落の危険性
屋上・バルコニー・廊下等 防水層の浮き、剥がれ 室内への漏水
外壁(塗装面・タイル面) 浮き・剥がれ 剥落の危険
鉄部(鉄骨階段・手すりなど) サビによる腐食 崩落の危険
洗面台・台所・浴室・トイレ 配管の詰まり 排水機能低下
洗面台・台所・浴室・トイレ 給排水管の老朽化・腐食 室内への漏水

屋上やバルコニー、廊下などの雨がかかる箇所には、いざというときの水漏れリスクを軽減するためにコンクリートの上から防水工事がされているのですが、この防水層自体も劣化していきますので、やがて浮きや剥がれが生じ、防水層の下にあるコンクリートのひび割れから雨水が侵入して、室内に漏水してしまうのです。

漏水原因が自然災害であることも

屋上や外壁のひび割れ、防水塗装の劣化などによって雨漏りが起こることもあります。

ご存じの通り、日本は地震国です。地震の大きさによっては屋上や外壁がひび割れて、割れ目に雨が染み込んでますますマンションの劣化が進行し、漏水トラブルにつながることもあります。

昨今では台風も大型化しています。これも強風による外壁や雨どいの破損、大量のゴミや落ち葉が雨どいに詰まって雨漏りが発生するということにつながっています。

マンションで漏水が発生したときに行うべきこと

各戸で漏水事故が起こったら、必ず管理会社や管理人さんに第一報を報告しましょう。場合によっては、その後の修理業者の手配や保険請求、当事者間の示談までを行ってくれることもあります。

管理会社や管理人さんがマンションの管理組合に情報共有していないこともあります。
ある設備工事会社によれば、マンションで起こる漏水事故のほとんどは上の階の「給湯管に劣化による小さな穴があいた」ことから起こるのに、そうしたトラブルは専有部分(居住者の区域)で起こっているため、マンション管理組合には情報共有されていないと言っています。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

マンションでは漏水原因によって
責任の所在が異なる

責任の所在

ひとことで漏水トラブルといっても、漏水原因や漏水している場所などによって責任の所在が異なります。漏水による被害を復旧したり、漏水の原因を取り除く工事を行ったりするには、当然費用がかかります。漏水原因の責任所在が異なるということは、その費用を誰が負担するかということです。

漏水現場の写真や、日付や時間、状況などはしっかり記録し、管理人や管理会社、保険会社が状況を正確に把握できるようにしましょう。

共有部で発生する漏水

共有部の管理責任は多くの場合、マンションの管理組合が行っています。配管が傷んでいたり、配管工事に欠陥があったりするなど、老朽化や不完全な修繕が原因となっている場合は共有部の管理責任ということになります。

地震や強風など自然災害による建物や配管の破損は、管理組合の責任と費用で修繕を行います。管理組合が保険に加入していれば費用をカバーできることもあります。

漏水の原因が老朽化ではなく、施工不良であるような場合は、その施工業者の生産物賠償責任保険、いわゆる工事保険によって補償されることもあります。大規模修繕も同様で、修繕工事によって漏水が発生したような場合は、業者が大規模修繕工事瑕疵保険に入っており、保証期間内であれば、その保険で漏水被害が賠償されることになります。

専有部で発生した漏水

一方、台所やトイレなどが詰まる、誤って大量の水を使用したといった各戸の居住者の過失による漏水もあります。住民による過失、不注意あるいは故意によるものであれば、当然その住民が責任を問われ、費用も負担しなければなりません。

その住民が個人賠償責任保険や日常生活賠償責任保険に加入している場合は、その保険である程度費用をまかなうこともできます。

漏水被害の賠償保険は、単独で契約していなくても、場合によっては、自動車保険や火災保険、傷害保険などに付帯していることがあるので、契約内容を確認してみましょう。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

漏水原因の突き止め方と
マンションでの漏水リスク

【まとめ】漏水原因を突き止めることは重要

水コネクト

漏水はいつ起こるかわからないトラブルです。

もし家の中で漏水が発生していることが疑われる場合は、水まわり施設の止水栓を閉めて水道メーターをチェックし、漏水原因を突き止めましょう。

また老朽化したマンションでは漏水トラブルが発生しやすくなっています。漏水原因などによって責任の所在が異なりますので、漏水トラブルの際には記録をしっかりとっておきましょう。

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡で水回りのトラブルが起きたら、ぜひ「水コネクト」までご相談くださいませ!

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

階下漏水

関連コラム

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
お問い合わせ

徹底調査徹底改善再発防止
まずはお電話ください。

トラブルの発生箇所と症状をお伝えください。
最短20分!すぐに駆けつけます!

緊急でも安心!豊富なお支払い方法

豊富な支払い方法

現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い
銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
FLOW

トラブル発生から解決までの
“作業の流れ”

お問い合わせ

水コネクトにご連絡ください!

まずは、0120-38-4400へお電話ください。
24時間365日対応している水コネクトのオペレータがお客様のトラブル状況をお伺いいたします。
応急処置の方法・作業の目安時間・取り扱い商品・その他水トラブルの相談など、お気軽にご相談ください。

ご訪問・状況確認

最短20分で駆けつけます!

各地域に常駐するスタッフがトラブル現場へ最短20分で駆けつけます。
トラブル状況を確認させていただき、お客様立ち合いのもと、トラブル状況と原因・対策・解決方法をご説明させていただきます。
※最寄りの加盟店がお伺いいたします。

お見積もり

無料お見積もりで安心!

お見積もり金額・施工内容をご確認していただきます。ご不明な箇所がありましたら、遠慮なくご相談ください。必ず、お見積もりにご納得していただいた後に作業を開始させていただきます。
※お見積もり内容にご納得いただけない場合は、一切費用は発生しません。
※作業を伴う調査が必要なお見積もりは別途費用が発生いたします。

ここまでは全て無料対応です。
お気軽にご連絡ください。

トラブルを解決

しっかり施工で再発防止!

トラブルの根本原因を突き止めるために、目視・触診・打診・計測調査を、特殊機器を使用してしっかり調査・確認します。
根本原因に対して適正な施工をすることで、トラブルの再発や被害拡大のリスクを大幅に下げることができます。

お支払い

豊富なお支払い方法で安心!

お客様と修理箇所を確認ながら修理内容を丁寧にご説明させていただきます。
作業結果に問題がなければお支払いとなります。
現金払いの他、各種クレジットカード・コンビニ払い銀行振込・郵便局振込がご利用いただけます。

水漏れ・つまり・交換・修理は水コネクト
AREA

対応エリア

日本地図

【関東】東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・福島
【関西】大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山
【中部】愛知 【中国】岡山 【九州】福岡
全ての地域に対応しています

24時間365日対応・最短20分で駆けつけます。
訪問後のご相談・お見積もりまで無料対応です。
お気軽にご連絡ください。